:::: MENU ::::

フィンランドの森の中でアート制作~Serlachius Museumでのレジデンスレポート

みじんこアート, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

フィンランドの森の中でアート制作~Serlachius Museumでのレジデンスレポート

自然があふれる美しいロケーション!2017年9月現在、Oumaが滞在中のフィンランド、Serlachius Museumの様子をご紹介です!

スポンサードリンク

Serlachius Museumってどこにあるの?

現在、Oumaがレジデンス滞在中のSerlachius Museumはヘルシンキよりさらに北、Mänttä(マンッタ)という町にあります。ヘルシンキ空港からは電車やバスでまずはフィンランド第3の都市と言われるタンペレに。乗り継いでマンッタに来るルートが一般的。乗り換えの待ち時間によりますが、空港からは4~5時間くらいで着きます。

参考リンク  Serlachius Museum

滞在してるのは美術館の敷地内

滞在しているシェアハウス(同時に3人のアーティストが参加)が美術館の敷地内に。スタジオ内部の写真はホームページに出ているので、そちらをぜひご覧ください。

美術館の敷地はびっくりするほど広く、池や湖に囲まれています。橋を渡って行く小島には、布を巻かれた木もたくさん。
トゥルクで見かけたニットのイベントを思い起こさせます。



↑あったかそうに巻かれるニット@マンッタ

↑トゥルクの川沿いで行われていたニットイベント@トゥルク。川沿いの木にさまざまなニット装飾が。


敷地内にはオブジェもいろいろ!

ギャラリー併設のスタジオ

Alexander Castleという名前がついているスタジオは、滞在先のおうちから約2.8キロ離れたところにあります。美術館で車や自転車が借りられるので、私の移動は主に自電車です。

建物内にアトリエスペースが4部屋あり、各アーティストごとに1部屋ずつ、さらにフィンランド在住のアーティストも使用しています。

他に彫刻専用の部屋も。今は彫刻部屋が使われていないので、私が一時的に借りています。
館内にはギャラリースペースやコンピューター、キッチンなども。作業机もたくさん。かつかなり幅広で、2つ並べると幅4メートルくらいありそう。椅子ももちろんどでかいやつ、だけでなくいくつかあり、イーゼルも借りられます。外で作業したい人にとっても便利^^
毎週金曜に「Friday Coffee」という地元の人たちとの交流イベントがあり、そこで自分のアートワークについて説明する機会があります。ほかにも希望すれば地元の高校生向けにレクチャーをすることも。私もアートプロジェクト(SORAプロジェクト)をさせてもらう予定^^ ドイツで120人の村に滞在していた時も思ったのですが、こういう交流があるのはレジデンス参加の楽しいところですね。



私のアトリエの部屋から見える景色はこんな。

参考リンク  SORAプロジェクト

設備充実のアーティスト・イン・レジデンス

前回滞在していたフィンランド、トゥルクと比べてもはるかに小さい町。ホームセンターのような大型のお店はあるのですが、画材はタンペレまで行くか、オンラインで頼むしか手に入りません。
彫刻に使う粘土や備品、木材などはもともとスタジオに置いてあり、キロ単位で購入も可能です。他にプロジェクターや大画面テレビなどの設備のほか、自由に使っていい紙(トレーシングペーパー)もあります。参加期間はアーティストによってさまざま。1か月単位で希望ごとにアレンジされます。

参考リンク  RESIDENCY APPLICATIONS(Serlachius Museum)



広すぎる庭がある家みたい笑。

こちらの美術館はもともと製紙会社がオープンしたもので、私はそこに絡めて和紙とフィンランドの「紙」を使った制作プランを提出しました。展示自体は義務ではないのですが、せっかくギャラリースペースがあるので、インスタレーションを作って発表したいと思っています^^
大型のインスタレーションの発表機会があるのは、何よりうれしい!(*´▽`*)




レジデントアーティストは美術館の入館が無料なだけでなく、美術館のレストラン・カフェの利用が50%オフになるよう。館内の様子などはまた次回くわしくご紹介します、お楽しみに!

合わせて読みたい  現代アートについて考える~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ


みじんこは、フィンランドで伸び伸び暮らしています!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「キノコいっぱいいるよっ」
「キノコ好きだよっ!」

mijinconbi