:::: MENU ::::

【みじんこ企画】みじんこキャラ3D化計画 〜【第3回】モックアップデータをみて胸アツになるみじんこ達〜

  • 3月 14 / 2014
  • 【みじんこ企画】みじんこキャラ3D化計画 〜【第3回】モックアップデータをみて胸アツになるみじんこ達〜 はコメントを受け付けていません。
  • , , ,
スタッフのかつどう, みじんコンテンツ

【みじんこ企画】みじんこキャラ3D化計画 〜【第3回】モックアップデータをみて胸アツになるみじんこ達〜

連載第2回目の打ち合わせに引き続き、みじんこキャラ3D化計画の第3回目になります。今回はお送りした2Dデータから3Dデータのモックアップ(かんたんな試作レベル)のデータ制作をご提案して頂き、そのデータができあがったということで、二回目打ち合わせに行くことにしました。 今回も中野ブロードウェイにある「「あッ‼︎3dプリンター屋だ‼︎」TOKYO MAKER+stonesoup inc.」さんに伺って、モックアップデータを元に打ち合わせをした様子を記事にしたいと思います。 2Dのみじんこキャラはどんな風になったのか?そして3D化されるのか?

詳細は以下に。


送られてきた2枚の画像

前回の打ち合わせの時に、ストーンスープの浦元さんにモックアップデータの制作を確約していただいてから約3週間後、お忙しい中モックアップデータの画像がみじんこの手元に届きました!

 

…おおおお!みじんくんが3D化しとるやないか!

 

なんとなくカタチが分かる程度ってお話だったんですが、普通に3Dになっているんですが?「あれー…浦元さん…聞き間違えたのかな?」って思ってしまったのは内緒です(笑) これを元に打ち合わせをすることになり、3/13(なんと初めての打ち合わせのちょうど一ヶ月後)の昨日、第二回目の打ち合わせが決定しました。

 

いざ、中野ブロードウェイ!

当日お店に伺って、さっそく3Dデータを拝見させて頂きました。おお、おおお!3Dだ!すげー!

 

今回の3Dデータを作るにあたって、いくつかの途中経過のデータを見せていただきました。どれもたしかに3D化されているのですが、最終形態を見ながら浦元さんからの説明を聞くと、どうしてもここが気になるよねって所も確かにありました。

 

IMG 3277 ↑途中経過のデータは、顔は横から見ると平面になってます

 

はじめは簡単な感じで3Dってこんなかんじって見せるつもりだったそうですが…やるうちに気になり始めたところを直すうちに…ああ、完成してしまった、という結果に(笑)

 

想像力がカタチをつくる

データをみてると、後頭部に自然っぽい凹凸があったり、口の上下の処理の仕方が違っていたり、横からの首のカタチのくねくね感など、元のイラストデータにはないところを、浦元さんの想像から作り出されているのがよくわかります。 直接手を触れずに、パソコン上でまるで粘土の造形をしているような表現は、職人でもあり、アートでもあるな、と。さすがプロ!と頷いてしまいました。

 

IMG 3272 人間やリアルなモノであれば、元になるデータやモデルになる物質が存在すれば、それを参考にしながら作って行くことはできますが、今回のみじんこのイラストは未知の生物(笑) 形状的に部分部分を参考することはできても、出来上がりは浦元さんの頭の中での想像から生み出されたモノです。 しかもイラストを描いたOuma自身も想像していなかった部分(笑)を作り出すワケですがら、この作業は雲を掴むような作業だったのではないでしょうか?

 

見た目を取るか整合性を取るか

元々2Dキャラのみじんこは、2Dだからこそ成り立っているイラストでした。それを実際に3D化するとなるとどうしても整合性が取れなくなります。 たとえば頭の大きさですが、イラストのままであればカラダより大きいのでこのままでは立てません。ポーズを変えてバランスを保つようにすることもできますが、描かれたイラストの見たままのイメージを保ちたいという要望なら、立たせる方法は別に取ればいい。 こういったことはお客さんとのコミュニケーションが不可欠ですけど、相手がどう思うかは別にして、自分がいいと思った事を提案する姿勢は、私はとても共感を持ちます(^^)

 

3Dプリントやっちゃいますか?

浦元さんの熱い解説を一通り聞き、みじんこの二人もOKを出しまして、実際にお店の3Dプリンタでプリントすることにしました! 制作されたデータは提案されたときの大きさが約10cmでしたが、存在感がありすぎる(笑)のと、持ち運びの際の利便性を考えて6cmにしての出力に。 そのサイズであれば、プリンタの出力時間は約45分とのこと。出力の様子を記録(動画)に残しておきたいので、後日16日(日)の13時から出力することに決定しました!

 

みじんこ初のイベント開催!

実際にデータをプリントする感動を体験するのに、みじんこ達だけではもったいない!ということで、当日に「「あッ‼︎3dプリンター屋だ‼︎」TOKYO MAKER+stonesoup inc.」さんの店頭で、みじんこキャラをリアル3D出力する様子をイベントにします。
  • 3Dプリンタってどんなことできるの?
  • 自分の描いたキャラをプリントするとどんな感じになるの?
  • みじんこの中の人ってどんな人?
などなど、3Dプリンタに興味を持たれている方、みじんこに興味を持たれている方は、ぜひぜひ3/16(日)13:00から、中野ブロードウェイ地下1階の「「あッ‼︎3dプリンター屋だ‼︎」TOKYO MAKER+stonesoup inc.」さんまで! みじんこが徐々にこの世に姿を現す日、プリントショップの2軒先のデイリーチコさんの8段重ねのソフトクリーム(390円)を片手に、世界初みじんこ3D化の喜びを一緒に分かちあいませんか?ヽ(=´▽`=)ノ イベントの参加費は無料なので、ぜひぜひお越しくださいませ! なお、詳細はfacebookのイベントページにて公開していますので、そちらも合わせてチェックしてみて下さい!

 

2Dみじんこイラストが今話題の3Dプリンタで3D化!プリント経過を見守ろうの会 (※下の画像をクリックするとfacebookのイベントページが開きます)

 

AccessMenuBarApps

 

みじんこの感想

当日の夕方から浦元さんと中野のお店の方で打ち合わせになったので、中野のセントラルパークにあるのCAFE CONGRESSOにて、みじんこMTGを午後の間にがっつりこなしてきました。思えば一ヶ月前、ここでOumaが作った2.5Dみじんこクッキーを見せてもらった場所でもあります(笑) ざっと立ち上げている企画をチェックして、お菓子企画2点、取材企画1点、LINEスタンプ企画、アート制作企画、料理企画をブレスト&煮詰めてきました。みじんこ3D企画も、こんなかんじに外出先でみじんこMTGをした企画のひとつでした。ふとした思いつきから、実際に実現していく経験はホント楽しいですっ(≧∇≦) これからもMake Communication! Make Surprise!をモットーに、楽しい企画をどんどんやっていきますので、こうご期待っ!

みじんこキャラ3D化計画一覧

関連リンク

このプロジェクトでご協力頂いている「「あッ‼︎3dプリンター屋だ‼︎」TOKYO MAKER+stonesoup inc.」は、中野ブロードウェイの地下にお店を構えている3Dプリンタが体験できるアンテナショップです。 実際に3Dプリンタが稼働しているところや、実際に3Dプリンタで制作された商品も触ったり購入できますので、中野にお越しの際はチェックしてみてはいかがでしょうか? 外観

(参照元::TOKYO Makerfacebookページ

AccessMenuBarApps-2.jpg

関連リンクTOKYO Maker

中野ブロードウェイ公式サイト
中野ブロードウェイの公式サイト内で公開されているお店の情報です

 

アクセス