:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 6月 18 / 2018
  • 東京ミッドタウンアワード/Tokyo Midtown Awardから学ぶアート作品プレゼン術 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

東京ミッドタウンアワード/Tokyo Midtown Awardから学ぶアート作品プレゼン術

数年前、Tokyo Midtown Awardに応募して落ちたことがあります(落ちてんのかよ!)。しかし、その時のファイナリストの作品プレゼン会を傍聴する機会がありました。コンテンポラリーアートをやっていると、作品の意図について求められる機会は非常に多いです(海外・国内問わず)。ギャラリストやキュレーターだけでなく、買う側であるコレクターからも。さまざまな質問をしてくる人は、ふだんから多くのアーティストに質問し慣れている。つまり、他のアーティストと「比較」ができるのです。
自分の作品、そしてプレゼンが他の誰と比較されても戦えるか。今回は、ファイナリストの作品プレゼンや審査員から投げかけられる質問を聞いて、重要だと思ったポイントについてまとめました。

続きをよむ
  • 6月 16 / 2018
  • 海外で一眼レフカメラ(PENTAX)が故障した場合にやっておきたいこと~デンマーク・コペンハーゲン編 はコメントを受け付けていません。
みじん講義

海外で一眼レフカメラ(PENTAX)が故障した場合にやっておきたいこと~デンマーク・コペンハーゲン編

5年ほど愛用していたPentax K-30がデンマーク最北端の町、スケーエンで突然の故障。5月から10月までの約5ヶ月間の旅が始まったばかりでのカメラ故障はイタイ。しかし、果たして海外で一眼レフカメラの修理は可能なのか。困った時の対応策などをまとめました。
ちなみに結論からいうと、Pentax K-30の場合はスウェーデンに行かないと修理はできないとのことでした(2018年6月現在、コペンハーゲン中央駅からスウェーデンまでは電車で30分くらいです。修理先までは未調査)

続きをよむ
  • 6月 15 / 2018
  • 世界一幸せに暮らせる自由の町「クリスチャニア」で売人さんとトーク、Blue Cheeseと謳われる草のヒミツ はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験

世界一幸せに暮らせる自由の町「クリスチャニア」で売人さんとトーク、Blue Cheeseと謳われる草のヒミツ

デンマーク国内にある独立区域「クリスチャニア」。現地在住の人と「デンマークは世界一幸せな国だと聞いたよ」と話したら、「それはクリスチャニアじゃないか」という答えも返ってきたほど。町の壁は落書きだらけ。メインストリートでは「草」の販売も。はたしてクリスチャニアとは・・・!?

続きをよむ
  • 6月 15 / 2018
  • 新人アーティストにチャンス到来!?上海のギャラリストに聞く中国アート事情 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, みじん講義

新人アーティストにチャンス到来!?上海のギャラリストに聞く中国アート事情

2017年11月~2018年5月まで上海のSwatch Art Peace Hotelでアーティスト・イン・レジデンスに参加していたOuma。本来は制作アトリエのみの提供で、展示機会などはなかったはずでした。しかし、ありがたいことに2018年1月にはSwatchの35周年イベントで招待者限定ですが作品発表する機会があり、それが次のチャンスに繋がりました。またご紹介いただいた上海のギャラリーさんで展覧会をする機会があり、多くの人に作品を見ていただくことができました。
非常に多くの貴重な出会いをいただいた上海。この町で出会ったギャラリーオーナーさんたちから話を伺い、ここ数年の中国のアート事情をまとめました。

続きをよむ
  • 6月 10 / 2018
  • デンマークでいただく「最高の寿司」レストランSUSHI SAIKOでオーガニックサーモンと最高のおもてなしを はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, 世界のおもキカ!

デンマークでいただく「最高の寿司」レストランSUSHI SAIKOでオーガニックサーモンと最高のおもてなしを

ヨーロッパでお寿司というとだいたいサーモン、海老、マグロ。なかなか他のネタをいただくことができません。まためいっぱい握られてシャリも固かったり。コペンハーゲンの中心部にあるレストラン、その名も「SUSHI SAIKO/寿司最高」ではバリエーションに富んだお寿司を存分に味わえます。気になる海外寿司メニューも合わせてご紹介!

続きをよむ
  • 6月 09 / 2018
  • アーティストの暮らした町スケーエン、デンマーク最北端で2つの違う色の海を見よう! はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, 世界のおもキカ!

アーティストの暮らした町スケーエン、デンマーク最北端で2つの違う色の海を見よう!

自然の美しさから多くのアーティストを魅了したというスケーエン。アーティスト村があったというスケーエンには当時の作品が見られる美術館も。北海とバルト海という2つの海がぶつかり、重なり合うような複雑な波が見られるのも魅力。今日はコペンハーゲンからスケーエンの行き方から現地での見どころまでをくわしくお伝えです!
※情報は2018年6月現在のものなので、詳しくは現地にお問い合わせください。

続きをよむ
  • 6月 05 / 2018
  • デンマーク・コペンハーゲン中心部にあるアーティスト・イン・レジデンスDAW徹底攻略!~プロフェッショナルな工房が使い放題 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこの活動, みじんこ体験

デンマーク・コペンハーゲン中心部にあるアーティスト・イン・レジデンスDAW徹底攻略!~プロフェッショナルな工房が使い放題

デンマーク、コペンハーゲンよりOumaです。7つめとなるアーティスト・イン・レジデンス、Danish Art Workshops。これまでのレジデンスの中では最も機材のそろったレジデンスになります。実は最初の応募では落選。2度目の応募でめでたく合格となりました。
今回のレポートでは各工房の様子と合格のコツをお届けです!
※レジデンスの情報は随時変更されるので、詳しい情報は公式サイトからご確認ください。

続きをよむ
  • 4月 29 / 2018
  • 無音の暗闇の中で浮遊する瞑想~感覚遮断のアイソレーションタンクを上海で体験! はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験

無音の暗闇の中で浮遊する瞑想~感覚遮断のアイソレーションタンクを上海で体験!

自分の身体の存在をまったく感じなくなったことはありますか?意識があるのに麻酔が効いてる、みたいな状態ですが、それを実現してくれるのがアイソレーションタンク。真っ暗なタンクの中で体温とほぼ同じ温度の塩水に浸かり、本来感じるはずの身体の感覚をすべてシャットアウトするというものです。
脳は通常、1秒間に1億個の刺激を受け取っていると言います。頼りにできる感覚がなにもなくなった時、果たして脳は何を見出すのか。上海で体験してきました!

続きをよむ
  • 12月 08 / 2017
  • Ouma新作インスタレーション作品「The World Ⅳ」~アーティスト・イン・レジデンスの作品の企画から発表まで はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験

Ouma新作インスタレーション作品「The World Ⅳ」~アーティスト・イン・レジデンスの作品の企画から発表まで

アーティスト・イン・レジデンスでは事前につくりたい作品の企画書を出して応募するところと、過去のポートフォリオだけで応募するところがあります。前者は「その作品をつくる」こと前提で参加しており、だいたいは発表の機会があります。今日は実際につくってきた作品をもとに、企画書の作品をどこまで変更してよいかなどをご紹介していきます。

続きをよむ
  • 11月 24 / 2017
  • 上海でアトリエ付きホテルに無料滞在!SWATCH ART PEACE HOTELでのアーティスト・イン・レジデンスレポート はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験

上海でアトリエ付きホテルに無料滞在!SWATCH ART PEACE HOTELでのアーティスト・イン・レジデンスレポート

2017年11月から上海のSWATCH ART PEACE HOTELでのアーティスト・イン・レジデンスに参加中のOuma。レジデンスもすでに6件目ですが、丸2年の間に6件なので、ちょっとしたマニアですね笑。宿泊部屋もアトリエもこれまでで一番ゴージャスかも。こんなに素晴らしいロケーション、設備のところに無料で半年間滞在できるなんて。しかも渡航費助成、中国ビザ助成つき!そんな素敵スペースをご紹介です!
※館内写真等はSWATCHの許可を得てアップしています。詳細情報は変更がかかる可能性があるため、くわしくはSWATCHにお確かめください。

続きをよむ
  • 10月 09 / 2017
  • アートを通じて社会を知る~現代アートと難民問題について はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アートを通じて社会を知る~現代アートと難民問題について

「難民」という言葉にどんなイメージをもっているだろうか?
日本で暮らしていると「難民」に出会う確率は非常に少ない。日本ではそもそも、難民の申請があっても「難民」と認定されて保護される率が非常に少ない。スペインのマドリードに行った際には、建物に「WELCOME REFUGEES」の垂れ幕がかかっているのを見かけたことがある。少なくとも私は、フィンランドで実際に彼らと直接話すまでは、なんだかコワイ存在のように感じていた。
今回はフィンランド、マンッタにあるセルラッキアス美術館で開催中の「CLOSING BORDERS」展と共に、アートと社会問題についてご紹介です。

続きをよむ
ページ:1234567...17