:::: MENU ::::

polcaで踏み出す一歩!ルーマニアの塩の鉱山に行こう!

みじんコンテンツ, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

polcaで踏み出す一歩!ルーマニアの塩の鉱山に行こう!

フレンドファンディングアプリ、polca。初めてつくったpolcaイベントがこれ、「ルーマニアの塩の鉱山に行きたい!」でした。鉱山は2か所あり、交通の便を考えるとどちらもなかなか行くのが大変。行きたい気持ちもあるけど、ネットで写真を見てればそこそこ想像もつく。わざわざ行かなくてもいいんじゃないの?そういう気持ちもありながら、実際に行けたのは、polcaで300円を送ってくれた人のおかげです。
orcaさん、@kyorobo21さん@usksatoさん、nogeotさん、耳太さん@CakeP3さん@エソラコトナリさん、本当にありがとうございました!

スポンサードリンク

塩の鉱山ってなーに?

ルーマニアの塩鉱山の歴史は古く、ローマ時代にも行われていたのではと言われていますが、その起源ははっきりしていません。公的文書では、1271年のハンガリー大統領の文書により、Salina Turdaの存在が明らかになっています。ルーマニアでもドラキュラ伯爵の邸宅があることで有名なシギショアラから近い鉱山はSalina PlaidとSalina Turdaの2つ。今回はSalina Turdaに行ってきました!
※詳しい行き方は記事のラストに記載しました。

参考リンク  Salina Turda Salina Plaid

だんご虫から始まるバス移動

シギショアラからSalina Turdaに行くのに便利なのは、朝7:30に出発するTurdaまでの直通バス。このバスはブカレストからクルージュ=ナポカまで直通運行している長距離バスで、これに乗ると3時間くらいでTurdaに着きます。バス停は駅の隣で価格は40LEI(約1080円)。事前予約ナシで乗車できます。しかし、、酔う!!爆。
夜行バスをよく使う私はそこそこ長距離のバスの乗車には慣れているんですが、ルーマニアは山をゆるやかに登るように進んでいくので、この左右の揺れでけっこうやられます。とにかく吐かないようにダンゴムシのように席に丸まってしのぐこと1時間。この時点で来たことを若干後悔。やっぱ来なければよかった、なんて思い始めます。Tg Mures(トゥルグムレシュ)の町で人が多く下り、その後の2時間は座席を2つ使って横になりながら乗り切りました。最初に隣に座ってた女性が「あっちの席で寝なさい」とか、「トゥルダに着いたわよ」とか声をかけてくれ、気にかけてくれてたのがありがたかったです。ルーマニアで英語が通じる率は体感で3割くらい。ドイツ語のほうが通じるかな、という印象です(私は話せませんが)。若い人にはかなり通じますが、年配の方にはあまり通じず。しかし、周りに誰か分かる人がだいたいいるので、みんなで助けてくれます。

シギショアラのバス停は駅の隣にあります。

トゥルダの町から塩の鉱山へ!

途中の教会などを見学しつつ、Salina Turdaへ向かいます。鉱山まではバス停からだと1時間半くらい。

ゆるやかな山道には歩道がないので、徒歩で行かれる方は気をつけて。あとで聞いたところによると、バスも出ているようですが、1時間半~2時間に1本のようです。タクシーもそれほど高くないので、タクシーで行っちゃうのも手。私は初めての町なので徒歩にしました^^

ご自宅でぶどうを育て、自家製ワインを作ってるおうちがたくさんあります^^

卓球やビリヤードができるアミューズメントパーク~塩鉱山w

塩鉱山の目玉はなんといってもTerezia mine。最も古いチャンバーで1690年から1880年まで開拓されていました。深さは112メートル。なんと洞内には卓球台やビリヤード台、観覧車などもあり、総合アミューズメントパークになっています。入り口からの通路の途中にはのんびり休めるようなスペースもあり、どうやら呼吸器疾患やアレルギーなどの治療のために塩がいいよってことのようです。

参考リンク  Salina TurdaとTurdaまでの道のりの写真アルバムはこちら

30分ほどエレベーターに閉じ込められてみる

鉱山内でちょっとしたアクシデント発生。エレベーターで閉じ込められました。耐荷重450kgのエレベーターに男性2人、女性3人、子ども1人。私が乗った後、次の人が乗った時にアラームがなり、その人は乗らずにGO。ドアが閉まってちょっと上に動いてからアラームがガンガンに。「重量オーバーですよ!」というサインがついてるのですが、どのボタンを押してもエレベーターは動かず。人生で初めてヘルプベルボタンが押されました。途中でエレベーターが動き始めたのですが、次の階まで行く途中でまた止まってしまい、係りの人がドアをこじ開けるようにして開けて助けてくれました。
ちなみに中にいる間、子どもに折り紙あげたり、「なんかハリウッド映画みたいだねー」「きっとスパイダーマンが上から来るんだよ」「じゃあ下からスーパーマンだ」みたいな話をしながら、6人でのんびり待ってました。たぶん、耐荷重ギリギリだった感じですね。ワイヤーが切れることは絶対にないと思ってたので、私も焦ることなく。もっと長時間だったら大変だったかもですが、「スパイダーマンが助けに来る前後の写真を撮っておかないと」と記念撮影もしながら、周りの笑いも取っておきました。

ところで、エレベーターの近くにあったこのボタン。英語では「ボタンを押せ!」って書いてありますが、絶対押しちゃいけない緊急のやつだよね、コレ。「押すよ!押しちゃうよ!!」厚切りジェイソン的にw

声が響く部屋やマリア様の部屋も

鉱山内には他にも、採掘機器の置かれたスペースやリラックスできるスペースも。「やっほー!」と叫ぶと声がエコーして聞こえるエリアなどもあります。なにより通路が女神転生のダンジョンみたいでスゴイ!

実は10分で来られるらしいことを知る

メイン入り口の外には露店も多く出ているのですが、反対側の入り口から出ると、なんと市内まで歩いても10分で行けるそうです(/ω\)。行きにGoogle map片手にさらに迷いながら1時間半くらいかけてたどり着いたのはいったいなんだったのか。。

2か所の塩の鉱山までの行き方まとめ

1)Salina Turda

Shighisoara~Turdaまで直通バス(朝7:30発、40LEI、所用約3時間)。帰りは1時過ぎなど深夜しかないため、日帰りする場合にはTurda~Tg Mures(20LEI、所用約2時間)、Tg Mures~Sighisoara(12LEI、所用約1時間、混むので早めに行って席を取ったほうがいい)。メインの入り口まではバス停から徒歩1時間~1時間半。内部で歩くが、市内から反対側の入り口までは10~15分ほどで着く(バス停からだと徒歩40分くらい)

2)Salina Plaid

SighisoaraからだとTg Mures行きのバスに乗り、バラウシェリ(Balauseri)で下車。Sovata行きに乗り換えてSovataへ。(Sovataからバスがあるかは未確認。タクシーか徒歩1時間40分でSalina Plaid)
バスの時間が1~2時間に1本なので、事前に時刻表で時間を確かめてから行くのがお勧めです。町の名前を一生懸命言ってもなかなか通じないですが、こういう紙を持っていると、周りの人がみんな「これだ」「これじゃない」と教えてくれるので、おススメ^^これはトゥルダでバス停の場所を聞いたスーパーの女性が書いてくれました^^ Turdaに行くより近いのですが、PlaidではなくTurdaに行くことにしたのは、大都市間を移動するので困った時になんとかなりやすいかな、と思ったからです。もしも英語が通じない小さい町で止まった場合、宿泊もできずタクシーもなくで途方にくれそうだったので。

参考リンク  ルーマニア国内バス時刻表

ルーマニア移動のポイント

情報はいろんな人に聞く!

旅の情報はネットで確かめるのが一番正確。インフォメーションセンターの人に聞いても意外と言うことがバラバラなことが起こるので、正確な情報を得たい時には、いろんな人に話を聞くといいです。

タクシー>バス>電車の順に正確

電車が1時間の遅延、来ない、途中で降ろされるなどのことがあったとシギショアラで会った外国人の方に聞きました。大型バスや始発バスの時刻表はかなり正確なので、安く済ませたいのであれば、バスで時間を調べてそこに合わせて行くのが安心な感じ。ネットの時刻表と現地に書かれてるバスの時刻表の時間が10分くらいずれてたりしてましたが、ネットの時間のほうが正確でした。

Google mapのオフラインマップ機能を駆使

初めての土地に行くにはもはや必須とも言えるGoogle mapのオフライン機能。ネットが使えるうちに、行きたいところを保存しておけば、ネットがつながってなくてもGPSで自分の場所を確かめつつ、目的地にたどりつくことができます。私のような方向音痴さんにとっては、旅の安心度が格段にアップ!

参考リンク  [アプリ] Google Mapに隠された「オフラインマップ」機能が、海外旅行で超役立った話

町で出会った海外からの観光客に移動で苦労した話も聞いてたため、最後まで行くかどうか悩んでいたのが塩の鉱山。最初に支援してくれたorcaさんの存在がなかったら、諦めていたかもしれません。でも、やっぱり行けてよかった!お金を出してくれた人のことを裏切れない、という気持ちが、自分にあと一歩の勇気を与えてくれました。たかが塩の鉱山に行くか行かないか、なんですが、ビビリの私にとってはそこそこ大きなチャレンジで。一歩踏み出せたのは、polcaを通じて出会えた方のおかげです、ありがとうございました!!
↓こんな感じでみなさんに何度もシェアしていただいたり、心を込めた紹介をしてくださったり、たくさんの力をいただきました!

参考リンク  フレンドファンディングアプリpolca


みじんこは、新しい体験が大好きです!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「楽しかったよっ」
「行ってよかったよー!」

mijinconbi