:::: MENU ::::

【みじんこ企画】ガムなのに付箋?トリックガムメモを文具コンペに応募!〜「トリックアートを使ったメモ帳」コンペに参加〜

  • 2月 19 / 2014
  • 【みじんこ企画】ガムなのに付箋?トリックガムメモを文具コンペに応募!〜「トリックアートを使ったメモ帳」コンペに参加〜 はコメントを受け付けていません。
  • , ,
みじんコンテンツ, みじんこ企画実績

【みじんこ企画】ガムなのに付箋?トリックガムメモを文具コンペに応募!〜「トリックアートを使ったメモ帳」コンペに参加〜

みなさん、サプライズは好きですか?え?サプライズにもよるって?そ、そうですよね(笑)

みじんこの今回参加した企画は、いい意味でのサプライズをカタチにしようと思い、トリックアートを使った文具コンペに参加してみました!

トリックアートを使った文具!

コンペを行っているのは、株式会社ケープランニングさんが運営されている「be on」というオンラインショップを兼ねたサイトさんのコンペになります。

今回のコンペのテーマは「トリックアートを使ったメモ帳」ということで、みじんこスタッフで考え抜いて応募をしてみました。

ペーパーショップ「be on」 コンペ詳細はこちらから

トリックではなく、リアルサプライズをコンセプトに

今回、みじんこからご提案させていただいたのは「トリックガムメモ」というもの。 テーマでは「トリックアート」を使ったメモ帳ということで、色々考えた末に「トリックではなく、リアルトリックにしてみたらどうだろう?」ということにまとまり「板ガムって付箋に似てない?」というヒトコトから、トリックガムメモが生まれました。

140219 ラフ

ギャップ感とサプライズを盛り込んだトリックガムメモ

見た目と実物との「ギャップ感」は、この企画にかかわらず、人の心を引きつけるモノがあります。今回のトリックガムメモですが、パッケージの形状をトリックアートに見立てて作ることもできました。しかし、それだと何かサプライズ感や、実際に触るときのギャップ感が少ないと感じたのです。 だとしたら「本物のようにリアルに体感させた方が面白いのではないか?」ということになり、付箋をいたガムと同じように包み、ガムの外側のパッケージまでリアルにすることにしました。

140219 gum002

実際に封を開けて、包み紙に包まれた状態のものを渡される間の行程を体験、もしくはそれを見ている相手には「これはガムなんだ」ということを、相手の心に植え付けていきます。

140219 002 140219 005

そして実際に食べるつもりで包み紙を開けた瞬間に、ガムではなく付箋ということに気づいて驚く(サプライズ)という流れです。

140219 006

まとめ

今回「みじんこ」ユニットとして初めて文房具を題材としたコンペに取り組んでみて、その流れを記事として書かせて頂きました。スタッフの二人とも文房具が好きだったので、楽しんで取り組めたと思います(^^) ここでひとつ、みなさんに想像してほしい事があります。いつも冷蔵庫の中に常備している麦茶があるとして、それがウーロン茶や紅茶に差し替えてられていることに気がつかず飲んだとき、どんな感じがしますか?たぶんびっくり(サプライズ)すると思いませんか? 今回のトリックガムメモは、普段使うための付箋と比べるととても不便なモノです。わざわざ封を開けないと使えないワケですから(笑) この文房具は「人を楽しませるため」というコンセプトのものです。文房具に限らず、便利なもの、効率的なものを使うのも面白いんですが、こうした「クスっ」って笑っちゃうサプライズの文房具を使って、友達や家族とのほっこりした時間が過ごせればいいな…と私達は思っています(^^)

投票は終了しました!

みなさんのご協力のおかげで、こちらの企画は2位となりました!ご協力いただき、ありがとうございました!ヽ(=´▽`=)ノ

文具コンテスト