:::: MENU ::::

上毛町ワーキングステイ20~上毛町の古城の神籠石を使って作られた中津城と黒田官兵衛ソフトクリーム

みじんこ体験

上毛町ワーキングステイ20~上毛町の古城の神籠石を使って作られた中津城と黒田官兵衛ソフトクリーム

上毛町から川をはさんでお隣、大分県市中津市の道の駅「なかつ」から名産品をお届け!上毛町に来たらぜひ、温泉と合わせて立ち寄っていただきたいです。

スポンサードリンク

黒田官兵衛ソフト

官兵衛のトレードマークだった合子形(ごうすなり)兜と鎖帷子(くさりかたびら)をモチーフにした和風ソフトクリーム。大分県特産の黒豆「クロダマル」が顔みたいに設置されていてちょっとコミカル。クロダマルは大分県の宇佐が日本一の産地なんですねー。

大分県中津市は黒田官兵衛ゆかりの地としても知られています。中津城は豊前国主の黒田官兵衛が築城したもの。築城の際に上毛町にある古代城郭の唐原神籠石(唐原山城)を利用して建てたため、非常に早く建築できたそうです。唐原山城は7世紀半ばに作られたと言われています。中津には「赤壁寺」と呼ばれる合元寺も。ここは宇都宮鎮房の従臣たちを黒田兵が切り伏せた際、壁がその血で染まり、その後何度も壁を白く塗り変えても血が染み出てくるため、ついに赤く塗ったという逸話があります。エキゾチックなお寺ですね。

参考リンク  道の駅「なかつ」 【神籠石】黒田官兵衛が石を持ち去った古代の城「唐原神籠石」

ハモを安く美味しくいただける大分

中津名物はもカツバーガーも道の駅で。前海の「はも」がサクサク美味しい一品。宇佐神宮でもハモ唐揚げが食べられました。ハモって高級料理のイメージなんですが、大分ではリーズナブルにいただけます。

地元の人おすすめの唐揚げ「鳥しん」

中津は養鶏の影響もあって唐揚げのお店があちこちに。地元で働く人がお勧めしてくれたのが「鳥しん」さん。道の駅「なかつ」に出張営業していることもあるので、見かけたらぜひ立ち寄ってみてください。(本店に行く方がメニューは多いようでした。

参考リンク  唐揚げの鳥しん 「暮らす」を試そう。~上毛町ワーキングステイ募集要項2018


みじんこは、名産品をおいしくいただきます!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「唐揚げも好きだよっ。」
「ハモも食べるよー」

mijinconbi