:::: MENU ::::

医者のいない病院~世界から肩書をなくすことについて考える

  • 3月 09 / 2019
  • 医者のいない病院~世界から肩書をなくすことについて考える はコメントを受け付けていません。
  • , , ,
みじんこアート

医者のいない病院~世界から肩書をなくすことについて考える

医療の未来について考える元獣医の細胞アーティスト、Oumaです。今日もエストニアからこんにちは。医療について一番大事なことは何か。それは信頼関係の構築だと私は考えています。自分が現役の時には、ご家族から学ぶことも多かった。それは医療のことに限らずです。

スポンサードリンク

医者という肩書にまつわる「イメージ」

お医者さんに正直に自分の意見を言えないっていう人多いと思うんですね。もうちょっとお薬欲しい、減らしたい。何言ってるか分からない。ちなみに私も自分がかかる時、けっこう言えないんですが、言えた時も理由がちゃんとついてないと納得できないというのはあります。(諸事情はあると思いますが、かかりつけのお医者さんを信頼しきれないようなら、転院あるいはセカンドオピニオンを聞くために一回他の病院に行く、のはおススメします。その際、これまでの血液検査のデータなどはもらうことができるので、病院に行ってもらっておくといいですね。次の病院で再検査しなくて済みます)
そして同時に、「医者」っていう全体に対して悪いイメージを持っている人も多いんですよね。いやー、私は医者ではなく獣医なんですが、さんざん聞かされましたよ、「医者は悪」。アメリカ=悪、政治家=悪。みたいなのとおんなじ感じですね。まとめられた全体の中に、素晴らしい人もいれば、そうでない人もいる。もちろん成長過程の人もいるし、いろんな段階の人がいる。どんな業界であれ、それがふつうなんですが、集合体として捉えた時の謎の固定イメージってありますよね。これ、全体のイメージを強く持っている人ほど、内情をよく知らないんですね。たとえば、私は以前、「獣医の年収っていくらくらい?」ってよく聞かれてましたが、この手の質問には簡単には答えられないんです。なぜなら獣医がやれる仕事ってホントにさまざまだから。公務員の場合、食品会社に勤める場合、製薬会社に勤める場合、臨床医、開業医、で全然違う。内情を知れば知るほど、「一概には言えない」というのが答えになってくる。他のあらゆることでもそうですね。まぁでも、全く分からない人からしたら、なんとなく概略でもいいから掴みたいわけで、とりあえず全体イメージを把握しておきたい、ということになる。もちろん、自分も知らない世界のことについては同じ対応のし方です。「なんとなくなんでも知りたい」から始まって、詳細を少しずつ知っていく。

病院のイメージ

病院って白くて清潔なイメージがありますよね。薬品の匂いがちょっとしてて、ごはんが身体に良さそうだけどワクワクはしない。私は小さい頃に1か月半くらい入院してたことがあるのですが、しょっちゅうおもらししてたのに、怒られなかったこともあって、今でも病院は大好きです。お医者さんも看護師さんも優しかった。入院してた時に、腸ヘルニアがあったのに気づいてくれたのも看護師さんでしたしね。自分の幼い頃は、記憶があんまりもたなかったみたいで1か月半も家にいなかったら、戻った時に家のことや近所の様子などまったく忘れてしまっていて。初めて見る海外みたいに世界が新鮮だったのをよく覚えています。話が逸れましたが、病院にも「あ、ここは病院だ」っていう共通イメージがある。少なくとも日常ではないですよね。病院「らしさ」がある。


↑みじんこ先生

清潔な環境や整った身なりは、分かりやすく「信頼度」をつくるアイコンになっている。それも大事。だけど同時にそれは、全体性という偏見の元になることもある。同じ病名がつく病気でも、その挙動は人それぞれです。治療はいつも個対個で行われる。「良い(合う)先生」も人によって違うだろうから、もっと、個対個の信頼関係をつくれる場としての病院をつくれないだろうか。
つまり、医者と患者という関係性がない病院。医者がいないとは、医者という肩書がないということ。要は「みじんこさんに診てもらう」みたいな感じ。肩書があるほうが、信頼を取るには簡単なんだけど(医者ですと最初に名乗られた場合と、みじんこですと最初に名乗られた場合、当然、医者と名乗ったほうに診てもらいたくなる)。同時に、肩書というもののおかげで本人が見えにくくなってしまったり、思うことが言えなくなってしまったりする。肩書があるおかげで、いろんな手間をすっ飛ばして説得することは確かにできるんだよね。でもね、今は口コミの時代だから、これも徐々に変わってくると思うんですよ。口コミが肩書の代わりになり、個対個の関係性をつくるのに一役買ってくれるんじゃないかと。変な人のコメントに騙されちゃう?人間そんなバカじゃないよ。ヒトには嘘を見抜く力がちゃんとある。あとね、良いと思ったものについて広めるように、を心がけること、みんなで声をかけあうこと。それができれば、きっと社会から偏見をもつ肩書を取り払って、みじんこさん同士としての関係性をつくれるんじゃないかな。
ヒトの意見は違って当然。自分の「正解」を発信しあうことで、視野が広がっていくのを楽しめる社会であるといい。反対意見にぶつかることで、横道が見つかることはよくあるからね^^

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ

 

みじんこは、医者じゃないよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「みじんこだよっ。」
「ただのみじんこだよー」

mijinconbi