:::: MENU ::::

食材としての感情が物語として循環していくということ、星川あすか

  • 9月 07 / 2020
  • 食材としての感情が物語として循環していくということ、星川あすか はコメントを受け付けていません。
  • ,
みじんこアート

食材としての感情が物語として循環していくということ、星川あすか

Pocket

ArtStickerから星川あすかさんの作品をStickerさせていただきました。

スポンサードリンク

すごい!ほんとにすごい好きな作品です。

合わせて読みたい  wonder – 星川あすか | ArtSticker

1つの物語を碗に込めたというシリーズですが、作品から1つ以上の物語があふれ出しているように感じます。人生はまさに物語ですし、ヒト以外の生き物、あるいはモノの命も物語そのもの。 その複数の物語が、碗という中心部からのびやかに広がっていくような清々しい喜びを感じました。 食べ物や飲み物をこの碗に乗せ、それを自分がいただいた時、物語たちがもっている喜びを調味料の1つのようにして身体に取り込み、取り込んだ私がまた自分の物語を紡いでいくような、そんな物語が循環していく世界観を感じました。

感情を調味料のように料理にふりかけ、食事と混じり合った感情とともにいただく。 食材としての感情が私の世界を内側から変え、それが物語として流れ出し、他の物語と結びついていくような素敵な作品でした。

ぜひ、実物も見てみたいです!

今日も読んでいただきありがとうございました!

合わせて読みたい  みじんこの旅を応援できるショップ OumaのArtSticker ギャラリータグボートのOumaページ


みじんこは、陶器が好きだよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「使いたいよっ。」
「欲しいよー」

mijinconbi

Pocket