:::: MENU ::::

Category / みじん講義

  • 2月 27 / 2020
  • ブラジルの新具体主義(ネオコンクレティスム)を支えた3人のアーティスト はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

ブラジルの新具体主義(ネオコンクレティスム)を支えた3人のアーティスト

先日お会いしたブラジルを代表するアーティスト、エルネスト・ネトさんも新具体主義(ネオコンクレティスム)を継承した作家さんなんですが、今日はネオコンクレティスム、ブラジルの美大の先生から解説を聞いたののまとめです!

続きを読む
  • 2月 13 / 2020
  • ブラジルの美大の先生に教わった近年のアートの傾向 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

ブラジルの美大の先生に教わった近年のアートの傾向

ブラジルほのぼの話がつづいてますが、今日はまじめにアートの話を。ブラジルの美大の先生に教わったシリーズです。美術史とかまじめにやるとこんなに知識あるのかーって驚くばかり。実際にレジデンスで出会うアーティストさんと話すとみんなほんとに詳しいんですよね。
ってことは詳しいだけではダメなんですが、知ってるかどうかって大きな差があるわぁって思っております。

続きを読む
  • 1月 04 / 2020
  • アートの世界ってなんだかんだ紹介が強いよね~紹介してもらうにはどうすれば?の話 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アートの世界ってなんだかんだ紹介が強いよね~紹介してもらうにはどうすれば?の話

アートの世界に限らないかもしれませんが、仕事をもらうにしても、なんにしても、紹介ってけっこう強いですよね。そんなわけで、紹介してもらえる人になるには、というのを考えてみました。

続きを読む
  • 1月 01 / 2020
  • 自作の見栄えが全然変わる!~アート作品の設置をうまくなろう! はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

自作の見栄えが全然変わる!~アート作品の設置をうまくなろう!

展覧会をやる時に、自作の見せ方って大事ですよね。展覧会の場合は作品の見せ方が上手だと、作品単体だけじゃなく「作品群」で見る人に伝えることができます。展覧会は「空間」によって伝えられるので、アーティストをやっているならつくるのがとても楽しい機会です。今日は自分がこんな感じに反省してるよ!っていうのをご紹介です。

続きを読む
  • 12月 30 / 2019
  • シェル美術賞2019からアーティストのポートフォリオのつくり方について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじん講義

シェル美術賞2019からアーティストのポートフォリオのつくり方について考える

先日、シェル美術賞2019を見に行ったんですね。そしたら作家のポートフォリオファイルが置かれていたんです。なるほど、いいなと思うアーティストのポートフォリオを見てもごもごすることができるんだなと思いました。

続きを読む
  • 12月 01 / 2019
  • 良いアート作品ってなんだろうっていうのを考えてみる。 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

良いアート作品ってなんだろうっていうのを考えてみる。

ありがたいことに、現在とても条件のいいレジデンスにあちこち受かっていて(落ちているほうが10倍くらい多いんですが)、一緒に参加するアーティストさんたちと話をする機会がいっぱいあります。みなさん、キャリアもすごくあってギャラリー所属のアーティストさんもけっこういたりします。そんななので、みなさん「現代アート」として非常に作り込まれている。そんな中で抜きんでるには何が必要なのかなっていうのを考えてみました。

続きを読む
  • 11月 16 / 2019
  • アーティストステートメントの基本的な考え方~なかったら今日決める はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アーティストステートメントの基本的な考え方~なかったら今日決める

アーティストステートメントっていうのは、「アーティストとして自分が探求してるのはこれですよー」みたいな宣言文のこと。キャリアを短くまとめたプロフィールとは違うものです。

続きを読む
  • 11月 15 / 2019
  • アート作品の短い解説文の書き方~解説付きポートフォリオをつくろう はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アート作品の短い解説文の書き方~解説付きポートフォリオをつくろう

海外のレジデンスに応募しているときには、ポートフォリオを求められることが多いのですが、作品のポートフォリオには「画材・サイズ・制作年」以外に短い解説文を求められることがあります。求められてなくてもだいたい添えているのですが、「短い」のですべては書ききれません。そんな時のテキスト制作のポイントをまとめてみました。

続きを読む
  • 11月 12 / 2019
  • 自分の現代アート作品のクオリティをあげるためにやること~疑問を挙げていく はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

自分の現代アート作品のクオリティをあげるためにやること~疑問を挙げていく

ブログ記事が雑になっているときは、だいたい日常生活が忙しい時なんですが、今は展覧会作品、オーダー作品の制作や整理のほか、いつもどおりレジデンスの応募資料作成を地味にやっております。季節的に秋と春が締め切り多いんですよね。出せるものは基本的に全部出すスタイルでやっている理由としては、レジデンスの応募資料を書くってこと自体が、自分の作品についてしっかり考えるいいきっかけになるからですね。もともと考えることがあんまり得意じゃないので、こういう風に決めておかないと、そもそも考えないんです。なので、現代アーティストとしては作品が深まっていかない。アイデアも出ない。レジデンス応募資料をつくる、展覧会を設計することをきっかけに、考える機会を無理やり自分につくってるんです。いやはや、考えるのが好きで自然にやれる人がうらやましいですよ!

続きを読む
ページ:1234567...16