:::: MENU ::::

Category / みじん講義

  • 10月 23 / 2018
  • 【これからの図書館】世界の美しい図書館から学ぶ~未来の図書館について考えてみた はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, みじん講義, 世界のおもキカ!

【これからの図書館】世界の美しい図書館から学ぶ~未来の図書館について考えてみた

図書館というものが好きで、小さい頃から図書館に入り浸っていました。古い本が保存されているような博物館も美しいけど、実際に借りられる図書館も最高。広い図書館を好きなコーナー以外にもふらふらと歩きまわって、気になるタイトルの本を開き漁る喜び。本屋さんと違って、図書館にある本は今すぐ手に入るわけだからね。お金とか気にしなくていい。
私は旅暮らしなのでKindle本を買うことが多くなってしまいましたが、国内・国外問わず、定住している時は図書館愛用者で、いつも部屋に図書館から借りた本が積み上がっています^^

続きを読む
  • 10月 19 / 2018
  • 内容が同じ本を何度も買ってしまったり、いいこと言ってそうっぽいツイートをひたすら見てしまう時の心理を考えてみた はコメントを受け付けていません。
みじん講義

内容が同じ本を何度も買ってしまったり、いいこと言ってそうっぽいツイートをひたすら見てしまう時の心理を考えてみた

引き続き韓国で壁絵を描いているOumaです、こんにちは。黙々と描いていてもヒマなので、ビジネス書とかでいつも同じことしか書いていないのに毎回ベストセラーになっているのはなぜだろう、と考えていました。あと、独学で現代アートをすることのメリット・デメリットみたいなものを考えたけど、それはまたいずれ。

続きを読む
  • 10月 15 / 2018
  • アートとアーティストは果たしてどこまで「一般」に必要とされているのか~アートと地方と助成金について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アートとアーティストは果たしてどこまで「一般」に必要とされているのか~アートと地方と助成金について考える

韓国で若い女が溶けるように死んだ。名前だけは国際的な感じがする誰も知らない賞をいくつか獲り、無責任な友人の言葉に寄りかかったアーティストだった。所属ギャラリーがあるわけでもなく、とはいえどこかに売り込みに行くでもなく、積み上がったプライドが扉をふさぎ、部屋から出ることができなくなって餓死したと聞いた。四畳ほどの部屋のコンクリートの壁には、指でこするように消した鉛筆の跡が残されていた。部屋の中に残された無数の作品は、溶けた彼女自身が浸み込んで腐臭を放つ。食べ物がなくても手放さなかった携帯電話。母親に送られた最後のメッセージには、こう書かれていた。「やっとできた。タイトルは『手と骨』これでダメなら、もうアートはやめようかと思う」
彼女の最後の作品は、今も見つかっていない。

続きを読む
  • 10月 13 / 2018
  • 渡航費や給与をもらいながら海外でアート制作しよう~韓国のアーティスト・イン・レジデンスMOHA滞在レポート1 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, みじん講義

渡航費や給与をもらいながら海外でアート制作しよう~韓国のアーティスト・イン・レジデンスMOHA滞在レポート1

3か月の韓国滞在が終わり、久々に日本に帰ろうとしています。5月に出国してまずはデンマーク。フランス、バルセロナと巡ってるうちに季節も移り変わり、すっかり寒くなってきましたねー。
今日は2018年10月現在、私が滞在している韓国ウルサンのアーティスト・イン・レジデンスをご紹介します。好条件の割に倍率が低く、レジデンスを受けたことが一度もないけどチャレンジしてみたい、キャリアを積みたい、という人にはかなりオススメです^^

続きを読む
  • 10月 09 / 2018
  • 初日吊りされないための~人狼ジャッジメント初心者村での初心者市民の立ち回り、狼の当て方まとめ はコメントを受け付けていません。
みじん講義

初日吊りされないための~人狼ジャッジメント初心者村での初心者市民の立ち回り、狼の当て方まとめ

人狼ジャッジメントにハマったはいいけど、1ヵ月で暴言に負けてゲーム萎え落ちしてアンインストールしてるアーティストのOumaです、こんにちは。
初心者村で市民練習ばっかりしてた挙句にゲーム萎え落ちしてるんですが、うまい人たちが親切に教えてくれたことやうまい人の立ち回りなどを見て学んだ、初心者の最初の一歩をまとめてみました。
※この記事は人狼ジャッジメントの9人スタンダード村(市民3人狼3狂人1占い1霊能1)の初心者部屋での初心者市民向け立ち回りの解説です。

続きを読む
  • 10月 07 / 2018
  • 人狼ジャッジメントをプレイすることで現代アーティストに必要なクリエイティブな思考力は鍛えられ「ない」というイキリ考察してみた はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, みじん講義

人狼ジャッジメントをプレイすることで現代アーティストに必要なクリエイティブな思考力は鍛えられ「ない」というイキリ考察してみた

こんにちは、「現代アーティストが「人狼ジャッジメント」をプレイして暴言に心折れてアンインストールするまでに学んだこと」こちらの記事で分かる通り、オンラインの人狼ゲームにハマってたけどゲームから萎え落ちした現代アーティスト、Ouma(オーマ)です。
人狼にしろ推理小説にしろ、頭脳系エンターテイメントなので、思考力が鍛えられるんじゃないかと思っている人、やりつづけることで違いに気づく感性が育つのでは、と思ってる人→颯爽と勘違い人生の道を歩んじゃってますね乙。
人狼ゲームであまりうまくならなかったうちに萎え落ちアンインストールした恨みをブログ記事でぶつけてるんじゃ、、と思った人→ち、ちがうもん。。
今回の記事も人狼ジャッジメントをプレイしたことがある人だと微妙に分かるような表現を取り入れています。大して重要でもないので、分からない人はスルーしてください。

続きを読む
  • 10月 03 / 2018
  • 現代アーティストが「人狼ジャッジメント」をプレイして暴言に心折れてアンインストールするまでに学んだこと はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, みじん講義

現代アーティストが「人狼ジャッジメント」をプレイして暴言に心折れてアンインストールするまでに学んだこと

ひさびさのブログですねー。今日は最近ハマっていた人狼ゲームから学ぶ現代アートについて考察していきましょう。人狼ジャッジメントやったことない人には、ちょっと分かんない文章出てくると思いますが、基本的にはゲームに夢中になる人は多いのに、現代アートに夢中になる人が少ないのは、なぜだろうということについて考えた駄文です。

続きを読む
  • 8月 27 / 2018
  • 社会の役に立てるかという視点からアート作品の制作方法・プレゼンを考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

社会の役に立てるかという視点からアート作品の制作方法・プレゼンを考える

アート作品の説明というのは、人によってはナシがいいという人もいます。先入観を持たずに見たいと言ったところでしょうか。ただ、ギャラリストやアート関係者に作品を「分かってもらう」ためには、作品の良さを自分で説明していく必要があります。では、何から説明していけばいいのか。今日はそこを考えてみました。

続きを読む
  • 8月 27 / 2018
  • 正しくないと証明されることが「科学」の条件~反証に対する寛容さについて考える はコメントを受け付けていません。
みじん講義

正しくないと証明されることが「科学」の条件~反証に対する寛容さについて考える

「科学的に証明された」と言われると、なんだか正しい気がしてしまう。しかし、科学というのはもともと、反証されることによって発展してきたもので、科学が言えるのはあくまでも「今の段階ではこれが正しいっぽい」というところまで。
もう大ファンでしょうがない山口周さんの「武器になる哲学」より。ぜひ、読んでほしい一冊。

続きを読む
  • 8月 26 / 2018
  • 現代アートについて考える~自分の作品の弱点に気づいて改善する方法 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

現代アートについて考える~自分の作品の弱点に気づいて改善する方法

自分の作品の改善点はどこか。すでに結構イケてる、この方向性でやっていこう!と思ったとしても、もうちょっと何かできないか、を考えたほうがいい。なぜなら、自分はもっとすごい作品がつくれるから。ここでOKとしてしまうと、そのもっとすごい自分の作品を見られないことになる。一歩一歩、山を登って振り返った時、自分ってこんなにやれるんだって、きっと自分自身に感動できると思うのです^^

続きを読む
  • 8月 24 / 2018
  • 侘び寂びから草間彌生まで~日本の美意識、文化について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

侘び寂びから草間彌生まで~日本の美意識、文化について考える

村上隆さんが芸術起業論の中で言っているのが「作品を意味づけるために、芸術の世界でやることは決まっている。世界で唯一の自分を発見し、その核心を歴史と相対化させつつ発表すること」
グローバルな時代だから、作品の文脈は世界の歴史から語れれば十分かと思っていたのですが、どうしたって自分は日本人なので、日本の美・文化の面からも考えられたほうがいいと最近は考えるようになってきました。同時に「日本のアートの側が持っているかもしれない普遍的な文明性や価値を、どのように世界の側に翻訳できるかを考えていくべき」という記述が、三潴末雄さんの「アートにとって価値とは何か」にありました。
そこでまずは、ザ・日本的なものをリスト化してみました。

続きを読む
  • 8月 23 / 2018
  • 現代アート作家の自己批評術3~新人作家として気をつけること はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

現代アート作家の自己批評術3~新人作家として気をつけること

現代アート作家の自己批評術2~初心者を抜け出すために典型的ダメパターンを自覚するにつづく第3弾。新人アーティストとして気をつけておきたいポイントをまとめました^^

続きを読む
ページ:1234567