:::: MENU ::::

Category / みじん講義

  • 2月 21 / 2019
  • 意味不明な現代アートがなんでおもしろいのかを丁寧に説明してみた はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

意味不明な現代アートがなんでおもしろいのかを丁寧に説明してみた

今は現代アーティストぶっている私も、もともとは現代アートっていうものが割とキライでした。だって、意味わかんないし、きれいな感じもしないし。昔はアーティストってのは「意味わかんないことをすることでかっこつけてるんだろう」と思ってたんですね。でも今は、その面白さが前より分かるようになりました。現代アートは「発見」する楽しさがある。今日はそれをイチイチ説明していこうと思います。

続きを読む
  • 2月 19 / 2019
  • 忘れられることを望んだ芸術家~岡本太郎から作品の拡張性について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじん講義

忘れられることを望んだ芸術家~岡本太郎から作品の拡張性について考える

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今回は岡本太郎さんの「美しく怒れ」から、「分からない」のは型があるからではないか、という言葉をご紹介。それと作品の拡張性について考えてみました。

続きを読む
  • 2月 19 / 2019
  • イラストっぽい見た目の絵は現代アートとして通用するのか はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

イラストっぽい見た目の絵は現代アートとして通用するのか

私がはじめの頃に描いてた絵には顔がありました。いっつも笑ってる感じの顔みたいな図形が描かれていたせいか、アートではなく「かわいいイラストね」という扱いも多かった。そんなこともあって、顔っぽい図形を描くこと自体を一時期やめていたのですが、そもそもイラストっぽい絵は現代アート(アートではなく)として扱われるのか、を考えてみました。

続きを読む
  • 2月 14 / 2019
  • 感覚的なことをあえて言語化する意味について考える~自己対話と共有と はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

感覚的なことをあえて言語化する意味について考える~自己対話と共有と

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今回は赤瀬川原平さんと山下裕二さんの対談でお届けする「日本美術応援団」から、「言語化すること」について考えてみました。

続きを読む
  • 2月 13 / 2019
  • 小説や映画では普通だけどリアルではめったにない言い回し はコメントを受け付けていません。
みじん講義

小説や映画では普通だけどリアルではめったにない言い回し

「~かしら」という語尾表現って小説ではよくありますよね。リアルで使っている人はほとんどいないと思うのですが、小説の場合は自分で書く時も読む時も「~かしら」と書くほうがなんかしっくりくる。頑張ってリアル言葉に近づけようとすると、けっこう難しい(会話だけで誰が話しているのかを伝えるにも技術が必要になる)。
今日はそんな感じで、リアルだとなかなかないけど、虚構の中ではよりリアルに感じられる言い回しを集めてみました。

続きを読む
  • 2月 09 / 2019
  • アート作品を「改善」していくために必要な「基準」について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アート作品を「改善」していくために必要な「基準」について考える

「チャレンジ」と「改善」というのは、何かを為したい時にはすごく大事なことだなーと感じています。それは、小さい頃から文章を書くのも読むのもすごく好きな自分が、いまだに小説家にはなれてないこと。なのに知識も技術もなく始めたアート業がそこそこうまくいっていることから感じたことです。なんでそんなに差が出てしまったのかを考えてみました。

続きを読む
  • 2月 08 / 2019
  • 伸びるアーティストの定義から考える「時代をつかむアンテナ」はどうやって立てるのか はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

伸びるアーティストの定義から考える「時代をつかむアンテナ」はどうやって立てるのか

タグボート代表、徳光健治さんのセミナー「現代アート徹底研究講座」を聞きに行ってきました。最後の質問コーナーの時に、「これから伸びるアーティストをどこで見分けているのか」と質問してきました。徳光さんは3つの基準をもっているとのこと。そのうちの1つ、現代に対するアンテナが立っているかどうか、について考えてみました。

続きを読む
  • 1月 31 / 2019
  • 現代アート作家の自己批評術4~コンセプト、作品、プレゼンの見直し方 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

現代アート作家の自己批評術4~コンセプト、作品、プレゼンの見直し方

久しぶりの現代アート批評術。前回の「現代アート作家の自己批評術3~新人作家として気をつけること」では、展覧会をやること、やっている前提で書いてしまいました。でも、もっと前の段階、機会をくれる人に見つかるための作品自体の見直しが大事だったことに気づき、今回はそのまとめです。

続きを読む
  • 1月 26 / 2019
  • 仕事量は成果に比例しない~生産性を上げるために「焦点」を明確化する質問リスト はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー, みじんこ漫画, みじん講義

仕事量は成果に比例しない~生産性を上げるために「焦点」を明確化する質問リスト

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今回は「フォーカル・ポイント」から、生産性を上げる質問をリストアップしました。

続きを読む
  • 1月 24 / 2019
  • マルセル・デュシャンの「便器」が芸術における「ゼロの発見」である理由 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験, みじん講義

マルセル・デュシャンの「便器」が芸術における「ゼロの発見」である理由

ポコラート全国公募vol.8、形にならない表現部門の受賞作品、山岸玄武さんの「デュシャンの泉100年」の講演を聞きに行ってきたので、そちらをまとめました。現代アートという分かりにくいものを扱っているにも関わらず、講演は非常に分かりやすく、分からないものを楽しめる秘訣にあふれてましたよ^^

続きを読む
ページ:12345678...14