:::: MENU ::::

はじめての南米ブラジル生活が始まったよ!~レバノンと密接なブラジル

  • 1月 11 / 2020
  • はじめての南米ブラジル生活が始まったよ!~レバノンと密接なブラジル はコメントを受け付けていません。
  • ,
みじんこ体験, 世界のおもキカ!

はじめての南米ブラジル生活が始まったよ!~レバノンと密接なブラジル

Pocket

まだ着いたばかりでヘトヘトしかしてないんですが、レジデンスのディレクターさんがとても親切にしてくれて、快適に暮らしています。初日の様子などを軽くご紹介。

スポンサードリンク

レバノン系ブラジル人がとても多い

レジデンスのディレクターさんはレバノン人だそうです。調べてみるとレバノンからブラジルへの移住者はとても多く、1975年頃から起こったレバノンの内戦の影響もあり、非常に多くのレバノン人がブラジルで暮らしているみたいですね。

参考リンク  レバノン内戦(Wikipedia) ブラジルとレバノンの関係(Wikipedia)

こちらが現地で最初にいただいたレバノン料理。パンケーキみたいな感じなんですが、かけてあるのがナッツのような感じ。クリームチーズをつけて食べるみたいです。ジャムとかはちみつとかつけても美味しそう。パン自体はこれまでに味わったことがないもので、なかなか形容しがたかったですね。

町中には高いビルも多く、上の方に落書きがしてあるのがとても不思議。グラフィティアーティストたちの間では、いかに難しいところに描くか、みたいなのが競われているところもある、というような噂を聞きましたよ。

あと、レバノン系の病院は非常に質が高く、ブラジル全土の高度医療の発展を担っているんだそうです。中国やインドには西洋医学とは別の薬体系がありますが(中医薬やアーユルヴェーダなど)、そういうのはレバノンにはないみたいね。レバノンはフランス語かアラブ語が公用語。挨拶するときは「ハロー」「キーファ」「サヴァ」と3か国語ぜんぶまとめて言ったりすることもあるみたいです。最近ではレバノンでアートフェアなども開催されているため、ディレクターさんは定期的にレバノンに戻っているみたいでした。レバノンのアートフェアもどんなのか気になるね^^

ブラジルでの食事は豆がメインのようで、肉は主に牛肉とチキン。ポークや羊はあるけどそれほどたくさん食べないみたいでした。つくってもらったパスタが、めっちゃ太くて、中が空洞でマカロニみたいだったのはおもしろかったです。そしてとても美味しかった!(*´▽`*)

みじんこショップではブラジルのアーティスト・イン・レジデンス記事のスポンサーを募集中です!はるばるブラジルまで勇気を出してきたみじんこたちをぜひ応援してやってください^^

合わせて読みたい  記事スポンサーになれるページ Oumaの欲しいものリスト Ouma作品が買えるページ


みじんこは、暑さに弱いよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「溶けそうだよっ。」
「とろけるよー」

mijinconbi

Pocket