:::: MENU ::::

ブラジル・サンパウロの貧困地区ファベーラの様子

みじんこ体験, 世界のおもキカ!

ブラジル・サンパウロの貧困地区ファベーラの様子

今日は世界の車窓から。ブラジル・サンパウロの貧困地区、ファベーラをお届けです。

スポンサードリンク

行ってはいけないファベーラ

サンパウロ市内から滞在先となるレジデンスに移動する間に、ちょっと寂びれた感じの建物群がある場所を見かけました。聞いたところによると、これが噂のファベーラだそうです。調べてみたら観光ツアーとかもあるんですね。自分で行くのではなく、ドローンとかで遠隔で内部の様子を見るとかはしてみたい気はします。

参考リンク  ブラジルの貧民街「ファベーラ」観光ツアーの危険度

ブラジルの安全性、治安、みたいなので調べてくるとよく出てくるのが「ファベーラ」なんですが、とても危険なエリアで絶対に行ってはダメと言われています。

青いタンクが建物の上にいっぱい乗ってて、どうやら水をためるタンクみたいです。

ハイウェイから見るとけっこうあちこちにある感じなんですが、すごいのは、このエリアのすぐ隣に高そうな高層マンションが建ってたり、ちょっといい感じの3階建てくらいのおうちが建ってたりすること。ほんと目の前くらいにあるので、暮らしてる人たちはお互いどんな気持ちなんだろうと。

日本だって貧困の中で暮らしてた時期はあるはずで、どうやって今の暮らしになるまでがんばってきたのだろうと思うのですね。日本人の自分が10年がんばってできることと、ここに生まれ育つ彼らが10年がんばってできることって大きな違いがある。
そんな中で「アート」というものを伝えたいなとは思うんですよね。アートは原材料を問わないので、身の回りにあるものでつくることができる。アートと名乗らせることでそれは「売る」ことができるから。もちろん、売るのは簡単ではないけれど、麻薬や銃を売り買いするよりも工夫が必要な分、身に着くことが多いと思うのです。創ることは楽しいし、それが仕事になることが分かったら、きっとつづけられる。

今の自分では何の変化も起こすことができない、どうしようもないことなんですが、何に対しても「自分にもなんかできそう」ってみんなが自然に思える社会だといいのだろうか、とぼんやり考えたのでした。

みじんこショップでは記事のスポンサーを募集中です!

みじんこの旅を応援できるショップ  何も充実していないみじんこショップ in ブラジル 

Ouma作品を買ってくれるのが一番うれしいですよ!ブラジルにはたくさん折り紙をもってきてるのですが、ストックがこれで全部なくなってしまうので、また「Oumaの欲しいものリスト」こちらから送ってくださると最高に幸せです!

合わせて読みたい  Oumaの欲しいものリスト ギャラリータグボートのOumaページ


みじんこは、なんにもできないよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「しないよっ。」
「どうしようもないよー」

mijinconbi