:::: MENU ::::

中国で使えるウェブサービスとVPN、主に上海でおすすめのアプリなど

  • 3月 09 / 2019
  • 中国で使えるウェブサービスとVPN、主に上海でおすすめのアプリなど はコメントを受け付けていません。
  • , , ,
みじんこレビュー, みじんこ体験

中国で使えるウェブサービスとVPN、主に上海でおすすめのアプリなど

ご存知の通り、中国には万里の長城レベルのGreat Fire Wallが存在いたしまして、GoogleやFacebook、Twitterなどは使うことができません。1週間程度の短期滞在で便利なVPNアプリなどをご紹介。

スポンサードリンク

VPNアプリは「VPNネコ」1択

iOS限定になってしまうのですが、ダントツのおススメはVPNネコ。無料で利用でき、接続も良好。広告が出るくらい全然気にならないです。有料アプリを1週間の無料期間中だけ入れて試してみたことがあったのですが、全然つながらなかったことがあるので、現在はネコ様に依存です。有料アプリはアプリ削除するだけでは、登録情報が消えていないので、必ず登録解除すること(解除されていると思ってたのに、チャージされてしょんぼりしたことがあります)。

参考リンク  VPNネコ – 永久の無料, トラフィック無制限, 簡単にアクセス

中国国内で使えるウェブサービス

アプリでVPNをつないでいると、スマホでメールチェックはできるのですが、パソコンでの作業ができないんですよね。私は文章はキーボードで打ちたい派ですし、スマホの小さい画面で長文が一度に見られないのもストレス。ですが、下記のサービスは2019年3月現在、中国国内でも使えました!長文入力する際には、パソコンからEvernoteに書き込みして、スマホでコピペして投稿してました。
・Evernote
・Wordpress(ブログ更新もできたね)
・Slack

頻繁に行くなら持ってた方がいいメトロカード

中国はタクシーも安いのですが、それでも空港から市内までは1万円くらい(約45分~1時間)かかっちゃうんですね。一度乗り換えが必要ですが、2番線を使うと、正確な値段は忘れてしまいましたが、20元(約340円)くらいで上海中心部の南京東路駅まで着いちゃいます。荷物が多くてもなにしろまっすぐなので、座りっぱなしならあまり苦になりません(ただ2時間くらいかかる)。
中国のメトロは入り口で荷物検査があるので、そこはちょっと面倒ですが、節約するならおススメ。ただ、メトロカードが買えるところが限られているのと、チャージするのにWechat payやアーリーペイ、中国の銀行カードなどが必要。人民広場(People’s Square)でメトロカードが購入可能。チャージは南京東路の駅構内にあるコンビニで現金で行ってました。割と頻繁に上海に行くので、毎回、次の時を見越してちょっとチャージしています。

自転車好きならofo

自転車好きにおススメしたいのはofo。町中に置いてある黄色い自転車を自由に乗り、好きなところで乗り捨てられます。こちらも1時間くらい乗っても2元とかしかかからないので、ほぼ無料。駅から遠いところとかも自転車があると楽々だし、どこにでも乗り捨てられるので便利。ただし、ネットつながってないと使えません。

画材を買うなら福州路

中国は額装も安いのですが、キャンバスや画材も安い。上海だと福州路という通りが画材やさん通りになっています。いろんな紙があって歩いていても楽しいのでぜひ、チェックしてみてください^^


みじんこは、自転車が好きだよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「痩せるよっ。」
「痩せてないよー」

mijinconbi