:::: MENU ::::

台東区のDEN WORKSでアート作品設置の時の木の使い方を学んだよ。

  • 8月 19 / 2020
  • 台東区のDEN WORKSでアート作品設置の時の木の使い方を学んだよ。 はコメントを受け付けていません。
  • , ,
みじんこアート, みじんこの活動, みじんこレビュー

台東区のDEN WORKSでアート作品設置の時の木の使い方を学んだよ。

Pocket

2020年9月に参加する展示会の準備を進めているところです。町の人の力を借りて脚立を借り、今度は設置に使う木の相談をしてきましたよ。これまでは頑張って一人で制作発表してきたんですが、そろそろプロの手を借りて規模を大きくしたものがつくっていけたらと思っています。

スポンサードリンク

ちょうど作品設置に使う備品の購入を考えていたのですが、金属のちょうどいいサイズが見つからなくてですね。各所に問い合わせもしていたところなんですが、木を使うという選択肢を思いついて調べたら、こんな素敵な工房があったので、さっそく問い合わせてみました!

合わせて読みたい  木のプロフェッショナルとつくる空間 | DEN WORKS

どのくらいの太さがあれば吊り下げ展示に耐えきるのか、などが分からなかったので、まずは相談しに行くことに。古民家のような工房に専門の機材がたくさん!たのしい!

イギリスに留学経験もある家具職人の田崎さんに、制作プランを見てもらいながら、設置について相談させていただきました! 金属の時は4mm角の細いもので考えていたのですが、木でその細さだとたわんでしまうので、2センチくらいのほうがいいんじゃないかということ。 また、設置する際に気を付けたほうがいいことなどを紙に書きながら丁寧に教えていただきました!(すごくありがたい!)

さすがプロだなぁと思った点としては一度も「それじゃできないですねー」っていう言葉がなかったところ。 一人で展示設置する予定なのと、専門用具を持っていないなどのことがあって、現地でスクリューで木を留めるとかが私にはちょっと難しいのですね。

一人で対応できる範囲の簡単作業でなんとかしたい。
予算が高くなりすぎない範囲で美しい木を使いたい。

そういう私の希望に合わせて「それならこうするのがいいですよ」という提案を次々に出してくれたんですね。また、「両面テープで留めると、照明の温度によっては粘着が弱くなる可能性があるため、釘などで留めておいたほうが安心」などのように、こちらが思いつかない注意点を事前にいろいろ教えてもらえたのには本当に助かりました!

工房内にある木でよければすぐに作って持ち帰れるようにしてくれるとのことだったので、そのまま待っていることに。

危険な機械を取り扱うので、ちょっと離れたところにいてください、という指示をいただき、遠目から作業を拝見させていただきました。
(撮影と掲載の許可もいただきました!)

今回使っていただいた木はウォールナット。合板と違ってどの面から見ても木の模様が出てて美しい!削りカスのパリパリしてるのもなんか使えそうでしたね。

もう一つ教わったのは、木の反りについて。木の特徴としてまっすぐ切ってもちょっと反っているんですって。なので、設置の前に木の反りの方向を見て確認し、膨らむ方向が上に来るように設置するとちょうどよくなるそうです。

絵にするとこんな感じ。重みがかかった時にちょうどよくなる感じですね。なるほど!

あともう一つ、肝が冷えるほど助かったのは、オーダーより少し長めの1700mmで作ってくださったこと。 オーダーした時は1650mmで作ってくださいと言ってしまったのですが、1650が展示スペース「内」のサイズだったため、それよりちょっと長く作ってもらわないと、展示スペースの壁にかけられなかったんですね。

切っていただいたのが全部ムダになるところでした、、危ない。。!

木にしろ金属にしろ、ちゃんと勉強していないと、その性質はぜんぜん分かりません。たぶん、プロと比べたらびっくりするほど分かってないと思うのです。そもそも、どの木がどのくらい固いとか、特性がどうとか、ぜんぜん分かんないですよね。ヒノキがちょっといい匂いするなーくらいで。
素人には「木を選ぶ」っていうことすら難しいのが本音だと思います。

独学でアートを始めた場合には、技術的には圧倒的なハンデがあります。この技術的なハンデっていうのは、いってしまうと「アイデアのハンデ」なんだと思っています。 この技術があればこんなことができるっていうのは、知らないと想像することすらできません。プロに頼むにしても「何ができるか」が自分に分かっているか分かっていないかで、作品づくりのアイデアに制限がかかってしまう可能性があります。
プロに力を借りる良さは、自分一人では思いつかなかったところまで、アイデアが広がるところだと思っています。

今回相談に乗ってくださった田崎さんは、聞かれたこと以上の状況を想像し、私が現地でおろおろしないように、いろんなアドバイスをしてくださる方でした!今後もずっと役に立ちそうな設置のコツなども教えていただけたのは本当にありがたい!
私はもともと紙をメインで使う作家なので、木とはとても相性がよさそう。また何かあれば相談させていただきたいです。

木の素材によりますが、自分で木を持ち込めば、ワンカット100円~やってくれるみたいです。 一生もののオーダーメイド家具をつくってみたい方にもぜひおすすめ!自分の想いを尊重した家具を一緒につくれると思いますよ!

合わせて読みたい  オーダー家具 | DEN WORKS

みじんこを応援してくれる人はこちらをチェック!  ギャラリータグボートのOumaページ みじんこショップ


みじんこは、がんばってるよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「すごいのできたいよっ!」
「つくりたいよー」

mijinconbi

Pocket