:::: MENU ::::

エストニア南部の村Moosteでのフォーク音楽祭~フリーマーケットに斧登場

みじんこレビュー, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

エストニア南部の村Moosteでのフォーク音楽祭~フリーマーケットに斧登場

ふだん全然人がいない町にたくさんの人が!年に一度のフォーク音楽祭が開催され、町がとても賑やかに!お祭りはどこの国でも楽しいですね^^ いろんな人とじっくり話ができて、すごく楽しかったです。珍しい楽器もいろいろ見られました。お祭りの様子をご紹介です!

スポンサードリンク

2日間にわたって行われたMoosteフォーク音楽祭。2日目の夜は16組のバンドによる音楽コンペ。課題曲1曲と自由曲1曲によって競います。課題曲はこちら↓ロックのアレンジバージョンはこちらからご覧ください。

参考リンク  MOOSTE ELOHELÜ

みんなおんなじ感じに歌うのかと思ってたんですが、最初の1組はなんかテクノっぽい感じだったし、ロックもあったし、アカペラもあり、コントっぽい感じ?になってるやつとか、アレンジもいろいろでしたね。おもしろかったですね。

写真のバンドは日本にツアーに来たことがあるみたいですよ!バンド名は「Fränder」

参考リンク  Fränderのサイト

スースースーヌーヌーヌーの歌。コンペの合間に歌われてました。基本的に司会進行やバンドの挨拶はエストニア語っぽいのですが、たまにバンドでエストニア語が話せない人がいて、そういう方たちは英語で話してくれます。

初日の演奏者のバンドも普段見かけない楽器を使ってて興味深かったです^^ 来年、もしもエストニアにいらっしゃることがあればぜひ、開催時期などチェックしてみてください。車で来るのがお勧めです!

フリーマーケットやフードの様子

日中はフリーマーケットや屋台が出てにぎやかに。レジデンス先のMoKSもオープンスタジオしてまして、私も塗り絵と折り紙のワークショップをさせていただきました^^ 参加してくださった方、感謝です!日本から折り紙を買ってくださった方も^^ おかげさまで安心してバンバンプレゼントできます^^


こちらの青い服で踊っているのはプルノと呼ばれるエリアから来た人たちのよう。エストニアの民族衣装だそうですよ。

フリーマーケットには斧やウサギさんも!

屋台では豚肉の串焼きとか、赤いハンバーグとか。赤いのはビーツかなぁ。ちょっと離れたところで羊のスープの屋台が出てました。こちらではホームメイドのアップルサイダーの販売も。エストニアでアップルサイダーを非常によく見かけるのですが、名物なんですかね。

串焼きは中が73度以上になってることを確認してから出すそうです。たまに塩水を霧吹きでかけて肉を柔らかくしながら味付けるよう。鶏と豚と両方食べたいから、ミックス串をつくればいいのにーと提案しましたが、鳥はすぐ焼けるけど、豚はちょっと時間かかるから一緒だと難しいみたいね。短く半分ずつなら両方食べられてお得感あるんだけどなw

最後にこちら。全16組のアーティストさんが歌い終えて、審査結果を待っている間、外で人々が歌ってたんですよね。すごく美しいなと思ったので、ご紹介しておきます^^

合わせて読みたい  エストニアとロシアに分断された少数民族セトはどうやって差別を乗り越えたのか エストニアのセト民族とキリスト復活祭(イースター)~神道に近い宗教観がある日本との共通点


みじんこは、主題歌を募集してるよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「歌詞はワラワラだよっ。」
「ワラワラだよー」

mijinconbi