:::: MENU ::::

エストニアの小学生は日本に対してどんなイメージをもっているのか聞いてみた

  • 3月 28 / 2019
  • エストニアの小学生は日本に対してどんなイメージをもっているのか聞いてみた はコメントを受け付けていません。
  • , ,
みじんこアート, みじんこの活動, みじんこ体験

エストニアの小学生は日本に対してどんなイメージをもっているのか聞いてみた

エストニアからこんにちは!ライフワークになってるアートプロジェクトSORAのワークショップをエストニア南部の小学校で行ってきました。絵を描いてもらう前に、日本のことを知ってるかどうかを聞いてみましたよ。

スポンサードリンク

邸宅を改装してつくられた学校

今回、おじゃましたMooste Mõisakoolは、もともとは現地の領主さんの邸宅だったようです。100年くらい前に学校に改装され、今は近隣の小中学生100人くらいが通っています。ワークショップに参加してくれたのは2、3年生の合計13人です。

参考リンク  Mooste Mõisakool(学校のホームページ)

子どもたちに日本のイメージを聞いてみました

「竹!」→竹かぁ、よく知ってる(その子は日本に来たことがあるんだそうです)
「闘牛!」→ん、たぶんそれ日本じゃない!
「寿司!」→いいね、正解!
「パンダ!」→中国と混ざってる!

日本の子どもたちにエストニアのことを聞いてもたぶん、ほとんど分からないと思うのですが、逆も同じ。私は自分が実際にヨーロッパに来るまでは、地理関係も全然わかんなかったです。実際に来てみてやっと場所が分かった感じ。

なんか質問はありますか?

「スペイン語しゃべれる?」→んなわけない。
一応、Muchas Gracias(ありがとう)、Por favor(プリーズ)くらいは言ってみましたが、聞いた子のほうがきょとんとしてました。分からんのに聞くのかw

給食の時に子どもたちが私の帽子をかぶって遊んでました。エストニア語もちょっと教わったけど、発音が難しすぎる、、そして長い。。(フィンランド語もそうみたいですね)

次回はワークショップの様子や学校内のことをご紹介しますよ!
※写真は公開許可を撮ってます。子どもの写真のコピーライトは国によってかなり違いますが(スリランカ、タイ、フランスなどはゆるい)、ここではOKみたいですね。(タリンだとまた違うかもしれません)

活動経過はこちら  世界中の人とつくる1つのアート「SORAプロジェクト」


みじんこは、エストニアが好きだよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「楽しいよっ。」
「出会えたよー」

mijinconbi