:::: MENU ::::

日本は本当に安全な国なのか~辛くなったら海外に逃げて引きこもろう

  • 4月 02 / 2019
  • 日本は本当に安全な国なのか~辛くなったら海外に逃げて引きこもろう はコメントを受け付けていません。
  • , , ,
みじんこアート, みじんこレビュー, みじん講義

日本は本当に安全な国なのか~辛くなったら海外に逃げて引きこもろう

エストニアに来てからエストニア人さん、エストニア滞在15年のアメリカ人さんなどに「日本ってケタ外れに安全だよね」って言われる。Moosteはエストニアでもかなり田舎で、みんなお互い知り合いみたいな感じだから犯罪もほとんどありません。でも、首都タリンは以前は強盗とかもけっこうあったみたい(今はほとんどないとのこと)。 殺人みたいな凶悪犯罪は確かに少ない。でも、自殺率が高い日本は「住む人たち」にとって本当に安全なのか、を考えてみました。

スポンサードリンク

殺人事件発生率が196ヵ国中、194位

「世界の殺人発生率 国別ランキング・推移」の記事を見ると、2016年の殺人事件発生率が日本は196ヵ国中194位。196位の国は件数0ですが、日本もほぼゼロってこと。日本の人口を考えるとこれはかなりすごいですね。私は以前、電車内で爆睡して新しいスマホ(iPhone)を落としてきたことがありますが、駅にちゃんと届いていて無事に戻ってきました。この話をニューヨークでしたら、日本は「クレイジーだ」とw

しかし、みなさんご存知の通り、日本は自殺率が世界トップクラスです。2016年のデータでは世界ワースト6位。ちょっと古い2015年のデータになりますが、グラフになっていて分かりやすいのがこちらの記事「世界の自殺率 国別ランキング・推移」2018年の日本での自殺者は2万598人。毎日56-57人が自殺している計算になります。お、多くない、、?

手を下さない殺人ではないのか

これらのデータから、日本では実際に手を下して殺人を犯す人は少ないけど、死にたくなる状況に追い込まれる人は多いということ。・・・これって実は殺人と同じじゃないの?殺人事件が少ないから、海外から来る人、旅行者にとっては安全でいい国だけど、「住む人」にとっては、本当に安全・安心な国と言えるのか。行き詰まりを感じることが多いのでは。

海外に逃げ出してアーティストと名乗ろう

今でこそ海外暮らしが好きな私ですが、英語も話せない、海外旅行経験もほぼなし、の時には外国というものが怖くて怖くて仕方ありませんでした。私は人生で二回、獣医師を辞めたことがありますが、最初に辞めた時は「英語を勉強する」という名目でオーストラリアに9か月住んでいます。人生2度目の海外だったわけですが、そこで感じたのは「何もしていない」自分が普通だということ。大学も出て働き盛りの時期に、働いていないとなんか本当に申し訳ない気持ちになってしまい、割とまじめっこ性格の自分はその状況だけで落ち込んでしまうのですが。。海外だと「特に何もしてない」人っていっぱいいるんですよね。大して熱心に活動していない自称アーティストもいっぱいいる笑。でも、海外にいるというだけで、なんとなく体裁はいいじゃないですか。社会勉強的な名目が立つことで、自分の心も落ち着く
あと、日本の田舎と比べ、海外の田舎ってWifiが繋がるところが多いです。エストニアのMoosteもルーマニアのシギショアラも、ドイツのホーエンシュタインも。120人しかいない村みたいなとこでもWifiはふつうに入る。そんなわけで言いたいのは、引きこもるなら日本でなくて海外のほうがいいってこと。ビザなし滞在ができる3か月マックスくらい、海外に引きこもってネットでYoutube見たり漫画読んだり、Twitterやったりしてればいい。あとは折り紙くらいは持っていくといい。折り紙で鶴を折るだけで、人気者になれる。名前を漢字で書くだけで大喜びしてくれる。職業を聞かれたら、とりあえずアーティストって言っておくといい。なんか描いてって言われたら、とりあえず難しそうな漢字を書いておくといい(※中国系の人には通用しないので注意)。
渡航費・滞在費はpolcaやクラウドファンディングで集めるか、30万くらい親に出してもらう、あるいは親戚に出してもらう。空港でUber呼んでAirbnbとかで探したおうちに直行できれば、あとはずっと、家から出なくていい。

私が海外暮らししている時、特に着いたばかりの時には日本にいる時よりは周囲に気を配って(警戒して)暮らしています。でもまぁ、外に出なければ危ない目に遭うことはほぼないです。タンザニアを単独取材旅行していた時は1ヵ月で7キロ体重が落ちましたが、危ない目に遭うかもしれない、と常に警戒しながら暮らすっていうのは本当に疲れる。だから、そういう気苦労のない日本は「安全」という財産をみんなが享受できる素晴らしい国です。でも、これだけ自殺率が高いということは、そういうプレッシャーのある環境で自分たちが生きているということ。日本に「住む」人はそれだけで頑張っているのだと自覚してもいいかもしれない。そして、どうしても辛いーってなった時、逃げ出す選択肢の一つとして「海外」を入れて欲しいなって思います。


みじんこは、楽して生きたいよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「楽しく暮らしちゃうよっ。」
「楽を追求しちゃうよー」

mijinconbi