:::: MENU ::::

あいちトリエンナーレ2019よりアンナ・ヴィット作「60分間の笑顔」について

みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

あいちトリエンナーレ2019よりアンナ・ヴィット作「60分間の笑顔」について

あいちトリエンナーレの作品をちょいちょい紹介していくシリーズ。今日はドイツのアーティストさん、アンナ・ヴィット作「60分間の笑顔」について。

スポンサードリンク

その笑顔は強制されたものなのか

60分間の映像作品。フォーマルなスーツで立っている人たちを写し続けています。

参考リンク  「60分間の笑顔」(あいちトリエンナーレ2019) Anna Witt

60分間見ているほうも見続けていられないという作品なわけですが(笑)、私が見に行った時にはすでに左から三番目の女性は全く笑ってなくてですね。ずっとニッカニカ状態をキープしてる人はプロやな!って感じしました。

60分間笑い続けるってなかなか難しいと思うので、笑顔はつくれたとしても本当に楽しくて笑っているかどうかっていうと、やっぱりそこにはウソが入ると思うんですよね。じゃあ笑顔じゃないものは。たとえば、憎しみでも恨みでもいいんですが、同じ感情を60分間もち続けることができるかっていうと、けっこう難しいですよね。瞑想みたいなもので、感情そのものをもたないってことは長時間できるかもしれない。計ったことはないけど、同じ感情なら、けっこうポジティブな感情のほうが維持しやすい気がするんですよね。何かが好きだったり、思い出し笑いして幸せになってたり。どちらにしろ、内からくる自然な感情でないと維持は難しいと思いますが。とはいえ、笑う門には福来るというように、無理やり笑ってるだけでいいことがあるのも経験的な事実。強制ってなんだろう、感情ってなんだろうっていうことをそこはかとなく考えましたよ^^

アンナさん、前橋に滞在してたこともあるみたいですね。あいちトリエンナーレのサイトに作家HPへの直リンクがないので、それは貼ってほしいですよねー。日本語サイトに英語表記も併記してくれてたら関連情報も探しやすいのに。こういうところは次は改善してほしいです。
あいちトリエンナーレは、2019/10/14までやっているので、間に合う方はぜひ!

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ


みじんこは、笑顔を維持できるよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「にっこにこだよっ!」
「ニコニコだよー」

mijinconbi