:::: MENU ::::

オープニングで販売作品を無料配布する前代未聞の展覧会「无限循环」in上海

みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ企画実績, みじんこ体験

オープニングで販売作品を無料配布する前代未聞の展覧会「无限循环」in上海

ギャラリーというのは、アート作品を展示する場所でありながら、販売する場所でもあります。ギャラリーは作品販売の収益によって運営費を賄っているし、アーティストも同じくです。作品が売れなければ、作品制作どころか、生活することすらできなくなってしまいます。それを無料配布してしまったのが、景秋とOumaによる個展「无限循环」

スポンサードリンク

作品無料配布は景秋さんのアイデア

展覧会準備が整ってきたある夜、秋さんが「あなたがイヤなら全然いいんだけど、作品を配るってどうかしら?」と提案してきた。秋さんは以前やった別の展覧会で「同じ模様の石を探す」という体験も気に入ってくれていて、私が「体験」をつくるアーティストだと知っているので、それが分かった上での提案だと思う。通常、私のインスタレーション作品は触ったり破ったりでき、訪れた人が作品に関わることで形を変えていくものが多い。大きなお祭りの前に、町全体がワクワクするエネルギーに包まれるみたいな「場」をつくることをいつも考えている。作品「系統樹」の裏にはナンバーが書かれており、そのナンバーが隣り合っていれば、持っている作品がつながるということ。オープニングに来てくれた人たちの間で、作品を通じたコミュニケーションがわき起こる。オープニングでは用意していた120枚の作品はすべて配り終え(途中で追加した)、会場もハッピーなエネルギーでいっぱいになった。中国SNSのWeChatのタイムラインが湧きまくったよう^^

ギャラリーは通常、作品を売って生計を立てているわけだし、飾ってある作品を配っちゃうなんて前代未聞だ。でも、アートが「これまでの視点を変えてくれる何か」だとするなら、展覧会だって同じだ。作品は時に、高価な額で飾られ、高尚そうな面構えで壁にかけられる。まるで、見に来た人よりも作品のほうがずっと大事みたいに。作品は大事だよ。でも、見に来る人が一人もいないなら、そこに「価値」は生まれるだろうか。
「系統樹」はすごくシンプルな作品だ。1点だけ見たらすごくちっぽけで誰も足を止めないような感じにつくられている。それは世界と比べた人ひとり分の表現。作品全体が巨大になればなるほど、1点なんてゴミみたいに小さくなる。それでも、もし人に想像力があるなら、この1点から繋がる膨大な世界をちゃんと想像できるはず。この作品1枚の裏に、たくさんのヒトの連鎖があるってことを。
今回のキュレーターのPeter HAGANによると、秋さんは「Why」Oumaは「How」の視点から同じものについてアプローチしているのだという。愛情深い秋さんは最初から、私をに対して家族を愛するように接してくれた。今回は秋さん宅に泊めてもらって、一緒のベッドで寝てたんだけど、ますます好きになったよ!
私は家族との繋がりが薄かった分、世界の誰か、不確かなものに繋がりを求める傾向がある。作品の隣を持つ人が誰か分からなくても、そういう人がいるのだ、という事実が、私を十分に幸せにしてくれる。世界をつくっているのは私たちであるということ。それが理屈でなく腑に落ちるといいなと思う。私は誰かをささやかに助けられるし、世界のどこにいても助けを呼べる。それはみんな同じ。声を上げられるし、声を上げていい。
すでに買ってくれた人たち、タダで配っちゃってごめんなさい。でもきっと、これまで買ってくれた人たちは、この作品が示したい未来をきっと理解してくれると信じてます。Give First, Love First。秋さんがオープニングの前に言っていた言葉。与えることによる連鎖は、もっと大きくなってきっと自分たちに還ってくる。ありがたいことに、今回、オープニングで配ったのに、さらに友達同士で買ってくれた人もいましたよ^^
それに価格はまだ安いけど、最初に売った時と比べ倍くらいになってるので、売ったらモトが取れるはず。いつか、森美術館とかで大きく展示された時、うちにある作品が飾られてるーっていうのを一緒に楽しめるといいなぁ。それと、偶然出会った人がこの作品をもっていて、それがきっかけで付き合い始めたとかいうリアルなことが起こるといいな。そういう風に、世界の人をつなぐ作品であってほしい。私たち、という集合性が静かに実感できるように。たとえ目に見えなくても。

参考リンク  「系統樹」について/Oumaのホームページ IINNOO gallery

作品「系統樹」は日本からでも購入可能。価格は1点250元~(約4200円~/ポストカードサイズ)+送料です。数枚単位でのバラ売りはこちらの壁から↓。このへんの拡大画像がほしいーという方がいたら、写真撮って送ってもらうので、お問い合わせページかFacebookかTwitterか、なんらかの手段でメッセージをください!ぜひ、夢みる仲間になってほしいよ!そして何より、秋さんのギャラリーを長続きさせたいよ!こんなに愛情のある人のギャラリーを、次の世代にも残したいよ!

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ


みじんこは、秋さんが好きだよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「一緒にがんばるよっ。」
「家族だよー」

mijinconbi