:::: MENU ::::

新作「病気になった絵」というタイトルの写真~正常と病変の境界について考える

  • 9月 08 / 2019
  • 新作「病気になった絵」というタイトルの写真~正常と病変の境界について考える はコメントを受け付けていません。
  • , , ,
みじんこアート, みじんこ企画実績

新作「病気になった絵」というタイトルの写真~正常と病変の境界について考える

新作をみじんこショップで販売開始したので、その解説を^^。

スポンサードリンク

病気なのは写真か絵か

「病気になった絵」
Pen and Acrylic on photo, 102×153㎜, 2019
北フランスにある僧院の写真に描かれた細胞画。 この作品の病変部位はどこか。

作品販売ページ 「病気になった絵1」(みじんこショップ) 「病気になった絵2」(みじんこショップ)

作品の主体が「写真」だった場合、写真を侵しているのは「絵」である。しかし、「絵」が主体であった場合、写真部分は単に余白と考えることができる。本作の病変部位はどこなのか。正常部位と病変部との関係性を表した作品。

こちらの作品は「みじんこショップ」で購入可能です。Ouma作品は日本のギャラリータグボートさんでも取り扱っていただいているので、こちらもぜひ!よろしくお願いします^^

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ ギャラリータグボートのOuma作品販売ページはこちら


みじんこは、健康だよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「ずっと病気だよっ!」
「正常だよー」

mijinconbi