:::: MENU ::::

ブラジルのアーティスト・イン・レジデンスKaaysa Art Residency~先住民に会える!

みじんこアート, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

ブラジルのアーティスト・イン・レジデンスKaaysa Art Residency~先住民に会える!

今日も引き続きみじんこレジデンスのスポンサー記事のオーダーから、Kaaysa Art Residencyの様子をご紹介です!

スポンサードリンク

プログラムの詳細

1か月のプログラムですが、参加日程は人それぞれ(基本は規定の1か月推奨)。さっそくミーティングがあり、アーティストそれぞれが自己紹介とレジデンスに期待することについて要望を伝えました。

合わせて読みたい  ブラジルのアーティスト・イン・レジデンスに参加しよう!~Kaaysa Art Residency Kaaysa Art Residency

私はもちろんSORAプロジェクトの実施をお願いしました!地元の学校や先住民のコミュニティなどでワークショップができるように手配してくれるようです。持参している画材は寄付、またいつもみたいに折り紙をたくさん残してきます!今回は千代紙の束をもってきてますが、北斎の折り紙が人気なのでどなたか寄贈してくださる方がいると嬉しいです。(活動はずっと続くよ!)

合わせて読みたい  Oumaの欲しいものリスト(折り紙はいつでも欲しいです!) SORAプロジェクト

レジデンスのオーナーに交流プログラムとしてメディアに紹介するとレジデンスの紹介にもなっていいですよ!と連絡したところ、友人メディアに連絡したり、地元市議会などにも連絡してくれるとのことでした。あちこちに紹介されると、参加してくれた各国の学校とかに連絡した時もとても喜んでもらえます。現在、Kaaysaはアーティストがお金を払って参加する形式なんですが、今後は企業などからスポンサーを募ってアーティストを無料招待できるようにしたいと考えています。そういう時、こういう交流プログラムが活発に行われていることが示せると、レジデンスとしてもスポンサーを説得しやすいと思うのですね。Kaaysaの参加費用が無料あるいは渡航費助成などされるようになれば、海外からアーティストもきやすくなる。
すでに多くの人たち、多くの国で参加している分、どんどん活動がやりやすくなっています。SORAプロジェクトをきっかけに、地元のアート団体の活動にもプラスになると最高ですよね。そしてどっかの大きい美術館でぜんぶ展示できるほどのオファーをもらえるようになりたい!

現地プログラム

1か月の間の基本プログラムとしてはこんなものがあります。

  • 先住民のコミュニティへの訪問
  • 生物学者と一緒にフォレストウォーク
  • 人種差別問題に取り組むライター(小説家、詩人)とのトーク
  • アーティスト同士のプレゼンテーションやアクティビティ
  • サンパウロのギャラリーでの展示(いつ行うかは不明)

先住民というのは、現地ではIndigenousと呼ばれています。ネイティブブラジリアンあるいはネイティブって言ってもほぼ通じないです。じゃなければインディアンと言えば通じるし、現地でもまだそう呼ばれていますが、差別的な言葉であるという理由から今後はIndigenousと呼ぶのがいいかもしれませんね。私はこれからはIndigenousで統一表記しますです。
すごく近くに地元の人が楽しむ滝があり、自然がいっぱいなので生物学者さんと一緒に森を歩けるというのもとても魅力的。途中の看板にどや顔のナマケモノみたいなのがいて、本人に会いたくて仕方ない気持ちなのです。うーん、かわいい!ただ、コミュニティ訪問と森林ウォークは雨の日だとできず、夏は雨が多い時期なので、いつ実施されるかはわかりません。天気との相談になります。

専門家とのトークとして、今回は人種差別について研究してるライターさんと会えるようです。ほかのアーティストさんたちと人種差別について話したのですが、黒人差別というのもどこかしらにあるよう。差別をする側も、自分が差別をしているという意識がなく、本人は差別はいけない・キライと思ってるので難しいんですよね。「差別してるやん!」って指摘することは簡単だけど、そう言われて「そうでしたすみません」ってなるわけもない。
みんなにとってハッピーな解決法として、まずは「使う言葉をいいイメージのものに変える」っていうのがあると思うのですね。「治療としての言葉」というのを現在の私は考えています。

共用のキッチンスペースはこちら。部屋に自分の冷蔵庫とテレビはあります。冷蔵庫に入れる必要があるものは自分の部屋の冷蔵庫に入れてるのですが、冷蔵庫の冷たさが微妙なので、肉類は冷凍室につっこんでます。

シェアアトリエはこんな感じ。屋外のスペース(庭)はとても広いので、屋外作業とかする人はいいかも。私も屋外作業中なんですが、虫が突然飛んできて、ボンドとか絵の具の山に埋まるのは見てて切ないです。。

1階の部屋を選ぶとハンモックが常備されてたり。

庭でココナッツやバナナが採れるのが置いてあって、たぶん食べていい感じ^^

みじんこショップでは記事のスポンサーを募集中です!

みじんこの旅を応援できるショップ  何も充実していないみじんこショップ in ブラジル 

Ouma作品を買ったり欲しいものを送ったりして応援してくれる方はこちらお願いします^^

合わせて読みたい  Oumaの欲しいものリスト ギャラリータグボートのOumaページ

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ


みじんこは、活動してるよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「動き始めたよっ。」
「がんばるよー」

mijinconbi