:::: MENU ::::

Category / みじんコンテンツ

  • 7月 26 / 2020
  • 分業時代のマンガ制作~文章で表現することと絵で表現すること はコメントを受け付けていません
みじんこの活動, みじんコンテンツ, みじんこ企画実績

分業時代のマンガ制作~文章で表現することと絵で表現すること

自分の物語がマンガ化・映像化されたところが見たい!ということで、絵の描ける人にネーム制作をお願いし、Twitter持ち込みすることを目指しています。

続きを読む
  • 7月 24 / 2020
  • 分業時代のマンガ制作~絵で伝えられないとシナリオはそれだけで無に帰る はコメントを受け付けていません
みじんこの活動, みじんコンテンツ

分業時代のマンガ制作~絵で伝えられないとシナリオはそれだけで無に帰る

自分の物語がマンガ化・映像化されたところが見たい!ということで、絵の描ける人にネーム制作をお願いし、Twitter持ち込みすることを目指しています。

続きを読む
  • 7月 20 / 2020
  • 分業時代のマンガ制作~シナリオ担当がチェックするといいこと はコメントを受け付けていません
みじんこの活動, みじんコンテンツ, みじんこ体験

分業時代のマンガ制作~シナリオ担当がチェックするといいこと

絵は描けないけどマンガ原作をしてみたい!ということで、絵の描ける人にネーム制作をお願いし、Twitter持ち込みすることを目指しています。

続きを読む
  • 7月 19 / 2020
  • 分業時代のマンガ制作~マンガに重要な「キャラの組み合わせ」を考える はコメントを受け付けていません
みじんこの活動, みじんコンテンツ, みじんこ企画実績

分業時代のマンガ制作~マンガに重要な「キャラの組み合わせ」を考える

絵は描けないけどマンガ原作をしてみたい!ということで、絵の描ける人にネーム制作をお願いし、Twitter持ち込みすることを目指しています。今日は「キャラクターづくり」のお話です。

続きを読む
  • 7月 14 / 2020
  • 分業時代のマンガ制作~キャラクター設定で必ず伝えないといけないこと はコメントを受け付けていません
みじんこの活動, みじんコンテンツ, みじんこ体験

分業時代のマンガ制作~キャラクター設定で必ず伝えないといけないこと

自分の考えた物語がマンガや映像になってほしくて、絵を描ける人にネーム化をお願いして持ち込みを目指しているところです。

続きを読む
  • 7月 14 / 2020
  • 分業時代のマンガ制作~登場人物の感情やキャラ設定は分かりやすく伝える はコメントを受け付けていません
みじんこの活動, みじんコンテンツ, みじんこ企画実績

分業時代のマンガ制作~登場人物の感情やキャラ設定は分かりやすく伝える

小説家になることは無理そうだけど、「自分の物語が絵になってるところが見たい!」というわけで現在、お世話になってる人に泣きついてネーム制作をお願いしてるところです。

続きを読む
  • 7月 14 / 2020
  • 分業時代のマンガ制作~マンガ原作(シナリオ担当)とネーム担当の役割分担について はコメントを受け付けていません
みじんこの活動, みじんコンテンツ, みじんこ企画実績

分業時代のマンガ制作~マンガ原作(シナリオ担当)とネーム担当の役割分担について

昔は小説家になりたいなと思ってたんですが、割と電子書籍が好きなので、紙で出版したいという欲求があまりありません。自分で考えた物語が完結まで書ければ満足、になりました。短編童話を300本くらいなんかの賞に応募して全部ダメだったことがあるので、もはやそれが売れるみたいなのは全然目指してなくて(諦めてます)。
今は物語をマンガ化するために試行錯誤しているのですが、そのあたりのお話をご紹介です。

続きを読む
  • 7月 06 / 2020
  • オリジナルの飴をつくってもらう幸せ~ワイズパントリーさんの技術がスゴイ はコメントを受け付けていません
みじんコンテンツ, みじんこ企画実績

オリジナルの飴をつくってもらう幸せ~ワイズパントリーさんの技術がスゴイ

Facebookって定期的にすごく昔の投稿が思い出として表示されるんですよね。唐突に出てきた7年前の投稿に「オリジナルの飴」がありました。

続きを読む
  • 7月 01 / 2020
  • アフターゾンビ時代のアートと日常を考える はコメントを受け付けていません
みじんコンテンツ

アフターゾンビ時代のアートと日常を考える

ゾンビの存在が当たり前になり、ゾンビの存在を考慮した社会設計が必要になってきました。もはやゾンビ時代の到来は確実なのですが、まだ世の中にはゾンビを完全に駆逐できるんじゃないかと信じている部分もあります。非ゾンビ時代からゾンビ時代へ。ウィズゾンビの価値観を我々は受け入れざるを得ません。しかし、いまだどこかに残るゾンビへの恐怖。ゾンビ時代のシフトをスムーズにするために、アートは何ができるのか。現実に存在するアート作品から考えてみました。

続きを読む
固定ページ:1234567891011