:::: MENU ::::

韓国テジョンで韓国人・日本人にいろいろ聞いてみたよ

  • 7月 20 / 2019
  • 韓国テジョンで韓国人・日本人にいろいろ聞いてみたよ はコメントを受け付けていません。
  • , ,
みじんこTALK, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

韓国テジョンで韓国人・日本人にいろいろ聞いてみたよ

二国間の関係についてはなかなか複雑な問題、心情が絡んでいますが、国としてどういう主張になっているか、の裏にたくさんの「個人の思い」があるわけで、なるべくいろんな人と正直な気持ちを話し合いたいなぁと考えています。今日はいくつか現地で聞いてきたことと、私自身の率直な感想をお届けです。

スポンサードリンク

韓国に暮らす日本人へのインタビュー

韓国の人と結婚して地元で長く暮らしている日本人の方と話したのですが、近所付き合いがしっかりある場合には大丈夫だけど、そんなに近しくない人たちとの関係性はちょっと心配とのこと。あとはお子さんがいらしたようなので、お子さんのことはどう思うかと聞いたら、子どもがいじめられないかどうかは心配しているようでした。

Ouma感想:人によると思うのですが、2019年7月現在の状況で韓国に暮らす日本人としては不安が生まれてしまう気持ちはぜんぜんわかります。韓国側のニュースだけ見てるとなかなか鬱ですし笑(感情的な表現が多い気がしてます)。あとは特にお子さんがいると、自分のことではないので心配になるのは分かるなぁと。同じ立場で日本で暮らす韓国人のことも気になるのですが、こういう状況だからこそ、ぜひ、日本で暮らす普通の韓国の人たちには親切にしてほしいなと思います。なんかあるわけじゃないんだけど、ニュースだけ見てると不安にはなってしまうんだよ。

韓国人へのインタビュー1

アジアの人はみんな韓国人と同じ思いをもってるのかと思ってたが、ベトナム人と話した時に「日本には何も感じていないけど、韓国人はキライ」と言われて驚いたことがある。ベトナム戦争の影響だし、私たちも同じことをベトナムの人たちにしている。歴史についてどれが正しいなんてふつうの人は言えない(分からない)ですよ。だから、こういうことを突き詰めるよりももっと違うこと、楽しいことに自分の人生を使いたい。今の韓国では、日本に旅行に行く予定があったけど、周りの人に「なんで日本に行くんだ」と言われそうだと気にしてしまい、行くことを隠さないといけないような雰囲気もある。私はそういう状況が本当に好きじゃない。楽しいことは楽しいのだと何も気にせず言いたい。

Ouma感想:BTSの原爆Tシャツ問題の時にもなかなか燃えましたが、純粋にそれを楽しみたい人、好きな人がこそこそしなければならない状況っていうのはあんまり幸せなことじゃない気がしますね。BTSの原爆Tシャツについては、そんなTシャツをつくる神経が信じられないって言ってた韓国人もいました(私から一応、悪い意図のつもりはなく、こういった歴史の流れがあったことについて、興味を持ってほしいという意図だったようだよ、という見方も伝えたんですが、それでも絶対ダメ、という姿勢でした)。台湾とか親日なんですよねぇ。台湾人にとっては中国のことをもっと脅威と感じているような印象です。

韓国の年配の人たちは現在の韓国政府(文在寅政権)が好きではない。その理由は文政権が北朝鮮に非常にフレンドリーであること。年配の人たちは、北朝鮮に支援を送れば、また戦争が始まるのではないかと心配している。ただ、若い人たちには人気の政権。最近、失業率が下がっているのでちょっと支持率は落ちてきているかも。
朝鮮戦争については中国とロシアが北朝鮮を支援したことで始まったと考えている。38度線で分かれたのはアメリカのせい。韓国の民主化運動は主に反米運動として始まっている。

Ouma感想:上の世代のほうが北朝鮮への支援を心配している、という意見は意外でした。上の世代のほうが「統一」を望む声が多く、下の世代のほうが「あんまり」なんですよね。支援で生活が安定すれば統一に近づくとかいう感じじゃないってことだね。支援が武器に使われてしまうことを心配してるってことなのかなぁ。

韓国人へのインタビュー2

1965年の条約は韓国側は独裁政権で民意を反映していなかった(英語が堪能な方ではなく、とても悪い、と表現していたのを意訳しています)。だからこの時の条約は無効。日本政府は韓国政府が何にお金を使うのかをちゃんとリサーチするべきだった。日韓併合自体も韓国側の代表はまったく納得していない、アンフェアな条約だった。日本がこれまで払った額は知らない。お金の問題ではない、きちんとした謝罪が必要。日本は靖国に行き、徴用工や慰安婦などなかったといい、帝国主義に戻ってきている。いくら払ったとして、それは金額として大きいと思うのか。我々が受けた傷は深い、お金でそれは代替できない。侵略者の論理で物事を考えるべきではない。日本政府が悪いだけで、日本人は好きだし、そこは分けて考えるべき。

Ouma感想:かなりのカタコトなので、話聞くの難しかったです。なんとなく1965年の条約のことも知られてないし、日本がこれまで払った金額についても知らないよう、かなりたくさん払ってるし、天皇も謝罪してる、というのを伝えましたが、明仁天皇が謝罪している件(1994年3月24日)は知られてなかったようですね。金額についても1965年にすべての請求権(一般人へのケアも含む)を放棄することを条件に当時の韓国国家予算の2.3倍、無償3億ドル、有償2億ドルの経済協力金を払っています。このお金を使って韓国政府が自ら韓国人に説明し、調査し、必要な分を払わないといけないんですが、この理論はこの方にはなかなか受け入れてもらえないようでした。日本人としては、最低でも払った事実、謝罪した事実は知って覚えててほしい、という気持ちがある。でも、こういう場合、いかに証拠を集めても説得は無理なんですよね、悲しいけど。正しいことを主張するとより感情的になってしまうし、お前らが攻めたんだろって逆に責められる(辛)。この方には、なかなか理解されなかったですが、この件で日本人が怒っているのは「韓国が取り決めを破った」ということ。戦争で犠牲になった人たちなんてどうでもいいって思ってるわけじゃないんですよね。メディアの煽りもあって、そこらへんにめちゃめちゃ誤解がありそうな気がしました。徴用工問題についてNOって言ってるのは、戦争自体がなかったみたいなことにしたいわけではなく、「いや、前にこれで全部解決して次に行こうねって一緒に決めたよね。。」って部分。ここをどうやって伝えていくかだなぁ。

参考リンク  明仁天皇陛下が積み重ねた韓国への明確な謝罪「深い反省の上に」 財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定(Wikipedia)

韓国人へのインタビュー3

安倍政権が憲法改正、軍用機105機購入、靖国参拝を行っていること。また安倍さんが岸信介(A級戦犯)の孫であることから日本がまた帝国主義に戻るんじゃないかと心配。(徴用工がどうとかよりも、この不安な気持ちが問題の本質という意見)

Ouma感想:岸信介が韓国大統領・朴正煕とも親しく、朴正煕が2016年12月9日に罷免された韓国の第18代大統領の朴槿恵(パククネ)の父であること。親日派の前大統領パククネさんが賄賂によって実刑判決を受けているなどの背景があるよう。韓国は1987年に民主化宣言、北朝鮮とは現在は休戦状態なので「戦争は終わっていない」状況なんですよね。だからなのか、徴兵制がまだあるし、韓国男性は約2年間必ず軍隊に行かないといけない。韓国では軍隊生活をちゃんと終えるで一人前の大人として認められると考えているところがあります。特に年配の世代が「北朝鮮を支援するとまた戦争になるかも」と心配しているように、そういった背景から戦争がまた起こってしまうことを心配する気持ちは日本人よりも強いのかなと思います。

参考リンク  朴槿恵前大統領、二審も実刑 懲役25年、罰金20億円 徴兵制~韓国の軍隊制度

韓国人へのインタビュー4

授業で日本について習った時は、なんてひどい、悪いって考えたけど、今はぜんぜんそんなことは思ってない。

Ouma感想:日本人全部にあるかはわかりませんが、私は日本の教育の影響から「罪悪感」はやっぱりあるんですね。そのことを話すと割と驚かれる。私の高校では中国の人を学校に呼んで全校生徒が話を聞く、みたいな行事があったし、多くの日本の中学校は広島、長崎、沖縄に行って戦争のことを学ぶ。満州事変で日本軍がやったことも知っているし、朝鮮戦争の軍需のおかげで戦後の日本経済が助けられたというのも習った。後半はなかなか韓国人には言えないのですが、こんな授業があって、学んだんだよっていうことを言うと驚かれるのは、「日本人は戦争が正当だったと主張し、何も悪くないと思っている」みたいな偏見をもたれているからなのかなと。今の若い世代は分かりませんが、私は高校生の時に、例えば原爆について「広島の原爆投下にはこんな見方がある」「長崎についてはこういう意見が大多数」みたいに複数の見方を紹介しながら習ったんですよね。それはとてもフェアなやり方だと思うのです。なぜなら、ちゃんと確定した歴史ではないから。でも、事実上、天皇も公式謝罪しているし、侵略戦争・植民地支配があった、という立場での謝罪をしている。基本的に日本はその姿勢なわけです。だからナシにしようなんて全く思ってなくて、正しい歴史やさまざまな見方を学び、「なんで起こってしまったか」を考えながら二度と起こらないようにしたい、というのが日本としての姿勢なのではないでしょうか。

参考リンク  日本の戦争謝罪発言一覧(Wikipedia)

その他Ouma感想(主観)

中央日報や朝鮮日報が極端に親日過ぎて、信用できないと多くの韓国人が考えているようだったので「中立なメディアってどこ」って聞いたんですが、あんまりすぐに名前が出てこないんですね。日本だと私はあんまり知識はないですが「日経かなぁ」っていう気がする。どっちを信じるかは「自分の思想による」と言ってた人がいるので、中立とかいうより自分が信じたいメディアを選択してるのだろうか、という気もしてしまいました。引き続き探ってみます^^
日本の政党が割と家族関係で成り立っていることを「北朝鮮っぽい」と考える人も(韓国では大統領は5年で絶対に変更かかるし、国民の直接選挙で選ばれるので民意を反映しているということで強い権限があります)。
韓国国内で数人と話した感じですが、やっぱり海外に出たことがある人(外国人と接する機会の多い人)のほうがいろんな考えを聞こうという姿勢があるように感じました。これに関してはたぶん、日本やほかの国も同じだと思うので、なるべく反対側の意見を聞くようにしたいかなーとは私は考えています。理論的に分かる部分と感情的に納得できない部分とかやっぱりあるわけだからね。
「戦犯シール」みたいなのを貼ろうという動きが2019年の3月ごろ韓国で出てきたんだけど、「そういうやり方は本当にひどい」と憤りを見せる韓国人もいました。その後どうなったかまでは追ってないのですが、これは実際に「条例」になった場合、国際社会からは非難されるだろうな、という予測はします。だって、ならドイツ製品だってそうだし、そもそもベトナムに対するアメリカや韓国製品だって同じってことになるからね。韓国はドイツからかなりの武器輸出をしてるしね。ちな、日本は武器輸出をまだすごくはしてないけど、ドイツは2017年段階で世界第4位の武器輸出国。これが国際社会的に批判されてないってことは、別にOKってことなんだね。個人的にはあんまり武器輸出で稼いでは欲しくないのだけど。だってその武器の向こうには誰かの死があるわけだから。別の産業を育てて欲しいなーっていう気はしてます。

参考リンク  “日本の戦犯企業”のステッカーを義務化!? 韓国国内でも批判の声 世界で最も武器を輸出している国トップ10 日本の武器輸出どう歩むべき? 潜水艦、航空機…実績ゼロ その意義はカネのみにあらず

展覧会用の文言の変更

韓国での個展開催は2019年7月23日からなんですが、「リンゴを見ただけで、韓国人にとっては感じるものがある」と言っている人もいたため、もともと用意していた文言を大幅カット。「リンゴと折り紙を好きなだけお持ち帰りください」だけにしようと考えています。長く用意していた文章は「歴史認識について問いかける」部分を大幅カット(現在の状況でこれを韓国国内で伝えるのはあんまりよくないという意見があったため)、その他の部分をゲストが来た時に見せて説明材料にしようかなと考えています。いろんな考えの人がいる分、考える余白の多い表現のほうが適してそうだなと。
日本製品不買、日本への旅行自粛みたいな雰囲気が出ているので、韓国人の税金で日本人が個展をやるってその状況だけでけっこう物議を醸しだしてもおかしくないんですよね。私としては物議は醸し出したいけど、けんかはしたくないので、文言をシンプルにして自由に意見を出せる、リンゴをきっかけに個別に話しかけてもらうきっかけになったらいいかなと考えています。
アートは政治とは離れるべきだし、アートに規制がないことは、民間にとってとても大事なことなんですよね。トランプ氏が大統領になった時に、ニューヨークの美術館が入場料無料で開放し、アートが誰にでも開かれていることを示したように。もしも歴史とは何かというのを示したいのであれば、それをテーマにした「作品」で伝えるべきで、文章で伝えようとするほうが誤解が増えそうだなという判断です。あと、もともと私のメインプランはSORAプロジェクトではなく、和紙と韓国紙を使ったインスタレーションでこれまで通り「生命」をテーマにしたもの。TEMIに受かったプランがこちらなので、時世的には日韓関係だけど、もともとTEMIに来た時の基本プランとの兼ね合いも考えてですね。ただ、私は体験型のインスタレーションをつくるスタイルの作家なので、リンゴの配布などは内容的にはすごく沿っていると考えています。

とりま、見るだけでも!  韓国大田(テジョン)での個展でリンゴを配る作品を作りたいのでリンゴを買ってほしい!

一番齟齬がありそうなのは、日本が軍国化しないか、と心配されている部分と、日本がなんで今回の徴用工問題について怒っているのか(1965年の条約が守られていないから)、慰安婦問題については日本が10億円出してるのに政府の合意なしに財団が解散され、お金だけ取られてなかったことにされちゃうんじゃないのと心配していること、が民間レベルの意識として共有されてないんじゃないかなーと感じました。慰安婦・徴用工問題がひどいかどうか、本当かどうかはちょっと置いといて、彼らのためのお金はもう韓国政府の同意のもとで払ってるんですよ、ということ、それをちゃんと国民に向けて説明して欲しいという考えですよね。一般の人たちの思いを踏みにじるとかなかったことにするとか、そういうことじゃない。いろんな情報が積み上がることで、どんどんお互いの気持ちの本質からそれていってしまうのは、よくないかなと思っています。
同時に、国同士の関係の影響で、一般レベルでいじめや差別みたいなことが起こらないように、むしろ、相手の意見をちゃんと聞けるようになるには、友人としての信頼関係がけっこう必要だと思うんですよ。私が一方的に韓国側の意見を聞けないように、韓国の人もそれはできない。丁寧に聞き取りしてどこで誤解が生まれているかを見つけ、「誤解してたこと」については誰も悪くないという姿勢でちょっとずつ絡まった糸をほどいていくのがいいのかもしれません。これについては展覧会の計画についても試行錯誤しているように、私も引き続き、学び続けますね^^

合わせて読みたい  韓国の高校生とぶっちゃけトーク~南北朝鮮問題と竹島について考える 日韓関係の改善に歴史の認識は本当に必要なのかを考える~韓国で折り紙とリンゴを配ろう


みじんこは、へとへとだよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「疲弊してるよっ!」
「笑い事じゃないよー」

mijinconbi