:::: MENU ::::

韓国の高校生とぶっちゃけトーク~南北朝鮮問題と竹島について考える

みじんこアート, みじんこ体験

韓国の高校生とぶっちゃけトーク~南北朝鮮問題と竹島について考える

2019年7月現在、日本が韓国への経済制裁を行うことを受けて、韓国では日本製品の不買運動などが起きるよう。日韓関係が微妙になっていく中、韓国大田(テジョン)のアーティスト・イン・レジデンスでアートプロジェクトSORAのためのワークショップを行ってきました。

スポンサードリンク

SORAプロジェクトとは?

世界中の人と一緒につくる1つのアート作品で、2019年7月までに16カ国で実施。下書きの線がすでに入っている紙に絵を描いてもらい、塗り終わってからくっつけると、下書きの線がつながって1つの巨大な絵になるというプロジェクトです。協力してくださった方のおかげもあり、すでに2000枚以上集まっているので、並べると高さ2メートル10センチ、幅は65メートルほどになっています。

合わせて読みたい  SORAプロジェクト詳細はこちら

今回参加してくれたのは、地元の高校の美術部の子。授業とは別にクラブ活動の一環として来てくれました。引率してくれた先生、アレンジしてくれたTEMIの方々に感謝です。
※ワークショップの写真と質問への回答は日本語訳して公開していいよというのは、本人たちに確認済です。

2013年から始めたSORAプロジェクトですが、現在の手順としては、
1)プロジェクトの説明(これまで参加してくれた国の写真を紹介)
2)絵を描いてもらう
3)折り紙をみんなで折る
です。2)をもともとは何もお願いせずに自由にやってもらってたんですが、ここ数年は「自分の絵がほかの国に行った時のことを想像して、自国をほかの国の人に紹介するつもりで描いてほしい」とお願いしています。

いつもは割とほのぼので終わるプロジェクトなんですが、今回は高校生が来てくれたこともあり、「ディスカッション」の時間を取りました。これは私自身がずっと聞いてみたかったけど、怖くて聞けなかったことでもあります。ずばり、日本についてどう思っているのか、正直に教えておくれ。ワークショップの反省点も含め、ご紹介します!

はじめに

みなさんに聞いてみたいことがあります。私は韓国に来るのは3回目なんだけど、初めて韓国に来る前には「韓国に滞在するの怖いな、大丈夫かな」と思ってました。なんでだと思いますか?

「文化の違いが心配になったから?」

「なるほどねー、それはね、全然ないんだね。私はもう2年くらい、ほとんど日本に帰らずにずっといろんな国を転々としています。だから、いつも違う国に暮らしているから、文化的な違いは割と大丈夫なんだね」

「ごはんが合わないから?」

「韓国料理大好きだよ。だからそれも大丈夫。私が韓国に来るのが怖かったのは、歴史的な問題から。自分にはすまないなっていう気持ち(Guilty)があるし、いじめられたりしないかなって心配だったってこと。上海に滞在してた時にも中国に対しておんなじことを思っていて、その時は韓国人のアーティストさんにも会ったんだけど、その人も中国に滞在するのがちょっと心配だったって言ってたのね。
でも、実際に住んでみたら、上海でも韓国でもすごく親切にしてもらった。だからこうやってまた韓国に来てるんだけど、最初に大丈夫かな?って思ってたのが私の正直な気持ちなのね。今回は授業じゃないし、いい人っぽい意見は言わなくていいから、本当に自分の正直なリアルな気持ちを聞かせてください」

南北朝鮮について

質問したことは紙に書いてもらったので、あとで全部ちゃんと翻訳しますが、今回の記事では概要と私の感想をご紹介です。
南北朝鮮の「統合」について、韓国人の友人含む何人かに意見を聞いたのですが、割と年配の人は「統合したい」と考えているみたい(※聞き取りした数人からの意見なので、ちゃんとしたアンケートではありません)。理由はやっぱり、親族が北朝鮮にいて会えなくなってしまったことがあるからですね。ビザなしで行き来するところから始めて、ゆっくり統合していけたらいい、と考えている。ただ、今回の高校生たちは「あんま気にしてない(どっちでもいい)」がリアルな気持ちのようでした。
北朝鮮と韓国って言語もまったく同じなんですよね。上海で北朝鮮料理が食べられるところがあるんですが、ものすごく美味しい。

合わせて読みたい  上海にある北朝鮮レストラン~北朝鮮の音楽や踊り、衣装を楽しむ

日本について

高校生たちに書いてもらった、日本について「知ってること」「思うこと」をざっくりまとめると
「日本は悪い」
「竹島は韓国のもの」
「ドイツはちゃんと謝っているのに、日本は謝らない」
「総理大臣が靖国に行くとかおかしい」
「文化的に素晴らしいものはあるし、日本人は親切だけど、それとは別に国に悪いところがある」

自分の予想以上に「よくないイメージ」ばっかりでちょっとショック。でも、「日本人アーティスト」が企画したワークショップでこれだけ「正直に」書くってむしろなかなかできないと思うので、よくこれだけ話してくれたなぁって思います。감사합니다。韓国人の日本に対するイメージのアンケート調査があったのだけど、日本と韓国で相手国に対して悪いイメージを持っている人はどちらも約半数。日本→韓国でいいイメージを持っている人が20%、韓国→日本でいいイメージを持っている人が31.7%だったので、日本から韓国へイメージのほうが微妙に悪いのかな。どちらにしろ、お互いいいイメージをもっていないみたいですね。

参考リンク  日本に「良いイメージ」持つ韓国人増える一方で… 日本人がその逆な理由

こんなに日本が悪い、キライって思われているのに、私は韓国に来ていつも親切にしてもらってる。ウルサンにいた時には年配の人にも親切にしてもらったし、田舎での壁絵描きのプロジェクトではフレンドリーに声をかけてもらった。なんでだろう?頑張って親切にしようとしてくれるのかな。

「国のことと個人のことは違うこと。自然にやってることだと思う」

私自身は、国のイメージと個人のイメージって意外と切り離せないと考えています。それを払拭するのはそんなに簡単じゃないと。なんとなくなんですけど、いろんな国で「中国を嫌な国」と思っている人が多いんですね(あくまで体感値ですよ)。最初からそういう偏見があった場合、中国人で不利なことって意外とあると思うんですよ。私のこの韓国でのアート滞在って、韓国人の税金によって賄われているので、いい気持ちがしないって考える人がいてもおかしくないですよね。そういうのに影響されない個人でありたいですが。なかなか難しい。

気づいたこと

今回のアンケートで驚いたのは、
1)北朝鮮問題より対日本のほうがシリアスな問題に感じた
2)竹島問題は韓国人にとって大きい問題

ちょうど今、日本製品不買運動が始まるところだったり、日韓関係が深刻化しているからっていうのがあると思うんですが、北朝鮮について聞いた時より、日本に対するイメージのほうがあんまりよくない感じがしたんですよね(体感です)。あとは竹島。


竹島に立っている旗に「竹島は韓国のものだ」と書いてある。

プロジェクトに参加してくれた子のうち、3人が韓国の領土を描いてくれましたが、みんな「竹島」を描くんですよね。しかも「TAKESHIMA」って言葉をみんな知ってる。日本人が日本の領土を描くとき、竹島を描く人ってどれだけいます?そもそも、竹島の韓国名って知ってますかね?


私が日本地図をざっくり書くとこんな。

漁業権とかいろんな問題はあるのかもしれないけど、ぶっちゃけ話として、竹島が日本のものであろうと、韓国のものであろうと、どっちでもいいなーっていうのが、私の本音なのね。だって、どっちのものであろうと、私の生活はなにも変わらないから。今回、日本についてなんでもいいから書いてみてと聞いたら、多くの人が「竹島」のことを話題にしてたよね。それはなぜだろう。

みんなの答えは「Nationality」だからだと。竹島は韓国の財産なんだっていう思いがある、というのを解説してもらいましたが、あとから考えてみたら「ナショナリズム」ですね。なんかこの時はNationalityという答えがどういう意味か正確に分からず、ちょっと外した回答しちゃいました、反省。

私のね、ものすごく個人的な、1人の意見としてなんだけど、私は竹島に対してNationalityみたいなのは感じないのね。ただの小さい島、っていうのが本音。もっとアニメだったり日本語だったりするほうが、日本の物としては大事に感じる。(追記:ナショナリズム、という意味でいえば、私はあんまりナショナリズムを持ってないんですね。どちらかといえば「グローバルシチズン(世界市民)」でありたいという意識のほうが強いです。そう言えばよかったなぁと後悔しているので、次の時にはそう答えます)

占有海域、漁業権、国としての態度どうこうとかはあるのかもしれないけど、ふつうに暮らす一般市民として、竹島の重要性は「実感」できない、というのが本音。だから、韓国の高校生がそこまで「竹島は韓国のもの!」と思うことが発見でした。自分が高校生の時、竹島なんて知ってたっけな。授業でもあんまやらなかった気がするよ。

ドイツ人の友人に聞いたんですが、ドイツでは大戦中にどんなことがあったか、なぜそういうことが起こったのか、というのを1年かけて学ぶんだそうです。

あと、これまでの韓国滞在で感じたのは、「日本語を話せる人がけっこういる」ということ。言語的に近いからかもしれませんが、日本語話せる人に出会う率がけっこう高いのが韓国(体感値ですよ)。私はキライなものがあれば、それとは関わらないようにするタイプなので、日本キライ50%の国でそんなにたくさん日本語を話せる人に出会うことが不思議に感じました。

ワークショップの反省点

ほのぼの折り紙した後に南北朝鮮→今まさにもめてる日本問題と展開していったので、本当に有意義で感謝しているのですが、ぶっちゃけ空気ちょっと重っ、みたいになってしまった。最後に、韓国のいいところ、お勧めしたい若者文化など楽しいことをいろいろ聞いてから終わりにすればよかった。割とうまくまとめきれずに終わりにしてしまったので、そこらへんは反省しています。せめて楽しい雰囲気で終わらないと、日本に対する悪いイメージだけ募ってしまう。せめて最後、「日本と仲良くしたい?」かどうかは聞いてみたらよかった。そして「私は韓国と仲良くしたいよ」と伝えればよかった。次回やる時はそこらへんちゃんと考えておこう。学ぶことが多いワークショップでした。そしてなかなかしんどかった。
TEMIで7月23日より開始する個展で、彼らの作品とアンケートを公開。その時に今回のプロジェクト参加に対する感謝と、私自身が考える韓国の魅力的なこと、知っていることを合わせて韓国語で展示したいと思ってます。
このプロジェクトをきっかけに、2019年7月に開催の韓国での個展の内容を少し変更しました。つづきの話はぜひこちらからどうぞ(リンゴ買ってほしいよ!)→日韓関係の改善に歴史の認識は本当に必要なのかを考える~韓国で折り紙とリンゴを配ろう


みじんこは、仲良くしたいよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「好かれたいよっ!」
「好かれたいよー」

mijinconbi