:::: MENU ::::

みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(5)~とりあえずMOMAから攻略。

みじんこアート, みじんこ漫画

みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(5)~とりあえずMOMAから攻略。

みじんこは、さっそく性根を直したのです。
前回までのあらすじ:作品の良し悪しが分からないみじんこ。とりあえず性根を直すところから始めることに。

スポンサードリンク

手っ取り早く性根を直したみじんこは、ピカソ先生に会いにきました。

※杉本博司さんは全く無名の時にトップからアプローチして下がっていこうと思い立ち、MoMA(ニューヨーク近代美術館)に作品を送り、コレクションしてもらえたという逸話がある。ただ、MoMAに買われたからといって、すぐには売れなかったそう。

※バンクシーは2005年3月25日に、MoMAに自作を無断で展示。警備員含め誰にも気づかれずに6日間展示されつづけ、一躍有名に。
※アーティスト集団MoMARは、ジャクソン・ポロックの作品をARでジャック。専用アプリをダウンロードしてから絵にかざすと全く別の画像が合成される。この作品にはMoMAは一切関与していない。公式サイトでは美術館の作品を覆う画像も募集中。

参考リンク  BanksyのSoup Can MoMAでゲリラ展が発生。ポロックをARでジャックした「MoMAR」とは何者か? MoMAR(公式サイト)

パスポートがないことに気づいたみじんこ

そもそも単身で海外に渡ることが不可能なことに気づいたみじんこ!果たして渡米はできるのか。600億の夢は!?激動の6話につづく!

次の話はこちら  みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(6)~海外展示できたらカッコいいと思い立つ。

前の話はこちら  みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(4)~改善できそうなところを見つける。

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ


みじんこは、パスポートがありません!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「手もないよっ。」
「触覚があるよー」

mijinconbi