:::: MENU ::::

上海でアート活動する時に欠かせない画材通り福州路~中国でキャンバス作るといくらになるか

  • 8月 08 / 2019
  • 上海でアート活動する時に欠かせない画材通り福州路~中国でキャンバス作るといくらになるか はコメントを受け付けていません。
  • , , ,
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

上海でアート活動する時に欠かせない画材通り福州路~中国でキャンバス作るといくらになるか

上海はキャンバスとか画材がけっこう安いんですよね。ただ、アクリル絵の具とかは中国産のものはけっこう匂いがキツイ。キャンバスや紙などは海外からの輸入モノも多く、キャンバスの制作なども安くて早いので割とお勧めです。

スポンサードリンク

中国旅行には百度地図が欠かせない

中国に行く前にまずお勧めしておきたいのは百度地図のアプリをダウンロードしておくこと。私は上海のみの滞在経験しかありませんが、Googleマップは情報がかなり古く、けっこう使えません。日本人なら漢字が読めるし、漢字入力も可能なので、百度地図を事前に入れておくことが圧倒的にお勧め。漢字は小さい頃から勉強してないとなかなか読めないと思うので、日本人でよかったなぁって思います^^(海外で名前を書いても喜ばれるしね)

参考リンク  百度地図

Google mapでリンクしちゃいますが、上海の「画材通り」は福州路(Fu Zhou Lu)です。道沿いに紙や筆、画材類のお店がいっぱい。巨大キャンバスのオーダーなんかもできますよ。クレジットカードは使えたり使えなかったりなので、基本的には現金を持っていたほうがいいかも。英語は使えないお店がほとんどです。

大型画材店

キャンバスがつくれるお店も福州路沿いにあちこちあるのですが、大型の画材用品店としてはデパート内の2階が便利です。ちょっと正確な場所を忘れてしまったのですが、外灘から人民広場方向に歩いた時に左側にあるお店です。本屋さんを通り過ぎて少ししたところにあります。1階が文房具やさんになっているので、歩いていれば割とすぐ分かると思うのですが。だいたいこのへん、の地図を貼っておきますね。

この2階にあるお店で一度、キャンバスを作ってもらったことがありました。別のお店ですでにロールキャンバスは買っていたので、こちらでかかったのは組み立てと木枠代で220元(約3320円)

サイズは50×50×奥行4cm。出来上がりの作品がこちら。

この辺りのお店で安く名前のハンコを作ったりもできるみたいなので、外国の友達と一緒に来た時なんかにもいいかもしれないですね^^
どっぷり観光地のエリアでは値下げ交渉も可能なようなので、軽く言ってみてもいいかも。(しつこく言わないことがポイントです笑)

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ タグボートで販売中のOuma作品ページ


みじんこは、買っちゃうよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「作っちゃうよっ。」
「売っちゃうよー」

mijinconbi