:::: MENU ::::

海外でよく聞く有名な日本人~小説家、美術家、映画監督、作曲家からアニメまで

みじんこレビュー, 世界のおもキカ!

海外でよく聞く有名な日本人~小説家、美術家、映画監督、作曲家からアニメまで

海外で「日本人です」というと、日本のことを知ってる人、好きな人はそれについて話しかけてくれるんですね。私は最近、アーティスト・イン・レジデンスというプログラムを使って海外長期滞在しているので、出会う人は割とアート関係の人が多いです。彼らによく言われる有名な日本人をご紹介。

スポンサードリンク

1)村上春樹

ぶっちぎりですね。村上春樹好き率の高いこと高いこと。日本であんまり村上春樹の話ができる人が周りにいないんですが、海外では本当に多い。さらに世代もいろいろ。ルーマニアの高校生、スペインのアーティスト、上海のギャラリスト、ドイツの小説家、フィンランドのフィルムメーカー。自宅に伺って本があることも多い。私もエッセイと翻訳本以外の全てを買って持ってるほど大好きです。お勧め長編もリンク張っておきますね!短編は「神の子どもたちはみな踊る」の中のかえるくんが出てくる話が好きです。アメリカでウケて世界でもブレイクしたっぽい話を聞いたことがあるんですが、アメリカでウケる条件が「ファンタジー」らしいんですよね(なんかの村上本に書いてありました)。
海外では「村上春樹の本を読んでいると、日常がいかに素晴らしいかを分からせてくれる」みたいな感想を言ってた人がいました^^ ハルキスト同士だと、村上作品に「耳がすごく美しい女性」というのが出てくる話があり、そういうので盛り上がれます。私ももともと大好きな作家さんなので、海外で共通の話題ができるのはありがたいです。

2)草間彌生

日本人アーティストとしては草間さんの存在は無視できないですね。村上隆さんももちろんかなり名前は知られていますが、一般にまで浸透するほど高い人気なのは草間さん。私の細胞的な線画や色に共通点を見出す人が多いのか、私の作品を見せた時に「日本人アーティストは草間彌生を知ってるよ」って言われることも多数。

参考リンク  草間彌生(HP)

3)是枝裕和

フィルムメーカーさんとか動画つくる人、デジタル系のアーティストさんとかに言われることが割と多いんですよね。私は「誰も知らない」と「海街ダイアリー」くらいかな見たことあったのは。ほかに、映像関連だと、北野武さん、黒澤明さん、園子温さんの名前はよく聞きますねー。上海で17人のアーティストさんたちと一緒にレジデンスに参加してた時、けっこう邦画好きなアーティストさんが多く、日本の映画ってこんなに見られてるんだーと驚きました。私は海外の映画ってほぼハリウッドくらいしか知らないからなぁ。あとはもちろんジブリ。

北野作品だと私はDollsがすごく好きなので、こちらをお勧めしておきます!^^

4)アニメ、ジブリ

「漫画」と書かないのは、海外だと漫画を読むよりアニメを見る人のほうが多いんですよね。単純に漫画の訳本が高く、テレビアニメを見ることのほうが多いからかもしれない。日本だと無料で最新の話がけっこう見られるので、これだけでも日本語ネイティブでよかったなぁって思います笑。アニメ好きは割と若い世代が多いですね。ジブリは世代問わず人気。
今の20代くらいのパリっ子は「聖闘士星矢」で育ってるらしいですよ。ドラえもんはバルセロナでも人気。攻殻機動隊を見たフランス人が「日本で20年くらい前にすでにこの世界観が表現されているのがすごい」と言っていたことも。善悪の二項対立になっていない「もののけ姫」を「ほとんど完璧な映画」と称していた人もいましたね。日本の漫画・アニメの世界観って単に悪を倒すみたいな感じよりも、もっと深い世界観が表現されている。
ジブリ美術館に3回も行ったことがあると言ってた人もいてびっくり^^

参考リンク  スタジオジブリ

5)武満徹

日本人にほとんど知られていない世界で有名な現代作曲家。世界に大きな影響を与えた重要人物だとドイツ人さんに教わりました。世界に誇れる日本人ということでご紹介しておきます^^

参考リンク  武満徹(Wikipedia)

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ


みじんこの名前は海外で聞かないよ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「日本でも聞かないよっ!」
「聞きたいよー」

mijinconbi