:::: MENU ::::

社会という生命体がもつ唯一のスキルとしての文化について考える

  • 5月 05 / 2020
  • 社会という生命体がもつ唯一のスキルとしての文化について考える はコメントを受け付けていません。
  • , ,
みじんこアート, みじんこの活動

社会という生命体がもつ唯一のスキルとしての文化について考える

Pocket

社会が生命体だとしたら、文化は社会のなんだろうと考え、「文化は社会がもつ唯一のスキル」ではないかというのを考えました。

スポンサードリンク

文字について考えています

近作では文字を文化の最小単位としてとらえ、文字について考えています。特に「オノマトペ」表現について。日本語のオノマトペってすごく多種多様で、「言葉」よりも抽象化されたコミュニケーション方法だなぁと思っています。

各論になってしまいますが、今考えていることとしては
1)画面内の文字の配置に意志をもたせる
2)文字に主役をつくる
3)文字に動きを出す(形状か放射線を入れるのか)
4)オノマトペと形のイメージに乖離をつくる(書家・山本尚志さんの形と文字が一致しない関係性みたいなやつ)
5)これまでになかったオノマトペの創作
6)オノマトペをばらして文字を単体のように扱う
7)文字自体をイメージで崩す(もとの文字っぽい新文字をつくる)
8)物語を音だけで伝える

こんな感じのことをいろいろやってみて、文字と文化、文化と社会の関係性について考え、そこから社会を治療するとはどういう状態か、それをどのように作品に落としこむかを考えていますよ!

合わせて読みたい  社会を治療して社会に治療される医療について考える 社会を生命体とした時、対話してるのはどうやって分かるのか、あるいは細胞との対話 社会との対話が感情によって行われるとして、感情を揺さぶるのはなにか考えてみた

合わせて読みたい  現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ

今日も読んでいただきありがとうございました!探求中の作品はギャラリータグボートさんで販売しているので、ぜひのぞいてやってくださいませ。

合わせて読みたい  みじんこの旅を応援できるショップ OumaのArtSticker ギャラリータグボートのOumaページ


みじんこも伝えたいよっ!ヽ(=´▽`=)ノ

みじんくん と みじこちゃん

「たくさん伝えるよっ。」
「伝えちゃうよー」

mijinconbi

Pocket