:::: MENU ::::

Posts Tagged / アーティスト

  • 1月 08 / 2019
  • なぜアーティストと名乗るのか~アーティストはいつも「問う人」として受け手の前に現れる はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー, みじんこ漫画

なぜアーティストと名乗るのか~アーティストはいつも「問う人」として受け手の前に現れる

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。「アーティスト症候群」から、自称アーティストが増えまくった社会情勢をご紹介。

続きを読む
  • 12月 25 / 2018
  • みじんこ漫画で学ぶ作家の姿勢、響~小説家になる方法から学ぶアーティストになる方法 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ漫画

みじんこ漫画で学ぶ作家の姿勢、響~小説家になる方法から学ぶアーティストになる方法

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は映画化もされた漫画「響~小説家になる方法~」から、作家としての姿勢を学んでいきましょう!(微妙にネタバレしているので、ネタバレNGの方は引き換えしてくださいませ)

続きを読む
  • 10月 15 / 2018
  • アートとアーティストは果たしてどこまで「一般」に必要とされているのか~アートと地方と助成金について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アートとアーティストは果たしてどこまで「一般」に必要とされているのか~アートと地方と助成金について考える

韓国で若い女が溶けるように死んだ。名前だけは国際的な感じがする誰も知らない賞をいくつか獲り、無責任な友人の言葉に寄りかかったアーティストだった。所属ギャラリーがあるわけでもなく、とはいえどこかに売り込みに行くでもなく、積み上がったプライドが扉をふさぎ、部屋から出ることができなくなって餓死したと聞いた。四畳ほどの部屋のコンクリートの壁には、指でこするように消した鉛筆の跡が残されていた。部屋の中に残された無数の作品は、溶けた彼女自身が浸み込んで腐臭を放つ。食べ物がなくても手放さなかった携帯電話。母親に送られた最後のメッセージには、こう書かれていた。「やっとできた。タイトルは『手と骨』これでダメなら、もうアートはやめようかと思う」
彼女の最後の作品は、今も見つかっていない。

続きを読む
  • 7月 26 / 2018
  • 話題のビジネス書からアート本まで名著が売れなくなるための紹介文を勝手に考えてみた はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

話題のビジネス書からアート本まで名著が売れなくなるための紹介文を勝手に考えてみた

昨年ご購入いただいてから1年近くブックレビューができていない「美術館疲れとは何か」。この本にインスパイアされ、ここ数年で読んだ本の紹介文を書いてみました。

続きを読む
  • 7月 22 / 2018
  • 東京画廊・山本豊津氏の著作から学ぶ現代アート/前編~アーティスト向け学習ポイント はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー, みじん講義

東京画廊・山本豊津氏の著作から学ぶ現代アート/前編~アーティスト向け学習ポイント

本のオーダーいっぱいありがとうございます。今回ご紹介する東京画廊・山本豊津氏のアートは資本主義の行方を予言するは、近代・現代のアートの歴史がまとめられており、現代アートの作家として必要なこと、学ぶべきことがまとめられているので、ご一読をおススメします^^
まとめてたら長くなったので、記事は前後編に分けました。

続きを読む
  • 7月 04 / 2018
  • アーティストが個展でよくもらうけど実は喜んでるフリをしてるだけのモノまとめ はコメントを受け付けていません。
みじん講義

アーティストが個展でよくもらうけど実は喜んでるフリをしてるだけのモノまとめ

アーティストにとって個展は一大イベント。なるべくたくさんの人に作品を知ってもらいたい。それが次の活動に繋がってほしい。
個展は基本的に入場無料ですが、会場に行くまでの交通費や時間はもちろん有料。足を運んでくれるだけでありがたいことなのです。そんな貴重な時間を割いてくれているのに、さらに差し入れまでしてくれる方がいるとは!なんてありがたいことなのだ!
しかしながら、ありがたいけど喜び切れない、そんなこともある。
今まで持ってきてくれた方、ごめんなさい。しかしながらいったんぶっちゃけよう。それでお互い嬉しい状態になれたら一番幸せじゃないか。そうは思わないか、諸君!

続きを読む
  • 6月 15 / 2018
  • 新人アーティストにチャンス到来!?上海のギャラリストに聞く中国アート事情 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, みじん講義

新人アーティストにチャンス到来!?上海のギャラリストに聞く中国アート事情

2017年11月~2018年5月まで上海のSwatch Art Peace Hotelでアーティスト・イン・レジデンスに参加していたOuma。本来は制作アトリエのみの提供で、展示機会などはなかったはずでした。しかし、ありがたいことに2018年1月にはSwatchの35周年イベントで招待者限定ですが作品発表する機会があり、それが次のチャンスに繋がりました。またご紹介いただいた上海のギャラリーさんで展覧会をする機会があり、多くの人に作品を見ていただくことができました。
非常に多くの貴重な出会いをいただいた上海。この町で出会ったギャラリーオーナーさんたちから話を伺い、ここ数年の中国のアート事情をまとめました。

続きを読む
  • 6月 05 / 2018
  • デンマーク・コペンハーゲン中心部にあるアーティスト・イン・レジデンスDAW徹底攻略!~プロフェッショナルな工房が使い放題 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこの活動, みじんこ体験

デンマーク・コペンハーゲン中心部にあるアーティスト・イン・レジデンスDAW徹底攻略!~プロフェッショナルな工房が使い放題

デンマーク、コペンハーゲンよりOumaです。7つめとなるアーティスト・イン・レジデンス、Danish Art Workshops。これまでのレジデンスの中では最も機材のそろったレジデンスになります。実は最初の応募では落選。2度目の応募でめでたく合格となりました。
今回のレポートでは各工房の様子と合格のコツをお届けです!
※レジデンスの情報は随時変更されるので、詳しい情報は公式サイトからご確認ください。

続きを読む
  • 9月 05 / 2017
  • アーティストは自ら作品を売るために努力すべきか~お金に換わる「信用」について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アーティストは自ら作品を売るために努力すべきか~お金に換わる「信用」について考える

クラウドファンディングなどアーティストが自分でお金を集めるサービスも増えてきた。海外でアーティストに出会うと、クラウドファンディングで資金を集めて活動していると言われることもある。
アーティストは本来、創るのが仕事なはず。これまでは販売やプロモーションの役割をギャラリーが担ってきた。制作以外の雑事はギャラリーに任せ、創ることに専念すべきなのか。
売り出し始めのアーティストに欠かせない、活動費問題について考えてみた。

続きを読む
  • 9月 04 / 2017
  • 無料で海外に数ヶ月滞在してアート制作しよう!~アーティスト・イン・レジデンス攻略法 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

無料で海外に数ヶ月滞在してアート制作しよう!~アーティスト・イン・レジデンス攻略法

2017年9月のフィンランドでのアーティスト・イン・レジデンスに参加中のOuma。これでレジデンス参加は5回目です。さらに上海、デンマークでのレジデンスが決まったので、人生で最低でも7回はレジデンスに参加することになりそうです。
記事ではアーティスト・イン・レジデンスについて、数回にわたり詳しくご紹介していきたいと思います^^

続きを読む
  • 9月 02 / 2017
  • 現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

現代アーティストになりたい人のための~初心者の第一歩から海外展開まで役立ち記事まとめ

「できるようになってから伝えようと思ったら永遠に伝えることできない」
ある人が私にくれた言葉です。
デカイクチ叩きがちな自分のアート系記事をまとめてみました。増えてきたので一部だけ選んでこちらにアップしていきます。トップページから興味ありそうな記事をチェックしていただけると嬉しいです^^
これらの記事によって、これからアートをやりたいと真剣に思う人たちの少しでも助けになれば、私はうれしいです。

続きを読む
ページ:12