:::: MENU ::::

Posts Tagged / 物語

  • 4月 27 / 2020
  • 物体の生命性が描写される物語のあるアート~Akinori Towmaさんの作品から学んだこと はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

物体の生命性が描写される物語のあるアート~Akinori Towmaさんの作品から学んだこと

最近、物語と社会についてずっと考えています。そんな時、Akinori Towmaさんというニューヨーク在住のアーティストさんの作品がタイムラインに上がってきまして、おお、なんて物語なんだ、、!ととても学びが多かったので、ご紹介させていただきます。

続きを読む
  • 3月 15 / 2020
  • 【制作ノート】一瞬で「物語」を感じさせるにはどうしたらいいかを考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこの活動

【制作ノート】一瞬で「物語」を感じさせるにはどうしたらいいかを考える

社会を癒して社会から癒されるという概念を医療として広めるにはどうしたらいいかなーというのを考えています。その中で、社会と対話するには「感情」が必要かも。感情を揺さぶるには「物語」が必要だな、というあたりを考えています。今日は物語について。

続きを読む
  • 3月 07 / 2020
  • 【制作ノート】一瞬で物語を感じさせる「モノ」ってなんだろうと考えてみた はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこの活動

【制作ノート】一瞬で物語を感じさせる「モノ」ってなんだろうと考えてみた

この前、ちょっと音楽を聴いたんですよね。そしたら、すごく感情が動いて、音楽ってけっこう長めの「歌詞」があるし、それが物語として機能していて、音楽っていうのはある意味、社会だなぁと思ったんです。

続きを読む
  • 2月 21 / 2020
  • 社会との対話が感情によって行われるとして、感情を揺さぶるのはなにか考えてみた はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

社会との対話が感情によって行われるとして、感情を揺さぶるのはなにか考えてみた

いよいよブラジル最後の夜となりました。なんだかんだあっという間でしたね。思い返せばこの1年間で東京→上海→エストニア→韓国→九州→韓国→ブラジルって渡り歩いてきてたんですね。エストニアにいたことがまるで5年くらい前のことのように感じてしまいます。びっくり。今日はふたたび制作ノート。前回記事「社会を生命体とした時、対話してるのはどうやって分かるのか、あるいは細胞との対話」から一歩踏み込んだ内容を考えてみました。

続きを読む
  • 7月 11 / 2019
  • ドラキュラのいる世界遺産の町シギショアラとエストニアの首都タリン はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, みじんこ小説, 世界のおもキカ!

ドラキュラのいる世界遺産の町シギショアラとエストニアの首都タリン

物語の元ネタになっている町をご紹介するシリーズ、長編小説「夜の案内者」の第2章「二人の王子」の舞台になっている場所の続編です。

続きを読む
  • 7月 08 / 2019
  • 世界遺産の石の町、タンザニア・ザンジバル島のストーンタウンと奴隷市場 はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, みじんこ小説, 世界のおもキカ!

世界遺産の石の町、タンザニア・ザンジバル島のストーンタウンと奴隷市場

物語の元ネタになっている町をご紹介するシリーズ、今日はタンザニアの世界遺産の町、ストーンタウンをご紹介。

続きを読む
  • 7月 07 / 2019
  • 世界最古の熱帯雨林へ向かうオーストラリアの長大列車~キュランダ鉄道 はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, みじんこ小説, 世界のおもキカ!

世界最古の熱帯雨林へ向かうオーストラリアの長大列車~キュランダ鉄道

旅をしながら、実在の町が舞台になった物語を書き、物語が知られることでその町のこともいろんな人に知られて、人の流れができたら素敵だよなー、そういうことがしたいな、と考えていたのが大学生の頃。人生で初めて長編小説を(おもしろいかどうかはともかく)とりま書き切ったので、物語のモトになっている物事をいろいろご紹介していきますよ!

続きを読む
  • 7月 02 / 2019
  • 「中田敦彦のYouTube大学」から学ぶ~記憶に浸透する物語の力 はコメントを受け付けていません。
みじん講義

「中田敦彦のYouTube大学」から学ぶ~記憶に浸透する物語の力

オリエンタルラジオ中田敦彦さんのYoutube大学がすごくおもしろいんですねー。私はアート作品制作中にいつもYoutubeを聞いているんですが、最近かなり聞き込んでいます。どれも面白いんですが、文学、歴史が特にお気に入り。
今日は物語について考えてみました。

続きを読む
  • 6月 18 / 2019
  • 現実をけん引する物語の力~医療をなめらかにすることを考える はコメントを受け付けていません。
世界のおもキカ!

現実をけん引する物語の力~医療をなめらかにすることを考える

「なめらかに」っていうのは連続起業家・家入一真さんのセリフなんですが、この言葉を引用させていただくなら、私は医療をなめらかにしたいなぁと。今日、Twitterで「せりか基金」含め、物語と現実のコラボレーションのことが出てたのでちょっとご紹介。

続きを読む
  • 6月 18 / 2019
  • 死の価値が暴落して軽くなっているという話~物語と死について考える はコメントを受け付けていません。
みじん講義

死の価値が暴落して軽くなっているという話~物語と死について考える

なんかのアンケートで見たのですが、新人漫画賞みたいなのの出だしのほとんどが「主人公が死ぬ」から始まるんだそうです(元ネタ出せなくてすみません、見つからなかった)。最近、極端に増えているサイコパス系バトルロワイヤル系の漫画を見ていると、「死」の価値が下がっているんじゃないかと感じます。今日はそんなおはなし。

続きを読む
ページ:12