:::: MENU ::::

Category / みじんこアート

  • 6月 08 / 2019
  • 作品を治療している作品においてリアルに手術用縫合糸を使うかどうかは科学的に全く意味がないという話 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

作品を治療している作品においてリアルに手術用縫合糸を使うかどうかは科学的に全く意味がないという話

私の作品の中に「作品の病変部分を切除した作品」というのがあります。物の生命性をテーマにした作品であり、「ゾウリムシ」という進化型の作品シリーズの一つなのですが、「手術をするように縫合してるんですね」と言うと、糸が「手術用の糸なのか」というのを聞かれることがあります。「いいえ違います」と言うと、微妙にがっかりされるのですが、縫合糸の種類とかに詳しくない人にとっては、「本物を使っている」というのがリアルの証明になってしまうんだな、ということに気づきました。今日は縫合糸のことから科学のお話を少し。

続きを読む
  • 6月 04 / 2019
  • 韓国大田(テジョン)の画材屋さん巡り~専門店に韓紙を見に行こう! はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

韓国大田(テジョン)の画材屋さん巡り~専門店に韓紙を見に行こう!

2015年に法王の文化財の地球儀が韓紙で復元されたニュースがありましたね。韓国・大田には韓国紙のショップがあって、なかなか面白かったのでご紹介です。
あとは英語対応もしている韓国紙のウェブサイトも!

続きを読む
  • 5月 27 / 2019
  • 海外のアーティスト・イン・レジデンスに参加する前に聞いたほうがいい5つのこと はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

海外のアーティスト・イン・レジデンスに参加する前に聞いたほうがいい5つのこと

こんにちは!アーティスト・イン・レジデンスマニアのOumaです。2016年にバルセロナのレジデンスに初めて参加して以来、2019年までの間に合計12か所、9か国のレジデンスに参加しています。基本的に滞在費は無料であること、かかっても電気・水道代くらいのところに応募しているんですが、条件の良いところでは渡航費や月の給与が出るところもあります。
海外のレジデンスに参加するときに、地味に確認しておいたほうがいいことがあるので、今日はそれをまとめました。

続きを読む
  • 5月 08 / 2019
  • 日野公彦作品を読み解く~置かれる場所によって意味が変わる「言葉」たち はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじん講義

日野公彦作品を読み解く~置かれる場所によって意味が変わる「言葉」たち

日野公彦さんの作品は、私にとって非常に難解な作品の一つです。しかし、先日、ご本人から多少のヒントをいただきまして、ようやくその作品のおもしろさの一端が分かってきました。今日はそのあたりをご紹介します。※作品画像はご本人提供です。

続きを読む
  • 5月 03 / 2019
  • エストニアで動画制作授業に参加~即興+スマホで動画をつくる はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験, みじん講義

エストニアで動画制作授業に参加~即興+スマホで動画をつくる

先日、エストニアの首都タリンの大学で動画制作の修士課程を学ぶ学生さんたちがレジデンス先のMoKSにやってきました。アメリカ人の先生による授業が行われて、ちょっと参加してきたので、今回はそちらをご紹介です^^

続きを読む
  • 4月 28 / 2019
  • 成功に変わる失敗と何にもならない失敗の違い~型にはめること はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

成功に変わる失敗と何にもならない失敗の違い~型にはめること

突然変異についてここしばらく考えています。突然変異は環境変化が激しいと頻発するっていうことは変化に対応する反応だと言いかえることができます。もっと言うと突然変異は「動的な型」なんじゃないかなと。今日は「型」について考えてみました。

続きを読む
  • 4月 26 / 2019
  • エストニア南部の村のアーティスト・イン・レジデンスMoKS~質の高い現代アートが田舎に存在できる理由について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, 世界のおもキカ!

エストニア南部の村のアーティスト・イン・レジデンスMoKS~質の高い現代アートが田舎に存在できる理由について考える

エストニア南部の村Moosteのアーティスト・イン・レジデンス、MoKS。本当にスーパー田舎なので、自分の仕事にフォーカスするぞ!と思っていたんですが、けっこういいアーティストさんたちがとっかえひっかえ来るので、嬉しい誤算でして。日本の田舎でこれだけの現代アートをそろえるって難しい気がするんですよ。なんでここではうまくいってるんだろうというのを考えてみました。

続きを読む
  • 4月 20 / 2019
  • 日野公彦作品を読み解く~みじんこへの手紙から考える「手紙は現代アートになりうるのか」 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

日野公彦作品を読み解く~みじんこへの手紙から考える「手紙は現代アートになりうるのか」

現在、女子中高生の間で人気沸騰中の「みじんこ」ですが、なんとついに、みじんこへ手紙を書く人が現れました。しかも現代アートとしてです。みじんこへの手紙は現代アートなのか、そもそも手紙は現代アートになりえるのか、を考えてみました。

続きを読む
ページ:12345678910...30