:::: MENU ::::

Category / みじんこアート

  • 6月 24 / 2020
  • ホスピタルギャラリーから学ぶ「カタチを変える=概念と機能を変える」こと はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

ホスピタルギャラリーから学ぶ「カタチを変える=概念と機能を変える」こと

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は『ホスピタルギャラリー』から病院のカタチについて気づいたことです。病院っていうののイメージは人によっていろいろだと思うのですが、私は割と病院が好きで住みたいくらいなので、感覚的にマイノリティだと思うのですよね。

続きを読む
  • 6月 23 / 2020
  • がん細胞の好きなところを語る、オーマ作品 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

がん細胞の好きなところを語る、オーマ作品

もともと獣医師だった自分は「細胞病理医」というがん細胞の診断医になりたかったです。できものに針を刺して、採れた細胞から細胞の種類を診断する仕事です。ですが、ものすごく狭き門なこともあって、結局なれずに断念しました。(2年くらい専門の先生に頼み込んで学びに行かせてもらってたのに、先生ごめんなさい)
がん細胞と作品のお話です。

続きを読む
  • 6月 22 / 2020
  • 変化しながら続けるとうまくいく、33年かけてつくられた彫刻王宮 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

変化しながら続けるとうまくいく、33年かけてつくられた彫刻王宮

奇妙な石に惹かれて集め始めた郵便局員が33年がかりでつくってしまった王宮をご存じでしょうか。フェルディナン・シュバルさんがフランスのオートゥリーブという町で作り上げた手作りの宮殿です。

続きを読む
  • 6月 17 / 2020
  • 遊びに行きたい病院をつくりたい、社会を丸ごと病院にすることについて考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ企画実績

遊びに行きたい病院をつくりたい、社会を丸ごと病院にすることについて考える

2019年は次に進む方向についてかなり考えた年でした。世界中で展示されたアーティストになりたいだったり、もっと医療に貢献できることがしたいだったり。
2015年に自分の人生を考えて「海外で展示発表しながら暮らしたい」というのが、予想してたよりも早く現実として叶い、もしもすぐ死んじゃったとしたら、あと自分がやり残してることはなんだろうと考えるようになりました。
もちろん、海外もまだ行けてないところばかりだし、恒久的な作品を現地の人と一緒につくるとかもしたいです。アートは人がつくれる観光資源なので、人が集まるようなものがつくれるようになりたいとは思っています。

続きを読む
  • 6月 13 / 2020
  • ステートメント(ビジョン)はシステムで伝える、John McLaughlin / Total Abstraction はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

ステートメント(ビジョン)はシステムで伝える、John McLaughlin / Total Abstraction

2017年にロサンゼルスのLACMA美術館でJohn McLaughlinさんのTotal Abstractionという展示が行われました。その展示から考えたステートメントとシステムの関係です。

続きを読む
ページ:1234567...46