:::: MENU ::::

Category / みじんこアート

  • 6月 27 / 2019
  • 男らしさ、女らしさとは何か~ポップカルチャーからLGBTQについて考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

男らしさ、女らしさとは何か~ポップカルチャーからLGBTQについて考える

韓国のアーティスト・イン・レジデンスから同僚アーティストをご紹介。今日はイギリスでの留学経験もあるDew KIMさん。ダンスがすごく好きだというDewさんは、みんなの前で踊ってくれたりします^^

続きを読む
  • 6月 26 / 2019
  • エストニアのアートレジデンスMoKSで見た「Waste/不用品」をテーマにしたアート作品ご紹介 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, 世界のおもキカ!

エストニアのアートレジデンスMoKSで見た「Waste/不用品」をテーマにしたアート作品ご紹介

エストニアのアーティスト・イン・レジデンスMoKSにいた時、ちょうどラトビアとの共同アートプロジェクト「Waste」。14組のアーティストさんが選抜されたプロジェクトですが、ちょうどMoKSで制作されてた時に私も一緒に滞在していたので、彼らの作品を写真でお届けします!

続きを読む
  • 6月 21 / 2019
  • ブラジルから来た旅する青い雨ガッパのロハと韓国には方角が5つある話 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, 世界のおもキカ!

ブラジルから来た旅する青い雨ガッパのロハと韓国には方角が5つある話

韓国のアーティスト・イン・レジデンスTEMI OREに参加中のアーティストの2人展が始まりました。ブラジル人アーティストさんの作品の一部から韓国の方角をご紹介。

続きを読む
  • 6月 19 / 2019
  • 現代アートと社会を隔てる「目利き」の存在~現代の「目利き」を再定義しよう はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

現代アートと社会を隔てる「目利き」の存在~現代の「目利き」を再定義しよう

現代アートを一般から引き離している原因が「目利き」という存在ではないかと。あと「感性」論ね。アートがセンスだけで成り立ってるものであれば、私は海外でアート生活とか全然できてませんよ。だって私の作品の多くは「なるべくセンスを使わない」ことを考えながら作ってるんだもんw
「目利き」を改めて、一般と専門性の高いアートを繋ぐ存在として再定義しよう。

続きを読む
  • 6月 19 / 2019
  • アートの目利きというのは「ヒト」ではなくて「歴史」~自分の価値が低下していないか考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アートの目利きというのは「ヒト」ではなくて「歴史」~自分の価値が低下していないか考える

前世が見える、守護霊が見えるみたいな人のことを皆さんは信じますか?私は「どっちでもいい(どうでもいい)」という立場です。っていうのも、これまで何人かに前世とか守護霊とか見てもらったことがあるんですが、全員言うことが違ったからですね。「前世はいっぱいあるんだから、どれも本当だよ!」みたいな意見もあるかもしれませんが、それにしたって1つくらいはかぶっとけよwって思いますよね。今日は前世はともかく、証明できない物事を主張したがるのはなぜかという話。

続きを読む
  • 6月 15 / 2019
  • 医療ファンタジーな長編小説「夜の案内者」を小説投稿サイトエブリスタで公開しました! はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんコンテンツ, みじんこ企画実績, みじんこ小説

医療ファンタジーな長編小説「夜の案内者」を小説投稿サイトエブリスタで公開しました!

2015年に自分の理想の人生を考えた時、「海外を転々としながらアート作品を発表したい」が理想として出てきました。2016年のバルセロナでのアーティスト・イン・レジデンス3か月を皮切りに、2019年6月現在までに9か国10箇所のレジデンスに参加。当時の理想の生活が叶って、じゃあこのままでいいのか、というのを実はこの1年くらいずっと考えていました。制作発表はまだまだつづけたいし、作品の質もまだまだ。やらなければならないことはたくさんあるんですが、死ぬまでにこれができてなかったら後悔するだろうな、というのを改めて考えてみたら、それは長編小説を書き切ることでした。
先日初稿を書き切りまして、今は第2稿を修正中なんですが、すでに物語は公開しているのでご紹介ですよ^^

続きを読む
  • 6月 11 / 2019
  • 「支援」がアーティストを不幸にする~アーティストの活動を支える仕組みについて考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ企画実績, みじん講義

「支援」がアーティストを不幸にする~アーティストの活動を支える仕組みについて考える

無名のアーティストがどうやって活動継続していくかに考えるシリーズ(あまりシリーズ化はしていない)。私は「支援」っていう言葉をやめないか、と提案したい。今日はそういう話。

続きを読む
  • 6月 10 / 2019
  • 現代アーティストの活動を支えるシステムについて考える~差別化をはかりたい起業家とマッチングさせる はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ企画実績, みじん講義

現代アーティストの活動を支えるシステムについて考える~差別化をはかりたい起業家とマッチングさせる

企業の差別化を計るという意味で「アート」に対する注目が上がっている昨今。前澤さんが123億円でバスキアを買ったり、月にアーティストを送ると公言していることも後押ししているのかも。とはいえ、現代アーティストとして暮らしていくというのが大変なのは確か。今日は現代アーティストたちが活動をつづけるシステムについて考えてみました。

続きを読む
  • 6月 09 / 2019
  • 現代アート作品の作り方レシピ~自分の全人生を社会と結び付け、バックグラウンドから説得力を出す はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

現代アート作品の作り方レシピ~自分の全人生を社会と結び付け、バックグラウンドから説得力を出す

2019年6月現在、世界9か国10か所のアーティスト・イン・レジデンスに参加している私は、割と各国のアーティストさんと直接話すことが多いと思うんですよね。レジデンスによっては、有名ギャラリーに所属しているアーティストさんだったり、自分が過去に落ちた競争率の高いレジデンスプログラムに合格しているアーティストさんなど、割と評価を受けているアーティストさんと同居することもあります。そうして話していて感じたのは「後追いでも意外と戦える」です。もっと言えば、後からでも「全然勝てる」。

続きを読む
ページ:123456789...30