:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 11月 21 / 2019
  • 0
みじんこアート

【制作ノート】アート作品を深める時は細かく問いを立てるとよい

実のところ考えるのが割と苦手な自分は、気がつくと考えなくて済むような仕事にフラフラフラーといってしまいがちです。思考力って筋肉と同じなので、考えないとすぐ衰えてしまいます。しかし、鍛え続けるってけっこうきついですよね。今日は今考えてることをふわふわ書いてみました。

続きをよむ
  • 11月 19 / 2019
  • 0
みじんこレビュー

フリーランス必読!価値の作り方や日本の社会構造を教えてくれる『エンゼルバンク』~未来の医療もここにあった!

ドラゴン桜で有名な三田紀房先生のマンガ『エンゼルバンク』。仕事の進め方やフリーランスで悩みがちな「価格の決め方」などを教えてくれる名著なんですが、これがすごすぎた。日本の医療をどうしたらいいかみたいな提案もあって、ぜひ広まってもらいたいなぁって思ったので、今日はこちらをご紹介。

続きをよむ
  • 11月 15 / 2019
  • アート作品の短い解説文の書き方~解説付きポートフォリオをつくろう はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

アート作品の短い解説文の書き方~解説付きポートフォリオをつくろう

海外のレジデンスに応募しているときには、ポートフォリオを求められることが多いのですが、作品のポートフォリオには「画材・サイズ・制作年」以外に短い解説文を求められることがあります。求められてなくてもだいたい添えているのですが、「短い」のですべては書ききれません。そんな時のテキスト制作のポイントをまとめてみました。

続きをよむ
  • 11月 12 / 2019
  • 自分の現代アート作品のクオリティをあげるためにやること~疑問を挙げていく はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

自分の現代アート作品のクオリティをあげるためにやること~疑問を挙げていく

ブログ記事が雑になっているときは、だいたい日常生活が忙しい時なんですが、今は展覧会作品、オーダー作品の制作や整理のほか、いつもどおりレジデンスの応募資料作成を地味にやっております。季節的に秋と春が締め切り多いんですよね。出せるものは基本的に全部出すスタイルでやっている理由としては、レジデンスの応募資料を書くってこと自体が、自分の作品についてしっかり考えるいいきっかけになるからですね。もともと考えることがあんまり得意じゃないので、こういう風に決めておかないと、そもそも考えないんです。なので、現代アーティストとしては作品が深まっていかない。アイデアも出ない。レジデンス応募資料をつくる、展覧会を設計することをきっかけに、考える機会を無理やり自分につくってるんです。いやはや、考えるのが好きで自然にやれる人がうらやましいですよ!

続きをよむ
ページ:1234567...71