:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 1月 24 / 2019
  • 0
みじんこレビュー

ドラマ「重版出来」から考える出版事情~電子か紙か、作家を応援するためにできることを考える

中学生の時には編集者になりたかったのになぜか獣医になっている私。ドラマにあるように、好きな作家の作品の最初の読者になれるというのが憧れそのものでした。編集部を舞台にしたドラマ、「重版出来」では、本にまつわるいろんなエピソードを知ることができます。おススメ^^

続きをよむ
  • 1月 22 / 2019
  • 0
みじんこレビュー

薬物依存のシャーロック・ホームズが女医のワトソンと一緒にニューヨークで事件解決してるドラマから考えるキャラクターについて

ホームズ&ワトソン in NY、というタイトルに惹かれて見始めちゃったAmazonプライムのドラマシリーズ。事件自体も意外性が盛りだくさんで、作りつくされてそうなミステリーでこれだけおもしろくできることに戦慄を覚えます。そんなわけでおススメ^^

続きをよむ
  • 1月 20 / 2019
  • 0
みじん講義

オランダで「アーティスト」だとお金がもらえるらしいってことから漫画を芸術として意識すべきという考えに行きつくまで

アーティスト・イン・レジデンスで会うアーティストさんたちと話していると、各国のアート支援事情をうらやましく思うことも。日本で今の私がアートの助成金を取るってけっこう厳しいです。数回出しただけですが全敗。なんかもう、受かる気がしません。各国の芸術への支援っぷりってすごいんですよね。そこから、日本における一番の芸術都市ってどこだろうと考えてみました。

続きをよむ
  • 1月 19 / 2019
  • 0
みじんこレビュー

斉木楠雄のΨ難から考えるコメディ映画はなぜおもしろいのか~笑わせようとしないから笑える説

ふだんコメディをほとんど見ないのですが、けっこうおもしろかったです、斉木楠雄。レビューはそこまでいいわけではないっぽい、、っていうか、コメディかと思ったらジャンルは「SF」なのか。そーか!とりあえずコメディ扱いでなぜ笑えるのかを考えてみました。

続きをよむ
  • 1月 17 / 2019
  • 0
みじんこアート, みじんこ企画実績

韓国での個展「Under the road / Life Continuous」の解説ウラ話と反省点まとめ

2018年10月に開催したOuma個展「Under the road / Life Continuous」
個展設計する時に考えたことや反省点などをまとめました。独学者にとって最も勉強になるのは、他のアーティストの思考開示だと思うんですね。予算や制作期間含め、どんなことを考え、何を今後の改善点として考えているのか。そんなわけで個展設計の思考開示です。反省点多め!

続きをよむ
  • 1月 17 / 2019
  • 0
みじんこレビュー

【物語分析】湊かなえの「Nのために」から考える、脳死してたほうがエンタメはいつまでも楽しめる説

人気作家、湊かなえの「Nのために」
Amaonプライムで無料で見られるドラマシリーズ^^。レビューと逆で私は先日の「贖罪」のほうがおもしろかったんですが、なんでそうなったのかをちょっと考えてみました。微妙にネタバレしてるので、まだ見てない方は引き返してくださいね。

続きをよむ
  • 1月 16 / 2019
  • 【物語分析】湊かなえの「贖罪」がおもしろい理由を考えてみた はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

【物語分析】湊かなえの「贖罪」がおもしろい理由を考えてみた

人気作家、湊かなえの「贖罪」
Amaonプライムで無料で見られるのですが、すごくよかったです。おもしろい物語制作の秘訣を探るために、おもしろいポイントを分解してみました。ネタバレを含むのでまだ見てない人はぜひ、見てからにしてくださいね!^^

続きをよむ
  • 1月 15 / 2019
  • ヒトは死をどのように受容するのか~死を前にした末期患者の家族としてできること はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

ヒトは死をどのように受容するのか~死を前にした末期患者の家族としてできること

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今回は「死ぬ瞬間―死とその過程について」から、ヒトが死を受け入れていくまでの過程、それを助ける方法をまとめました。

続きをよむ
ページ:1234567...34