:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 6月 16 / 2019
  • 0
みじん講義

言葉によってつくられる世界観について考える~フィクションの中に求められるリアリティについて

人生で初めて長編小説を執筆中なのですが、書き始める時に考えたのは「世界観」をどう言葉で伝えるかについて。人が話す言葉も、自分をなんて呼ぶか、人と話すときにどういう言葉を選ぶかなどでその人の人柄(世界観)がつくられる。今日は言葉の選択と世界観のおはなし。

続きをよむ
  • 6月 15 / 2019
  • 0
みじんこアート, みじんコンテンツ, みじんこ企画実績

医療ファンタジーな長編小説「夜の案内者」を小説投稿サイトエブリスタで公開しました!

2015年に自分の理想の人生を考えた時、「海外を転々としながらアート作品を発表したい」が理想として出てきました。2016年のバルセロナでのアーティスト・イン・レジデンス3か月を皮切りに、2019年6月現在までに9か国10箇所のレジデンスに参加。当時の理想の生活が叶って、じゃあこのままでいいのか、というのを実はこの1年くらいずっと考えていました。制作発表はまだまだつづけたいし、作品の質もまだまだ。やらなければならないことはたくさんあるんですが、死ぬまでにこれができてなかったら後悔するだろうな、というのを改めて考えてみたら、それは長編小説を書き切ることでした。
先日初稿を書き切りまして、今は第2稿を修正中なんですが、すでに物語は公開しているのでご紹介ですよ^^

続きをよむ
  • 6月 14 / 2019
  • 0
みじん講義

やりたいことが見つからない場合はとりまアイスを食べることで1円稼ぐことを考える

ネット徘徊していると、やりたいことが見つからない、みたいな話を聞くことがあります。んー、ものすごく分かるんですよね。私も獣医になる、を決めてなるまではよかったんですが、そこからドロップアウトした後に、どこ行けばいいのか分からなかった時間が年単位でありました。楽しいはずのことをしててもどこか心の中で焦ってるみたいな。そんな時、とりまやるといいかなってことを書いてみるよ。

続きをよむ
  • 6月 13 / 2019
  • 0
みじんこレビュー

人狼ジャッジメント(人狼J)15人逆村攻略~サイコ・黒猫・狂人の立ち回り

萎え落ちしたわりにまたやってる人狼Jなんですが、最近動画は見なくなりましたね。ってか、動画見ても攻略がわかんない。再開してからスタンダード9村はあんまりやらなくなりまして、最近は逆村ばかりやっています。逆村って失敗しても割と責められなくて敵チーム同士でも仲良く感想戦できることが多いんですよね。そんなところが割と好きです。

続きをよむ
  • 6月 12 / 2019
  • 0
みじんこレビュー, みじん講義

無料で読める漫画アプリ少年ジャンププラスから考える「人を惹きつける作品・物語」の作り方

最近は公式サイトで漫画を無料公開してくれるところが増えたんですよね。昔の漫画だとたまにAmazonプライムで無料DLとかやってるし。制限しても結局違法サイトができてしまうっていうイタチごっこ問題もあるのでしょうが、読んでくれる人の総量が増えることで、作家さんご本人に還元されるものが増えるといいよなーって思います。
今日は魅力的な漫画を前に、これだけ人を惹きつけるのはなぜか、を考えてみました。

続きをよむ
  • 6月 10 / 2019
  • 0
みじんこアート, みじんこ企画実績, みじん講義

現代アーティストの活動を支えるシステムについて考える~差別化をはかりたい起業家とマッチングさせる

企業の差別化を計るという意味で「アート」に対する注目が上がっている昨今。前澤さんが123億円でバスキアを買ったり、月にアーティストを送ると公言していることも後押ししているのかも。とはいえ、現代アーティストとして暮らしていくというのが大変なのは確か。今日は現代アーティストたちが活動をつづけるシステムについて考えてみました。

続きをよむ
  • 6月 09 / 2019
  • 現代アート作品の作り方レシピ~自分の全人生を社会と結び付け、バックグラウンドから説得力を出す はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

現代アート作品の作り方レシピ~自分の全人生を社会と結び付け、バックグラウンドから説得力を出す

2019年6月現在、世界9か国10か所のアーティスト・イン・レジデンスに参加している私は、割と各国のアーティストさんと直接話すことが多いと思うんですよね。レジデンスによっては、有名ギャラリーに所属しているアーティストさんだったり、自分が過去に落ちた競争率の高いレジデンスプログラムに合格しているアーティストさんなど、割と評価を受けているアーティストさんと同居することもあります。そうして話していて感じたのは「後追いでも意外と戦える」です。もっと言えば、後からでも「全然勝てる」。

続きをよむ
  • 6月 08 / 2019
  • 作品を治療している作品においてリアルに手術用縫合糸を使うかどうかは科学的に全く意味がないという話 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

作品を治療している作品においてリアルに手術用縫合糸を使うかどうかは科学的に全く意味がないという話

私の作品の中に「作品の病変部分を切除した作品」というのがあります。物の生命性をテーマにした作品であり、「ゾウリムシ」という進化型の作品シリーズの一つなのですが、「手術をするように縫合してるんですね」と言うと、糸が「手術用の糸なのか」というのを聞かれることがあります。「いいえ違います」と言うと、微妙にがっかりされるのですが、縫合糸の種類とかに詳しくない人にとっては、「本物を使っている」というのがリアルの証明になってしまうんだな、ということに気づきました。今日は縫合糸のことから科学のお話を少し。

続きをよむ
  • 6月 07 / 2019
  • 情報は「集める」より「集まる」~目標を具体化する先にある必要な情報の話 はコメントを受け付けていません。
みじん講義

情報は「集める」より「集まる」~目標を具体化する先にある必要な情報の話

noteに「学力テストでE判定だけど獣医大学に入るまでにやったこと」という記事を書きました。こちらのポイントとなってる「1)情報収集 2)自分の実力の把握」の1)情報収集について今日はまとめてみました。

続きをよむ
  • 6月 06 / 2019
  • 自分の実力を知ることについて考える~強みは環境によって作られるという話 はコメントを受け付けていません。
みじん講義

自分の実力を知ることについて考える~強みは環境によって作られるという話

noteに「学力テストでE判定だけど獣医大学に入るまでにやったこと」という記事を書きました。100円とはいえ有料にしてるので、基本的には読まないでいただいて、ポイントとなってる「1)情報収集 2)自分の実力の把握」部分についてもうちょっと解説しようかなと。特に2の「「実力(=自分の強み)の把握」の部分ですね。

続きをよむ
  • 6月 05 / 2019
  • 韓国大田(テジョン)で韓医薬を買ってみよう!~英語が通じる薬局と韓医薬センターの見学について はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, 世界のおもキカ!

韓国大田(テジョン)で韓医薬を買ってみよう!~英語が通じる薬局と韓医薬センターの見学について

韓国には中国の漢方と同様に「韓医薬」というものがあります。インドにもアーユルヴェーダがありますね。韓国テジョンにはKOREA INSTITUTE OF ORIENTAL MEDICINE(KIOM)という韓医薬の研究センターもあります。今日はテジョンの韓医薬が買えるショップとKIOMのお話。

続きをよむ
ページ:1234567...45