:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 3月 13 / 2019
  • ハシグチリンタロウ作品を徹底分析してみよう vol.1~感情というリアルな言語 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

ハシグチリンタロウ作品を徹底分析してみよう vol.1~感情というリアルな言語

Facebook上で長いこと存じ上げていたのですが、先日、初めてお会いする機会が得られまして、ありがたいことに作品についての詳しい話を伺えました。書道というものの基礎知識にはずいぶん疎い私ですが、同時代を生きる者として、ハシグチ作品が訴えかけてくるものについて、真剣に考えてみました。長くなったので、数回に分けますね。
※作品画像は本人提供です。

続きをよむ
  • 3月 12 / 2019
  • エストニア南の村、Moosteでのアーティスト・イン・レジデンス体験レポート はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験

エストニア南の村、Moosteでのアーティスト・イン・レジデンス体験レポート

みじんこレポート、さっそくのオーダーありがとうございます!2019年初めて降り立ったエストニアでの滞在は首都タリンではなくMooste。この町でのアート滞在制作について、ご紹介します!

続きをよむ
  • 3月 10 / 2019
  • 2人なのに個展~上海展覧会のパートナー、景秋作品から考える理想と現実について はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験

2人なのに個展~上海展覧会のパートナー、景秋作品から考える理想と現実について

上海展覧会「INFINITE REPETITION / 无限循环」は、2人展という紹介になっているけど、私たちの中では「個展」という認識がある。2人で1人の作家として「個展」をやろう、というのが、出会った当初からの私たちの目標で、1年がかりでそれがようやく実現した。Solo show by one artists(複数のSがつく)それが私たちの展覧会のコンセプト。本展覧会のキュレーター、Peter Haganさんは、1つのことを景秋さんは仏教観やスピリチュアルな経験をベースに「Why」の視点で、Oumaはサイエンスの観点から「How」の視点で表していると称した。
今回は景秋さんの作品をご紹介。

続きをよむ
  • 3月 09 / 2019
  • 医者のいない病院~世界から肩書をなくすことについて考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

医者のいない病院~世界から肩書をなくすことについて考える

医療の未来について考える元獣医の細胞アーティスト、Oumaです。今日もエストニアからこんにちは。医療について一番大事なことは何か。それは信頼関係の構築だと私は考えています。自分が現役の時には、ご家族から学ぶことも多かった。それは医療のことに限らずです。

続きをよむ
  • 3月 09 / 2019
  • 中国で使えるウェブサービスとVPN、主に上海でおすすめのアプリなど はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー, みじんこ体験

中国で使えるウェブサービスとVPN、主に上海でおすすめのアプリなど

ご存知の通り、中国には万里の長城レベルのGreat Fire Wallが存在いたしまして、GoogleやFacebook、Twitterなどは使うことができません。1週間程度の短期滞在で便利なVPNアプリなどをご紹介。

続きをよむ
  • 3月 07 / 2019
  • リサーチをベースにした漫画はアートとして助成金支給してもいいんじゃないかという話 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ企画実績, みじん講義

リサーチをベースにした漫画はアートとして助成金支給してもいいんじゃないかという話

海外のアーティスト・イン・レジデンスに応募していると、「リサーチャー」の受け入れも多いことに気づく。場所によってはリサーチベースのアーティスト限定のところもあるし、そういったところの条件はけっこういい(調査費用助成のほか、発表機会、現地専門家とのミーティングなどが用意されているケースも)。そもそもリサーチにはお金と時間がかかるからだ。しかし、日本でリサーチベースのアートワークっていうのをほぼ見かけないのだけど(展覧会の公募企画などで見かけることはある)、どこまで認知されているのだろうか。今日はリサーチアートについて考えてみた。

続きをよむ
  • 3月 04 / 2019
  • オープニングで販売作品を無料配布する前代未聞の展覧会「无限循环」in上海 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ企画実績, みじんこ体験

オープニングで販売作品を無料配布する前代未聞の展覧会「无限循环」in上海

ギャラリーというのは、アート作品を展示する場所でありながら、販売する場所でもあります。ギャラリーは作品販売の収益によって運営費を賄っているし、アーティストも同じくです。作品が売れなければ、作品制作どころか、生活することすらできなくなってしまいます。それを無料配布してしまったのが、景秋とOumaによる個展「无限循环」

続きをよむ
  • 2月 28 / 2019
  • ルミネアワード2019から学ぶアートプレゼンテーション~真実と嘘のバージョン はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

ルミネアワード2019から学ぶアートプレゼンテーション~真実と嘘のバージョン

ハシグチリンタロウさん、グランプリおめでとうございます!今回のルミネの選考はすごくおもしろかった。簡単に言うと、ルミネの「変化の意志」を感じたことですね。今日はそのへんと、ハシグチさんのプレゼンテーションが素晴らしかったので、その辺をご紹介します!

続きをよむ
  • 2月 24 / 2019
  • 東京都美術館の奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールドの一番のみどころ~なめくじ はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

東京都美術館の奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールドの一番のみどころ~なめくじ

チケットをいただいたこともあって行ってきました東京都美術館。ふだんは割とギャラリーのほうが好きなので、あんまり美術館には行かないんですね。海外の美術館だとLACMAとかThe Broad、MoMA PS1とか好きなところは多いです^^ 伊藤若冲や白隠などの作品が並ぶ中、イチオシしたい作品をご紹介。

続きをよむ
  • 2月 23 / 2019
  • LUMINE MEETS ART AWARD落ちっぱなしのアーティストが考える傾向と対策 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

LUMINE MEETS ART AWARD落ちっぱなしのアーティストが考える傾向と対策

4、5回くらい出してて最終審査も数回行ってるんですが、毎回落ちているOuma。(エレベーターなどの平面やデジタルサイネージでの応募の時に落ちて、インスタレーションはぜんぶ最終に通ってるので、平面と動画にだいぶ弱いんでしょうね。インスタレーションについては競争率が低いんじゃないかなーなんて予測しています、内情は知りませんが)
こちらはアート独学者への情報提供を目指すみじんこブログ。2019年ははじめてプレゼン審査が入っていたので、対策とともに、自作の反省点をあげておこうと思います。

続きをよむ
  • 2月 22 / 2019
  • タグボートギャラリーで開催中の「あたり」個展「虚を見るために」で作品を買った理由含めた詳細を解説 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじん講義

タグボートギャラリーで開催中の「あたり」個展「虚を見るために」で作品を買った理由含めた詳細を解説

極限まで物を減らしてスーツケース1つと画材を抱えて旅するアーティスト、Oumaです、こんにちは。そんな超絶ミニマリストかつホームレスの私ですが、出会ったアート作品に惹かれて思わず買ってしまいました。こちらの展覧会の詳細解説をしていきます^^

続きをよむ
ページ:12345678...41