:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 1月 31 / 2019
  • みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(9)~現代アーティストとして「作品を見る目」を鍛える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ漫画

みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(9)~現代アーティストとして「作品を見る目」を鍛える

良い作品をつくるために目を鍛える必要があると気づいたピカソ先生。
前回までのあらすじ:みじんこが楽を追求する理由に感動したピカソ先生、みじんこをトップアーティストにするためにさらに気合を入れる!

続きをよむ
  • 1月 31 / 2019
  • 「感じるままに観ればいい」の嘘~武器になる知的教養としての美術鑑賞から初心者向け鑑賞スタンスをご紹介 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ漫画

「感じるままに観ればいい」の嘘~武器になる知的教養としての美術鑑賞から初心者向け鑑賞スタンスをご紹介

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今回は秋元雄史さんの「武器になる知的教養 西洋美術鑑賞」から、知的教養を培う鑑賞スタンスをまとめました。

続きをよむ
  • 1月 28 / 2019
  • みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(8)~みじんこが「楽」を追求する理由 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ漫画

みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(8)~みじんこが「楽」を追求する理由

さらなる「楽」を追求するみじんこ。なぜそこまで「楽さ」にこだわるのか。
前回までのあらすじ:楽に作品制作できる方法がないか模索する。

続きをよむ
  • 1月 27 / 2019
  • みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(7)~可能な限り楽して早く作品をつくる方法を模索する。 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ漫画

みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(7)~可能な限り楽して早く作品をつくる方法を模索する。

結局のところ、作品が1点しかないことに気づいたのです。
前回までのあらすじ:海外展示するためにCVを捏造する方法を思いつく。

続きをよむ
  • 1月 26 / 2019
  • みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(6)~海外展示できたらカッコいいと思い立つ。 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ漫画

みじんこ漫画で分かりそうになる現代アート(6)~海外展示できたらカッコいいと思い立つ。

みじんこは、とりあえず海外展示の夢はあきらめないのです。
前回までのあらすじ:MoMAで展示を試みるがパスポートがなくて渡米できないことに気づいたみじんこ。

続きをよむ
  • 1月 26 / 2019
  • 仕事量は成果に比例しない~生産性を上げるために「焦点」を明確化する質問リスト はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー, みじんこ漫画, みじん講義

仕事量は成果に比例しない~生産性を上げるために「焦点」を明確化する質問リスト

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今回は「フォーカル・ポイント」から、生産性を上げる質問をリストアップしました。

続きをよむ
  • 1月 24 / 2019
  • マルセル・デュシャンの「便器」が芸術における「ゼロの発見」である理由 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験, みじん講義

マルセル・デュシャンの「便器」が芸術における「ゼロの発見」である理由

ポコラート全国公募vol.8、形にならない表現部門の受賞作品、山岸玄武さんの「デュシャンの泉100年」の講演を聞きに行ってきたので、そちらをまとめました。現代アートという分かりにくいものを扱っているにも関わらず、講演は非常に分かりやすく、分からないものを楽しめる秘訣にあふれてましたよ^^

続きをよむ
  • 1月 24 / 2019
  • ドラマ「重版出来」から考える出版事情~電子か紙か、作家を応援するためにできることを考える はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

ドラマ「重版出来」から考える出版事情~電子か紙か、作家を応援するためにできることを考える

中学生の時には編集者になりたかったのになぜか獣医になっている私。ドラマにあるように、好きな作家の作品の最初の読者になれるというのが憧れそのものでした。編集部を舞台にしたドラマ、「重版出来」では、本にまつわるいろんなエピソードを知ることができます。おススメ^^

続きをよむ
  • 1月 22 / 2019
  • 薬物依存のシャーロック・ホームズが女医のワトソンと一緒にニューヨークで事件解決してるドラマから考えるキャラクターについて はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

薬物依存のシャーロック・ホームズが女医のワトソンと一緒にニューヨークで事件解決してるドラマから考えるキャラクターについて

ホームズ&ワトソン in NY、というタイトルに惹かれて見始めちゃったAmazonプライムのドラマシリーズ。事件自体も意外性が盛りだくさんで、作りつくされてそうなミステリーでこれだけおもしろくできることに戦慄を覚えます。そんなわけでおススメ^^

続きをよむ
  • 1月 22 / 2019
  • 末期患者が家族にいたら~気持ちを吐き出す手助けになることや自身が抱え込まないためにすることなど はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

末期患者が家族にいたら~気持ちを吐き出す手助けになることや自身が抱え込まないためにすることなど

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今回は「死ぬ瞬間」をめぐる質疑応答から、重い病気をもった人たちと話す時に気をつけるポイントなどをまとめてみました。

続きをよむ
  • 1月 20 / 2019
  • オランダで「アーティスト」だとお金がもらえるらしいってことから漫画を芸術として意識すべきという考えに行きつくまで はコメントを受け付けていません。
みじん講義

オランダで「アーティスト」だとお金がもらえるらしいってことから漫画を芸術として意識すべきという考えに行きつくまで

アーティスト・イン・レジデンスで会うアーティストさんたちと話していると、各国のアート支援事情をうらやましく思うことも。日本で今の私がアートの助成金を取るってけっこう厳しいです。数回出しただけですが全敗。なんかもう、受かる気がしません。各国の芸術への支援っぷりってすごいんですよね。そこから、日本における一番の芸術都市ってどこだろうと考えてみました。

続きをよむ
  • 1月 20 / 2019
  • アール・ブリュットにコンペは必要なのか~アートに優劣をつけることから平等について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

アール・ブリュットにコンペは必要なのか~アートに優劣をつけることから平等について考える

「生の芸術」と呼ばれるアール・ブリュットについての本を読んでいます。いろんな議論があっておもしろいのですが、今日は「平等」について考えてみました。

続きをよむ
ページ:1234567...36