:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 12月 11 / 2019
  • マンガサイト・アル開発室の忘年会で奇跡が起こったはなし はコメントを受け付けていません。
みじんこの活動, みじんこ体験

マンガサイト・アル開発室の忘年会で奇跡が起こったはなし

書くこともマンガも好きなみじんこ。どこにいても自分のペースでほんのりお仕事できるのいいなーってことで、2019年の8月から、アルというマンガサイトでライターやってるんですね。最初から「記事を書くぞ!」ってつもりで読むと、おもしろい部分を探しながら読むので内容もしっかり記憶されていい感じ^^
「アル」はオンラインサロンがあるのですが、みじんこはそれにも入っておりまして、その忘年会に参加してまいりました。

続きをよむ
  • 12月 08 / 2019
  • 「天作会」出展のドイツ人アーティストの作品から色と言葉による文化交流について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

「天作会」出展のドイツ人アーティストの作品から色と言葉による文化交流について考える

ありがたいことにちょうど帰国中のタイミングだったので、「天作会」という展覧会を見に行ってきました。2011年に美術批評家の海上雅臣さんの勧めで初めて見に来たのがきっかけで、当時、「テンカー」って書いてある作品が廊下に並んでたり、ラ・ラ・ラ・ラ・ラ みたいな作品が並んでいるのを見て、目がゴマになったのをよく覚えています。海上さんと書家の山本さんが対談してたのを「わからなさみ」って思いながら聞いてたことをよく覚えていて、じんわりします。

続きをよむ
  • 12月 07 / 2019
  • 【5秒で読める】韓国南部のごはんをマンガのコマで「おいしい気持ち」と一緒にお届け! はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, 世界のおもキカ!

【5秒で読める】韓国南部のごはんをマンガのコマで「おいしい気持ち」と一緒にお届け!

2018年に韓国ウルサンのMOHAというアーティストインレジデンスに参加したのですが、ビエンナーレがやっていたグアンジュや古都・ギオンジュなどあちこちに連れてってもらいました。おいしいごはん料理と一緒においしい気持ちをマンガのコマで表してみました!

続きをよむ
  • 12月 06 / 2019
  • タグボートの年末展覧会「アート解放区」@代官山にだしますよ! はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

タグボートの年末展覧会「アート解放区」@代官山にだしますよ!

アーティスト・イン・レジデンスに参加中の展覧会のいいところは「売ることを考えなくていいこと」ですが、アーティストとして活動をつづけるためには売ることを考えなくてはいけないわけで。日本だと昨年11月のSwatchビル、ニコラスGハイエックセンター以来の展覧会に出展しますよ!

続きをよむ
  • 12月 05 / 2019
  • 『残酷すぎる成功法則』から考えるフリーランスの成功を左右する3つのポイント はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

『残酷すぎる成功法則』から考えるフリーランスの成功を左右する3つのポイント

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は『残酷すぎる成功法則』を読みつつ、自分自身の振り返りをしてみました。あまり人の役には立たない自分の生活振り返りの記録です。

続きをよむ
  • 12月 04 / 2019
  • 心震える名言を一瞬で打ち砕く返しコマで心震えさせないようにしてみた はコメントを受け付けていません。
みじんこの活動

心震える名言を一瞬で打ち砕く返しコマで心震えさせないようにしてみた

次に読むマンガを探せるサイト「アル」でマンガのコマを使ったブログ記事投稿コンテストをやっています(12/15まで)。みじんこも早速やってみます!

続きをよむ
  • 12月 04 / 2019
  • 【5秒で読める】上海から1時間の水の都・蘇州を楽しむ はコメントを受け付けていません。
みじんこ体験, 世界のおもキカ!

【5秒で読める】上海から1時間の水の都・蘇州を楽しむ

上海から特急列車で1時間ほどのところにある蘇州。水のある町、大好きなんですよね。定住するなら海や川に近い町がいいといつも思っております。今日は蘇州のご紹介。

続きをよむ
  • 12月 01 / 2019
  • 良いアート作品ってなんだろうっていうのを考えてみる。 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

良いアート作品ってなんだろうっていうのを考えてみる。

ありがたいことに、現在とても条件のいいレジデンスにあちこち受かっていて(落ちているほうが10倍くらい多いんですが)、一緒に参加するアーティストさんたちと話をする機会がいっぱいあります。みなさん、キャリアもすごくあってギャラリー所属のアーティストさんもけっこういたりします。そんななので、みなさん「現代アート」として非常に作り込まれている。そんな中で抜きんでるには何が必要なのかなっていうのを考えてみました。

続きをよむ
ページ:123456789...78