:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 3月 02 / 2020
  • 韓国で餓死した女性アーティストの遺作を巡る現代アートミステリー『手と骨』電子版リリースしたよ! はコメントを受け付けていません。
みじんこグッズ, みじんコンテンツ, みじんこ企画実績

韓国で餓死した女性アーティストの遺作を巡る現代アートミステリー『手と骨』電子版リリースしたよ!

医療ファンタジー「夜の案内者」につづく第二弾の長編小説「手と骨」を電子書籍にしましたよ。2018年に初めて韓国のアーティスト・イン・レジデンスに滞在したときのことが制作のきっかけになっていて、割とネタ自体も新しい作品です。舞台になった場所などをご紹介しますよ!

続きをよむ
  • 2月 29 / 2020
  • 私のつくったごはんはゴミ箱に向かうかもしれない~社会の最小単位としての家族について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこの活動

私のつくったごはんはゴミ箱に向かうかもしれない~社会の最小単位としての家族について考える

お誕生日ケーキのオーダーをありがとうございます!ひさしぶりの日本なこともあり、野菜いっぱいのごはんをつくり、バースデーケーキとしました。今日は報告の記事を。ちょっと堅苦しい感じの文章を意識してみたんですがどうでしょう。もっと形而上的って書くべきだったでしょうか。

続きをよむ
  • 2月 28 / 2020
  • 和菓子はヴィーガンスイーツ~青い空の美しい季節のお菓子「天の川」 はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

和菓子はヴィーガンスイーツ~青い空の美しい季節のお菓子「天の川」

お誕生日ケーキのオーダーをありがとうございます!ヴィーガンのケーキについて知りたいという要望が添えられていたので、今日は夏限定の和菓子「天の川」をご紹介です。

続きをよむ
  • 2月 27 / 2020
  • ブラジルの新具体主義(ネオコンクレティスム)を支えた3人のアーティスト はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

ブラジルの新具体主義(ネオコンクレティスム)を支えた3人のアーティスト

先日お会いしたブラジルを代表するアーティスト、エルネスト・ネトさんも新具体主義(ネオコンクレティスム)を継承した作家さんなんですが、今日はネオコンクレティスム、ブラジルの美大の先生から解説を聞いたののまとめです!

続きをよむ
  • 2月 26 / 2020
  • 【しいたけ占い】『しいたけ.の12星座占い』から2020年の運勢にしいたけさんの言葉を添えてお届け はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

【しいたけ占い】『しいたけ.の12星座占い』から2020年の運勢にしいたけさんの言葉を添えてお届け

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は大人気占い師しいたけ.さんの『しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢』から、2020に向けてのアドバイスをお届けです。Kindle Unlimitedに入ってると、2020年2月現在、無料で全部読めるっぽいですよ、チャンス!

続きをよむ
  • 2月 26 / 2020
  • 『オタク経済圏創世記』から歴史に残る作品について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

『オタク経済圏創世記』から歴史に残る作品について考える

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は『オタク経済圏創世記』からためになったなーってことを図解してみました!(お誕生日プレゼントをいただいたので本を買いましたよ!)

続きをよむ
  • 2月 24 / 2020
  • 『ルーンショット クレイジーを最高のイノベーションにする』からイノベーションが起こりやすい状態を図解しました はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

『ルーンショット クレイジーを最高のイノベーションにする』からイノベーションが起こりやすい状態を図解しました

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は『LOONSHOTS<ルーンショット> クレイジーを最高のイノベーションにする』からルーンショットが生まれる状態を図解してみました!

続きをよむ
  • 2月 21 / 2020
  • 社会との対話が感情によって行われるとして、感情を揺さぶるのはなにか考えてみた はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

社会との対話が感情によって行われるとして、感情を揺さぶるのはなにか考えてみた

いよいよブラジル最後の夜となりました。なんだかんだあっという間でしたね。思い返せばこの1年間で東京→上海→エストニア→韓国→九州→韓国→ブラジルって渡り歩いてきてたんですね。エストニアにいたことがまるで5年くらい前のことのように感じてしまいます。びっくり。今日はふたたび制作ノート。前回記事「社会を生命体とした時、対話してるのはどうやって分かるのか、あるいは細胞との対話」から一歩踏み込んだ内容を考えてみました。

続きをよむ
ページ:1234567...84