:::: MENU ::::

最近のみじんこの活動

  • 8月 27 / 2020
  • 最適な画材を選び出すように制作者のステータスを作品に混ぜ合わせることを考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

最適な画材を選び出すように制作者のステータスを作品に混ぜ合わせることを考える

ロサンゼルスのチャイナタウンに、Good Luckギャラリーというギャラリーがあります。すごくおもしろい作品が多くていいなと思っていたら、取り扱いアーティストはadults with disabilities、障がいをもつアーティストなんですね。

続きをよむ
  • 8月 25 / 2020
  • 分業時代のマンガ制作~ネーム制作の裏側から自分の引き出しを増やすコツを学ぶ はコメントを受け付けていません。
みじんこの活動

分業時代のマンガ制作~ネーム制作の裏側から自分の引き出しを増やすコツを学ぶ

自分の物語がマンガ化・映像化されたところが見たい!ということで、絵の描ける人にネーム制作をお願いし、Twitter持ち込みすることを目指しています。

続きをよむ
  • 8月 25 / 2020
  • 耳が聞こえにくいことと障がいにまつわる差別について考える はコメントを受け付けていません。
みじんこレビュー

耳が聞こえにくいことと障がいにまつわる差別について考える

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は『難聴者と中途失聴者の心理学》』。聴覚障がいがあるとどんな困ったことがあるのかというのをまとめた本を読みました。

続きをよむ
  • 8月 25 / 2020
  • 海外の事例から学ぶ、居心地のいいスペースをつくるにはどうしたらいいか はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

海外の事例から学ぶ、居心地のいいスペースをつくるにはどうしたらいいか

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は『パブリックコミュニティ 居心地の良い世界の公共空間《8つのレシピ》』。アート作品の展示空間にも通じるかなと思って読んでみたんですが、とてもおもしろい海外の事例がいっぱいありました。

続きをよむ
  • 8月 25 / 2020
  • 医療と物語とアートから、人類がある限り残りそうなものを考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート

医療と物語とアートから、人類がある限り残りそうなものを考える

歴史に残るもの、つまり時間の選別に耐えきるものが「良いアート」だなんて言われることがあります。経年劣化しないもの(むしろ時間が経って良くなる)で、自分が得意なことはなにかと考えた時に、出てきたことが2つありました。
「医療」と「物語」です。

続きをよむ
  • 8月 19 / 2020
  • 可視化された生命力、エルネスト・ネト はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

可視化された生命力、エルネスト・ネト

2012年に初めて、エスパス・ルイ・ヴィトン東京での個展「Madness is part of Life」を見て以来、世界で一番大好きなアーティストがエルネスト・ネトさんです。いろんな理由をつけることもできますが、とにかく作品が感覚的に好き!生きてるみたい!です。

続きをよむ
  • 8月 19 / 2020
  • 台東区のDEN WORKSでアート作品設置の時の木の使い方を学んだよ。 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこの活動, みじんこレビュー

台東区のDEN WORKSでアート作品設置の時の木の使い方を学んだよ。

2020年9月に参加する展示会の準備を進めているところです。町の人の力を借りて脚立を借り、今度は設置に使う木の相談をしてきましたよ。これまでは頑張って一人で制作発表してきたんですが、そろそろプロの手を借りて規模を大きくしたものがつくっていけたらと思っています。

続きをよむ
  • 8月 19 / 2020
  • 『世界の夢の本屋さん』から一度は行ってみたい美麗本屋さんを抜粋したよ はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこレビュー

『世界の夢の本屋さん』から一度は行ってみたい美麗本屋さんを抜粋したよ

良著を濃縮還元してお届けするみじんこブックレビュー。今日は『世界の夢の本屋さん』。書店の売り上げがすごく落ちているという話を聞いたことがありました。 そうなのかと思ってたら、こんな本を見かけました!
世界のおしゃれ本屋さんがまとまった本です!本書の中から特に気に入った本屋さんをご紹介。自分もその国に行くときに寄ってみたいなと思っていますよ!

続きをよむ
ページ:1234567...102