:::: MENU ::::

Posts Tagged / 現代アート

  • 10月 12 / 2019
  • 0
みじんこアート, みじん講義

美術館でアートの展覧会をする際に求められる実務としての企画書の書き方

毎月だいたい2本平均で海外アーティスト・イン・レジデンスの企画を出し続けているOumaです、こんにちは。最近はさらにレジデンス先の個展、釜山の美術館やアートスペースでの展示にも参加できることになり、なんだか企画書を書きまくっています。今日は企画書のおはなし。

続きを読む
  • 10月 10 / 2019
  • マンガから学ぶ「アート」と「現代アート」の認識の違いについて はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

マンガから学ぶ「アート」と「現代アート」の認識の違いについて

現代アーティストを名乗る人たちがアートとしてやっていることと、一般の人が「アート」と言われて思い描くものの乖離がけっこうあるのが日本。自分も現代アートとは程遠いところから現代アートを学び始めたクチなので、その気持ちがとてもよく分かる。小さい頃とか現代アートが展示されてる美術館に行って「なんかゴミ、、きたない、イミフ」って思ってました。
今日はマンガを使って現代アートというものを説明してみたいと思います!

続きを読む
  • 10月 06 / 2019
  • あいちトリエンナーレ2019より、北京で公共の道路に自分の名前をつけたその後 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

あいちトリエンナーレ2019より、北京で公共の道路に自分の名前をつけたその後

あいちトリエンナーレの作品を紹介していくシリーズ。北京出身のアーティスト、葛宇路(グゥ・ユルー)さんの作品から、所有と名前について考えてみました!あいちトリエンナーレは、2019/10/14までやっているので、間に合う方はぜひ!

続きを読む
  • 10月 04 / 2019
  • 現代アートのコンセプトは「公式」を意識しながらつくる はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

現代アートのコンセプトは「公式」を意識しながらつくる

現代アートっていうのはもちろん、作品が一番大事なわけなんですが、そもそも作品をつくるには「どんなものをつくりたいか」がないといけない。っていうか、つくらなくてもいい作品を自主的につくっている以上、つくりたい何かが必ずアーティストにはあります。それがコンセプトなんですが、今日はコンセプトの考え方を考えてみました(笑)。

続きを読む
  • 9月 28 / 2019
  • 韓国釜山で開催する市民プログラムのアート企画を考える はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ企画実績

韓国釜山で開催する市民プログラムのアート企画を考える

韓国釜山のHongti Art Centerというアーティスト・イン・レジデンスには、地元市民向けのワークショッププログラム(オープンスタジオ)があります。その企画書提出が必要でこれからまとめるところです。脳内整理という意味も含めて、現在はこんな感じで考えているよ!というのを今回はご紹介いたします。

続きを読む
  • 9月 24 / 2019
  • 町に落ちていたタバコやガムから持ち主の顔を特定!?~DNA解析する新型アート はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

町に落ちていたタバコやガムから持ち主の顔を特定!?~DNA解析する新型アート

あいちトリエンナーレの作品を紹介していくシリーズ。ヘザー・デューイ=ハグボーグさんの作品「街頭で収集したDNAサンプルに基づいて3Dプリントされた肖像のシリーズ」をご紹介! あいちトリエンナーレは、2019/10/14までやっているので、間に合う方はぜひ!

続きを読む
  • 9月 20 / 2019
  • 「安楽死ができるジェットコースター」というアート作品から考える娯楽としての「死」について はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじん講義

「安楽死ができるジェットコースター」というアート作品から考える娯楽としての「死」について

医師免許を持っている現代アーティストとしては、マシューバーニーが有名ですが、医療アートについて調べていたらこんな作品がありました。その名も「Euthanasia Coaster(安楽死ジェットコースター)」リトアニア人のJulijonas Urbonasさんの作品です。今日はこちらの作品から、アートと医療の関係について考えてみました。

続きを読む
  • 9月 16 / 2019
  • 作品鑑賞の時間を「強制」することを考える~服薬するように味わうアート はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ企画実績

作品鑑賞の時間を「強制」することを考える~服薬するように味わうアート

先日、あいちトリエンナーレ2019を見に行って感じたのは映像作品の多さ。とても意義深い作品が多かったのですが、個人的に映像作品が苦手なんですよね。長々と見ていられない。まだ日本語がついてるからともかく、海外でドキュメンタリー映像作品とか見ても、正直分かんな過ぎて辛すぎる。ちゃんとニュアンスまで含めて理解できてるか分かんないから、なんとも感想しがたいし。技術が上がって今後、自動翻訳付き映画祭とかになるといいなぁと思っております。さて、今日は鑑賞時間について。

続きを読む
  • 9月 14 / 2019
  • 土砂降りなのに濡れない雨~ロンドンのアート集団Randam Internationalの「Rain Room」 はコメントを受け付けていません。
みじんこアート, みじんこ体験, 世界のおもキカ!

土砂降りなのに濡れない雨~ロンドンのアート集団Randam Internationalの「Rain Room」

ロンドンを拠点としたアート集団Randam Internationalのインタラクティブワーク、Rain Roomが釜山現代美術館で展示中。MoMAやLACMA(ロサンゼルス)、上海のYuz美術館などで展示されたみたいですね。展示内容のご紹介です。

続きを読む
ページ:1234567...15